満喫するハワイ体験

ホノルルマラソン2017の大会結果レポートと、2018のエントリー情報

フィニッシュゲート

昨年(2017年)の12月10日に行われた「JALホノルルマラソン2017」は、大盛況のうちに幕を下ろしました。

今回の記事では、そんなJALホノルルマラソンについて、大会概要や大会結果を掲載しつつ、当日のレポートを行います。

さらには2018年のエントリー情報までをカバーし、JALホノルルマラソン2017の過去と未来についてまとめていきます。

JALホノルルマラソン2017:大会の概要

ホノルルマラソン

まずはJALホノルルマラソンについて、大会の概要をご紹介します。

大会の正式名称は「JALホノルルマラソン2017」といいます。世界一の市民マラソンとも呼ばれるお祭りのようなマラソンです。

参加者数はハワイ州で行われるイベントの中でも最大。世界各国、特にアメリカ本土からと日本からの観光ランナーも多いのが特徴です。

開催日時はハワイ時間で2017年12月10日(日)。朝5時のスタートでした。なお、大会は毎年12月の第2日曜日と決まっています。

参加資格は広く、年齢が7歳以上の方であれば誰でも参加できます。ただし、20歳未満の方は保護者の署名が必要で、また、7〜14歳のが参加される場合は、レース中保護者が一緒に行動する必要があります。

参加料は申込み時期によって異なります。

上記の通りで、最も早いアーリーエントリーで20,000円。その他の期間では、27,000円〜約36,000円($340)と開きがあります。

2018年の参加料に関しても同様の料金形態になると思いますので、参加の意志が堅い方は、アーリーエントリー(2018年4月8日〜)で申し込むようにしましょう。

コース紹介

アラモアナブルーバードをスタートし、カピオラニ公園をゴールとする本大会のコース。全長42.195kmの、いわゆるフルマラソンです。

アラモアナからスタートしダウンタウン方面へ。ダウンタウンのクリスマスイルミネーションや、アメリカ合衆国で唯一の宮殿「イオラニパレス」、そして「カメハメハ大王像」前を通過し、ワイキキの街へ。

まだ日が昇り切らないなか、ダイヤモンドヘッドから望む美しい海を眺めます。

真っ直ぐで平坦な「カラニアナオレハイウェイ」を走り、「ハワイカイ」で折り返し「カピオラニ公園」でフィニッシュ。

難関のダイヤモンドヘッド以外はフラットなコース。ハワイの歴史と自然を感じる42.195kmです。

また、コース上には約3kmごとに計17箇所ものエイドステーションがあり、それぞれに医療スタッフが待機。

ステーションでは、たくさんのボランティアの方が給水と声援でランナーをサポートしてくれます。

元気なローカルのボランティアが、疲れたランナーの脚を前に進めます!

JALホノルルマラソン2017:大会の結果

ホノルルマラソン

2017年に行われた大会には、26317名ものエントリーがあり、また、参加者のうち11727人が日本人でした。

また、毎年日本の有名人がレースに参加しますが今年は、フィギュアスケートからは現役を引退したばかりの浅田真央さんなどが参加。

浅田真央選手

Tom Pennington/Getty Images for HONOLULU MARATHON

自身初のフルマラソンということでしたが、4時間34分13秒というタイムで無事完走しました。

完走後のインタビューでは、無事完走できたことに対して、胸をなでおろしている様子でした。

綾小路翔さん

Tom Pennington/Getty Images for HONOLULU MARATHON

また、JALホノルルマラソン2017の公式應援團(応援団)として、ロックバンド「氣志團」のボーカル、綾小路翔さんもフルマラソンに参加。

綾小路翔さんも初めてのフルマラソンということでしたが、5時間24分34秒というタイムで、浅田真央さんと同じく無事完走することができました。

全体の試合結果を見ると、男子ではケニアのローレンス・チェロノ選手(29歳)が昨年に引き続き優勝しました。

また、女子でもケニアのブリジット・コスゲイ選手(23歳)が優勝。ケニア勢が圧倒的な強さを見せた大会となりました。

それぞれの選手は以下のようにコメントをしています。

「20Kくらいからベストのコンディションでした。このマラソンで2度目の優勝が出来て嬉しいです。コースレコードが出るとは思っていなかった。途中雨が降り強い風でしたが、“ゆっくり行こう”と言い聞かせて走りました。湿度は気にならず、かえって走りやすかったです。」
ーーローレンス・チェロノ選手:引用元

「全体的にとても良い走りができたと思います。特に25キロくらいから調子がよくなり、雨も降りましたが、それがかえってよかったです。去年より良かったと思うけれど、2018年はもっと追い込んで、どこかの大会で、記録を作りたいです。」
ーーブリジット・コスゲイ選手:引用元

