満喫するグルメ

ハワイ発!ワンランク上のチョコレート

楽しい旅の思い出と一緒に記憶に残るハワイの美味しいお土産。もらって嬉しい定番品の上位に入るとすれば、マカダミアナッツチョコレートでしょうか?!
でもこのチョコレート、大量生産のため原料となるカカオは外国産、ナッツだけがハワイ産というのがほとんどです。しかしここ最近「メイドインハワイ」と書かれたチョコレートを見かける機会が多くなってきました。いったいそれはどんなチョコレートでしょう。

すべてがハワイ産ということ??

実はここハワイ州は、アメリカで唯一カカオを栽培できる場所だということをご存知でしょうか?オアフ島のノースショア、ハワイ島のハマクアなどいくつかの地域で栽培が行われその希少価値はとても高いそう!ハワイの気候が育てるカカオはフルーティーで独特な香りが立ち、他の産地とはひと味違うと言われています。そんな特別なカカオを使い「bean to bar」というこだわりの製法でチョコレートを作りはじめたお店が人気を集めているのです。

最近よく耳にする「Bean to Bar」とは?

それはカカオ豆の状態から板チョコレートになるまでのこと。つまりお店でカカオ豆の焙煎から始まるすべての行程を手がけることです。これにより風味豊かなオリジナリティの高いチョコレートに仕上げることができます。

いつもとは少し違う、素材やクォリティにこだわったチョコレートをお土産に選んでみませんか。

MADRE Chocolate(マドレ チョコレート)

choco01

オアフ島ワイアルア産のカカオを使用し、香り豊かで深い味わいが魅力のマドレチョコレート。数々のグルメ賞を獲得している実力派だけあり、大人っぽい独創的な味わいで口どけも良好です。ローカルの食材やオーガニックにこだわり、いっさい添加物は入っていません。

choco02

そしてこのかわいらしい板チョコの模様やロゴマークは、貴重なカカオがお金として使われていた「マヤ文明」にちなんだユニークなデザイン!作り手の強いこだわりが細かいところまで伺えます。

チョコレートはハワイらしい「リリコイ」「ハイビスカス」などをブレンドしたほんのりフルーティーなものから、ハワイ産のコーヒー豆を使った「コナコーヒー」エスプレッソ5ショット分の濃厚な「カフェ コンレチェ」など、常時15種類程度そろっています。

ココナッツミルク&キャラメライズド ジンジャー

ココナッツミルク&キャラメライズド ジンジャー

お店のおすすめは「ココナッツミルク&キャラメライズド ジンジャー」。滑らかでクリーミーなココナッツミルクの風味と刻まれたジンジャーのプツプツした歯ごたえがマッチした、ミルクチョコレート好きにはたまらない個性的な一品です。

choco04

MADRE Chocolateは商品を販売することだけが目的でなく、チョコレートの文化やカカオの歴史と特性などを人々に伝えたいという思いで製作しているので、オーガニックカカオ農園ツアーやチョコレート作りが体験できるワークショップも随時開催中です。

MADRE(マドレ)
<ホノルル店>
8 N Pauahi St, Honolulu Hawaii 96817
808-377-6440
月-水11:00am – 6:00pm /木-土11:00am – 8:00pm /日定休
<カイルア店>
20 Kainehe St, Suite A Kailua Hawaii 96734
808-377-6440
月-金 11:00am – 7:00pm/ 土11:00am – 6:00pm/ 日 10:00am – 6:00pm
http://www.madrechocolate.com/Home.html

Manoa Chocolate Hawaii(マノアチョコレート ハワイ)

choco05

厳選されたカカオを使用し、マイルドな口当たりと上品な味わいが自慢のマノアチョコレート。

カカオニブと殻など

カカオニブと殻など

今話題のカカオニブ(※)を配合したダークチョコレートやカカオの殻をムダにせず煮出して飲めるチョコレートティーなど、カカオそのものが持つ味やクォリティーにこだわった新感覚のおいしさと楽しみ方を常に提案してくれます。上質なチョコレートの要素であるThick(濃い)、Depth(深い)、Extensive(広大な)などという意味がある「マノア」。これからの新作も目が離せません!

choco06

ハワイ産のカカオを使用したチョコレートは、やさしい甘さのハワイ島パパイコウ(カカオの含有量50%)、マイルドでシンプルなハワイ島ヒロ(70%)、しょっぱさがアクセントのハワイアンシーソルト(72%)、まろやかさが自慢のハワイアンハニー(75%)、ミルクの混ざったハワイアンコーヒー(60%)砕かれたワイアルアコーヒー豆がトッピングされているブレックファストバーなどバラエティ豊富に取り揃えています。

カイルア店では作る行程を見学できる約30分のチョコレートファクトリーツアーを開催中。オリジナルのパッケージデザインをオーダーすることも可能だそうです。

カカオニブと、コーヒー豆がバー全体にトッピングされている「ブレックファストバー」

カカオニブと、コーヒー豆がバー全体にトッピングされている「ブレックファストバー」

※カカオニブ
チョコレートになる前のカカオ豆の胚芽(ニブ)と皮を取り除き、豆を細かく砕いてチップ状にしたもの。近年このニブに多くの栄養成分が含まれていることも判ってきました。まだ聞き慣れない言葉かもしれませんが、アメリカではすでにスーパーフードとして認知度が高まっています。

Manoa Chocolate Hawaii(マノア チョコレート ハワイ)
315 Uluniu St, Suite 203 Kailua, Hawaii 96734
808-262-6789
月-土 9:00am – 5:00pm /日 9:00am – 2:00pm
http://manoachocolate.com/pages/nihongo

Choco Le’a(チョコレア)

choco08

それでもやっぱりチョコレートはボックスに入ったものを買って帰りたい、という方にオススメはこちら。マノアヴァレーにあるかわいらしい小さなホームメイドのトリュフ専門店。

choco09

独学で学んだというオーナーパテシエが作り出す濃厚な香りと、存在感あるチョコレートはロコにも大人気です。主にハワイ産とベルギー産のカカオを使用し、フルーツやナッツをやさしくコーティングしているので食感と風味が絶妙!ひとくち食べると上質なチョコレートが口の中にふわっと広がり、とろけるような甘い至福のひと時を堪能できます。

choco10

マンゴーやハウピアなどハワイらしいフレーバーはもちろん、チェリー・クッキードーナツなどのデザート系、めずらしいギネスビール・ウィスキー(響)などのアルコール系も並んでいます。ハワイ産マカダミアナッツをたっぷり使った袋入りクラスターズもおすすめ!すきな味を一粒から購入でき、パッケージを選べるのも嬉しいサービスです。店内にはイートインスペースがありオリジナルのエコバッグや保冷バッグも販売中。

チョコレアの製品は、そのクォリティの高さからモアナサーフライダー・ロイヤルハワイアンホテルのオリジナルパッケージチョコレートを手がけています。間違いなくハワイのお気に入りチョコレートになることでしょう。

ひとつひとつ丁寧に作られているハワイ産のワンランク上のチョコレート!お土産だけでなく自分へのご褒美にもピッタリなので、ぜひ食べて見て下さいね。

Choco Le’a(チョコレア)
2909 Lowrey Ave, Honolulu Hawaii 96822
808-371-2234
火・水・金・土10:00am -6:00pm /月・木・日定休
http://www.chocolea.com/index.html