美容&ファッション

ハワイで帽子が必要な3つの理由と、現地購入におすすめなお店まとめ

Vacation time

待ちに待ったハワイ旅行。スケジュールや持ち物など気にあることはたくさんありますが、その中でも、持ち物は迷ってしまうことが多いことと思います。

そこで今回は、ぜひ持ち物に加えていただきたい「帽子」について、持つべき理由とハワイで購入する場合のオススメのお店を合わせてご紹介します。

日本から帽子を持っていくのももちろん大切ですが、現地でおしゃれな帽子を購入するのもまた楽しいものです。

ぜひお気に入りのお店を見つけてみてくださいね。

ハワイで帽子が欠かせない3つの理由

Man with thought bubble

まず、ハワイではなぜ帽子が必要なのでしょうか?

それには、3つの理由があります。

1.日焼け対策として

ハワイは日本に比べて気温が高く、日差しが強い気候が特徴です。

そのため、日本よりも日焼け対策は入念に行わなければなりません。

帽子をかぶることで、肌だけでなく頭皮の日焼けも防ぐことができます。

2.熱中症の予防として

熱中症の原因はさまざまですが、強い日差しによる体内の水分不足が大きく関与していると言われています。

帽子が日差しを防ぎ、結果として熱中症の予防に繋がるのです。

3.怪我の防止策として

山でのアクティビティが盛んなハワイでは、トレッキングコースが各地に存在します。

トレッキング時にはケガを防ぐために帽子の着用が推奨されています。

帽子の選び方を工夫しよう

また、帽子の選び方にも工夫が必要です。

せっかくならおしゃれなものを選びたくなってしまいますが、機能性にも必ず注目してください。

帽子の選び方には、「素材」「色」「形」などのポイントが挙げられます。活用する場面や目的に合わせて選ぶポイントが異なるので、気をつけてください。

なお、一般には日焼け対策には「紫外線防止ができるもの」、熱中症の予防には「色が薄く・ゆったりとした・風通しの良いもの」がおすすめです。

現地で帽子を買う際に訪れたいお店4選

Several people holding shopping bags

次に、ハワイで帽子を購入する方に向けて、オススメのお店を4店舗ご紹介します。

帽子には数多くの種類がありますが、今回は定番のキャップとハットを購入できるお店を中心にピックアップしたので、ぜひご覧ください。

1.コンテポラリーハット(Contemporary Hats)

ワイキキの大型ショッピングモールである「ロイヤル・ハワイアン・センター」内の帽子専門店、「コンテポラリーハット(Contemporary Hats)」。

バリエーションの豊富さが魅力のお店で、普段使いができるカジュアルなキャップやリゾート地ハワイの雰囲気にぴったりなつば広のハット、パーティ用のドレスハットなどを取り揃えています。

価格も$20〜$1,000のものまで幅広いラインナップなので、予算に合わせてお気に入りの一品を見つけてみてくださいね。

コンテポラリーハット(Contemporary Hats)
住所:2201 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:10:00〜22:00
定休日:なし

2.チャペルハット(Chapel Hats)

カナダや、アメリカのカリフォルニア、ラスベガスなどを中心に店舗を展開する「チャペルハット(Chapel Hats)」。

「遊び心と個性」をコンセプトに製品を作っており、その人自身を魅力的にする帽子が数多く取り揃えられています。

ハワイ発のブランドではないものの、遊び心たっぷりの帽子の数々に、選ぶのもきっと楽しくなるはず。

ぜひ自分にぴったりのアイテムを見つけに、お店に足を運んでみてはいかがでしょうか?

チャペルハット(Chapel Hats)
住所:2255 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:8:30〜23:00
定休日:なし

3.リッズ(LIDS)

 

Cam Rouseさん(@c_rousie23)がシェアした投稿

「アラモアナ・センター」内の、野球好きが足繁く通う人気の帽子チェーン店「リッズ(LIDS)」。

主に海外有名ブランド「ニューエラ(NEW ERA)」のキャップを中心とした商品のラインナップで、その中でも特にメジャーリーグのチームロゴをあしらったキャップが大人気なのだそう。

また、観光地としても人気なハワイ大学のロゴである「H」の文字をデザインしたキャップも発売されており、こちらもお土産として人気を集めています。

さらに、「リッズ(LIDS)」では、オリジナルキャップを作ることもできます。

希望の型・デザイン・色・フォントをそれぞれ選んで作る、自分だけのキャップ。ハワイ旅行の記念に、ご家族やカップルで作ってみてはいかがでしょうか?