その他のレース結果は以下の通りです。

男子のレース結果

順位 氏名 年齢 国籍 記録
1位 ローレンス・チェロノ 29歳 ケニア 2:08:27
2位 ウィルソン・チェベト 32歳 ケニア 2:09:55
3位 ビンセント・ヤトル 28歳 ケニア 2:10:38

女子のレース結果

順位 氏名 年齢 国籍 記録
1位 ブリジット・コスゲイ 23歳 ケニア 2:22:15
2位 ナンシー・キプロプ 38歳 ケニア 2:29:16
3位 ジョイス・チェプキルイ 29歳 ケニア 2:33:18

引用:http://www.honolulumarathon.jp/2017report/

JALホノルルマラソン2017:当日のレポート

ここからは、当日のレポートを画像と合わせてご紹介していきます。

ホノルルマラソン

スタート時刻である早朝5時前はまだ真っ暗。スタート地点付近は参加者でごった返しています。

ホノルルマラソン

Tom Pennington/Getty Images for HONOLULU MARATHON

スタートと同時に打ち上がる花火。クリスマス飾りが眩しいダウンタウンを抜けて、ワイキキビーチの方へと向かいます。

ホノルルマラソン

約15km地点。ダイヤモンドヘッドを越えて、空もだんだん明るくなっていきます。

ホノルルマラソン

折り返し後の往路では、空はすっかり晴天。

時折雨に降られつつも、虹が見えると背中を押される気持ちになります。

ホノルルマラソン

そしていよいよゴールへ。

ゴール後は完走記念のメダルとTシャツを受け取ることができます。

ホノルルマラソン

また、ゴール地点であるカピオラニ公園では、マラサダやココナッツドリンクが提供されていたり、大型のモニターではゴールシーンが放映されていたり。

リラックスしたムードの中、完走後の余韻を楽しむことができるのでした。

関連イベントのスケジュールと内容

ホノルルマラソンエキスポ

上記の通り、JALホノルルマラソン自体は12月10日朝5時よりに行われました。

でも実は、その数日前から関連イベントは始まっていたのです。

関連イベントを含めた大会のスケジュールは、以下のようになっています。

  • 12月7日(木)~12月9日(土):ホノルルマラソン・エキスポ(EXPO)
  • 12月8日(金)午後5時30分~9時:ホノルルマラソン・アロハフライデーナイト
  • 12月9日(土)午前7時~:カラカウア・メリーマイル

ぞれぞれ内容を詳しくご紹介します。

ホノルルマラソン・エキスポ(EXPO)

ホノルルマラソン エキスポ

12月 7日(木)~12月 9日(土)にかけて、ハワイ・コンベンションセンターの1階で行われたのがホノルルマラソン・エキスポです。

エキスポではゼッケンの受け取りや、新スポサーのデサントを始めとするスポーツ関連グッズの販売が行われていました。

またイベントブースでは、スポーツトレーナーによる講演会や、ハワイアンミュージックのショーなども開催されました。

ホノルルマラソン エキスポ

ランニング関連商品の即売や、

ホノルルマラソン エキスポ

参加者が思い思いのメッセージを書き込むグラフィティウォールなど。

ホノルルマラソン エキスポ

感想祈願をしてくれるお宮のような場所もありました。

ホノルルマラソン・アロハフライデーナイト

12月 8日に行われたのがホノルルマラソン・アロハフライデーナイト。

これはJALホノルルマラソン2017のオフィシャルパーティで、大会参加者以外でも参加することができます。

参加された方々は、食事だけでなく、ハワイと日本のアーティストによるライブコンサートも楽まれていました。

カラカウア・メリーマイル

マラソンの前日である12月9日の朝に行われたのが、カラカウア・メリーマイルです。

このイベントはワイキキのメイン通りであるカラカウア通りを約1.6km(1マイル)走るファンイベントです。

メリーマイル

Tom Pennington/Getty Images for HONOLULU MARATHON

短い距離なので、お子さんやお年寄りの方も参加することができます。若い方も、コスチュームのようなユニークな格好で参加される方も多く、お祭りのようなムードで開催されました。

参加者には記念Tシャツや完走メダルが贈呈されます。気軽に参加できるだけでなく、思い出に残る人気のイベントです。

ホノルルマラソン2018の大会概要とエントリー

最後に、2018年のホノルルマラソン情報をご紹介します。

「JALホノルルマラソン2018」は2018年12月9日(日)に行われ、2017と同じく午前5時にスタートします。

参加資格やコースなどは、先ほど紹介した2017と変わりありません。

また、大会のエントリーは2018年の4月8日(日)午前6時からスタートします。

例年の傾向だと、申込み開始からすぐにエントリーすればアーリーエントリーとなるため、参加費をぐっと安く抑えることができます。

参加が確定している方は、ぜひエントリー開始すぐにお申込されることをおすすめします。

▼JALホノルルマラソン2018公式サイト
https://www.honolulumarathon.jp/

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!