リッズ(LIDS)
住所:1450 Ala Moana Blvd #1208, Honolulu, HI 96814 アメリカ合衆国
営業時間:月曜〜土曜 9:30〜21:00
        日曜 10:00〜19:00
定休日:なし

4.トゥルーフォー(Truffaux)

 

Maiさん(@mai_leilani)がシェアした投稿

オーストラリア発のパナマハットブランド「トゥルーフォー(Truffaux)」。

常時店内に並べられている170種類以上の商品は、すべてが職人による手作り。通気性の抜群な天然のトキヤ草を使用しており、ひとつひとつ丁寧に編み込まれています。

オプションも充実しており、リボンやフェザーなどを取り揃えています。お気に入りの帽子をカスタマイズして、自分だけのおしゃれを楽しんでください。

また、購入した帽子は一人一人に合わせて調節をしてもらうことのできる、「カスタム・フィッティング」というサービスもあります。

下を向いてもまったく落ちることのない、完璧なまでのフィッティングをぜひ体感してみてくださいね。

トゥルーフォー(Truffaux)
住所:227 Lewers St, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:9:00〜22:00
定休日:なし

足元(靴)にも注意をしよう!

サンダルをしまう

帽子の用意ができたら、足元、つまり靴にも気を配りましょう。

南の島ハワイでは常にサンダルで過ごすイメージかもしれませんが、ちゃんとシーン別に履物を考える必要があるのです。

ここでは、ハワイの靴事情も簡単に紹介します。

スニーカーは必ず必要

海への移動やちょっとしたお買い物ではサンダルで問題ありませんが、ハワイに滞在しているとスニーカーが必要な状況も発生します。

たとえば、ホノルル市内の移動です。

ホノルルはそこまで広い街ではないので、目的地までの移動が徒歩になりがちです。1日観光を楽しんで、気がついたら膨大な距離を移動していた、ということも珍しくありません。

サンダル、とくにビーチサンダルなどではちょっと不安ですよね。

また、トレッキングなどのアクティビティではサンダルはご法度です。転びやすいなどの危険を伴うほか、虫刺されも被ってしまいます。

そういった意味でも、履きなれたスニーカーは日本から持参するのが正解なのです。

なお、スニーカーをキャリーケースに入れるとどうしてもかさばってしまうので、日本から履いていくのがおすすめです。

スリッパやハイヒールはあると便利

あると便利な靴の種類に、「スリッパ」と「ハイヒール(女性限定)」があります。

それぞれ詳しく解説します。

「スリッパ」

まず、スリッパが最初に活躍するはハワイに到着する前、すなわちフライト中の機内です。

ハワイからの飛行時間はおよそ7〜9時間。スニーカーなどの靴を履いたままだとリラックスしきれないこともあります。

そこで、手荷物に入るようなスリムなスリッパが重宝します。トイレを利用する際の脱ぎ履きも容易ですし、なにより足元が開放された状態でフライトを過ごすことができます。

さらに、ホテルに備え付きのスリッパがない場合にも活用することができます。

航空会社によって、またホテルによっては備え付けのスリッパが用意されています。

ただ、いざ用意されていなかったというケースを考えると、100円均一などでその旅限定の使い捨てを購入するのが賢い方法だと思います。

「ハイヒール」

女性の方が一足あると便利なのがハイヒールやパンプスです。

ハワイの高級レストランの中にはドレスコードを求められる場合もあります。スニーカーでも良いかもしれませんが、間違いのないスタイルとしてはやはりハイヒールやパンプスが安心でしょう。

アロハシャツやムームー(ハワイ女性の民族衣装)とも、意外と相性がいいハイヒール。スーツケースに余裕があれば、ぜひ一足忍ばせておいてください。

ハワイで知っておくと便利な“靴についての情報”は他にもあります。

ここでは掲載できなかったものを含め、以下の記事で詳しくまとめています。帽子だけでなく靴に関しても気になった方は、ぜひご覧ください。

▼アロハスマイル編集部イチオシのサンダルブランドとは?

ハワイで履く靴はコレ!迷わない靴選びとおすすめのサンダルを紹介

まとめ

Relaxing after shopping

ハワイで帽子が必要な理由と、帽子を購入するならぜひ行ってほしいオススメのお店をご紹介しました。

気温が高く、紫外線の強いハワイでは、帽子は必須アイテム。ぜひ、現地でお気に入りの帽子を見つけて、旅行を快適に過ごしてください。

それでは、素敵な旅を。

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!