満喫するグルメ

ワイキキにあるお洒落でロケーション抜群のレストラン&カフェ7選

日々目まぐるしく変化していくハワイ。ワイキキ、アラモアナ、カカアコ、ダウンタウン地区などでは、新しいお店やレストラン&カフェが続々とオープンしています。
そこで、今回はワイキキに新しくオープンした、お洒落でロケーション抜群のおすすめレストラン&カフェをご紹介します。

1.ハワイアン・アロマ・カフェ(HAWAIIAN AROMA CAFFE)

ホリデイ・イン・リゾート・ワイキキ・ビーチコマー2階に、昨年オープンした「ハワイアン・アロマ・カフェ」の3号店。

ワイキキど真ん中に位置するカフェですが、ホテル2階部にあるため、まさに隠れ家的カフェとなっています。

思わず写真を撮りたくなるお洒落なインテリアと、店内とプールと繋がっているため開放感も◎。

コーヒー通のオーナーが世界中から厳選したコーヒー豆を使用しており、その場で淹れ立てのコーヒーを味わうことができます。

ハワイアンアロマカフェ
ハワイアンアロマカフェ

 

アサイーボウル、ワッフルなど、コーヒーと一緒に味わいたいメニューが豊富にあり、中でもパニーニはおすすめ。

ワイキキで一番フォトジェニックな絵が撮れるカフェ「ハワイアン・アロマカフェ」

お洒落な5種類のおつまみ

また、夜の時間帯からは、アルコールとおつまみも楽しめます。

ハワイアン・アロマ・カフェ(HAWAIIAN AROMA CAFFE)
住所:2300 Kalakaua Ave. Honolulu, HI 96815アメリカ合衆国
営業時間:毎日6:00~20:00
定休日:無休

2.ヤウアチャ(YAUATCHA)

2017年2月にインタ―ナショナル・マーケット・プレイスの3階、グランド・ラナイにオープンした、お洒落で美味しい本格飲茶が味わえる「ヤウアチャ」。

2004年にロンドンでオープンした1号店は、ミシュランの星を獲得しています。

ワイキキに本格飲茶ヤウアチャがオープン

現代的にアレンジされた広東飲茶はバラエティーに富んでおり、ヨーロッパの調理法やアジアの食材にインスパイアされた美しいデザートや30種類のお茶、アルコールを楽しむことができます。

ダウンタウンの飲茶屋と比べると、ちょっと贅沢なお値段ですが、味、雰囲気、サービスを考えると◎。

6月から「フロー&プロパー(Flow & Prosper)」メニューが登場し、平日の午後3時から6時に限り、バーカウンターにて6つのカクテルを各8ドル、8つの点心を各6ドルで楽しめるようになりました。

ヤウアチャ(YAUATCHA)
住所:2330 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:日~木曜11:00~22:00, 金・土曜11:00~23:00
定休日:無休

3.ストリップステーキ(STRIPSTEAK)

同じくインタ―ナショナル・マーケット・プレイスの3階、グランド・ラナイに昨年オープンした、ステーキレストラン「ストリップステーキ」。

全米で数々の受賞歴を持つシェフのマイケル・ミーナ(Michael Mina)氏のステーキレストランで、28日間熟成させたお肉を、低温で温めたバターの中でゆっくり加熱し、その後表面を高温でグリルするという、シェフの特別な調理法により、より柔らかいお肉が楽しめます。

「有吉の夏休み2017」など、メディアにも取り上げられている今話題の人気店で、ステーキだけでなく、シーフードやお寿司なども味わえます。

お値段はやはり高級店。ディナーは敷居が高いと思われている方には、ハッピーアワーがおすすめです。

毎日午後4時から6時に限り、バーエリアにて、おつまみ、軽食、アルコールが4ドル~18ドルで楽しめます。

ストリップステーキバーガーは絶品だそうですよ。

ストリップステーキ(STRIPSTEAK)
住所:2330 Kalakaua Avenue, Suite 330 Honolulu , HI 96815アメリカ合衆国
営業時間:毎日17:00~22:00
定休日:無休

4.BLTマーケット(BLT Market)

ザ・リッツ・カールトン・レジデンシ-ズ・ワイキキ・ビーチの8階に、昨年オープンした「BLTマーケット」。

地元ハワイのお肉、お魚、野菜などを使用しており、旬な食材や素材本来の持ち味を生かしたインターナショナルなお料理を楽しむことができます。

光がたくさん差し込む、風通りの良い店内と、店内から外へと広がる美しいオーシャンビューは、贅沢なひと時を演出してくれます。

金曜日の夜には、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートから打ち上げられる花火を堪能することもできるそうですよ。

ブレックファスト、ランチ、ディナー、ブランチとさまざまなシチュエーションで食事を楽しめるレストランです。贅沢なお値段ですが、それだけの価値がある一店と言えます。

BLTマーケット(BLT Market)
住所:383 Kalaimoku St, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:毎日(ブレックファスト6:30~10:30、ランチ11:00~14:30、ディナー17:00~22:00)
定休日:無休

5.バサルト(BASALT)

ハイアット・セントリック・ワイキキ・ビーチ・ホテルの1階に、2017年7月にオープンした新グルメ・スポット「デュークスレーンマーケット&イータリー」。

その一角にあるのが、ファイン・ダイニングが楽しめる新しいレストラン「バサルト」。

バサルトのテラス席

ハワイ産の肉や野菜、シーフードなど、厳選した食材を使用したメニューや世界のセレクトワイン、デザートを開放感あるオープンエアのシート、あるいは、お洒落でモダンなバーエリアのシートで味わうことができます。

ラムチョップ

現在、お食事はディナーのみの営業(17:00~22:00)ですが、キッズ・メニューも取り揃えており、ファミリーで美味しい食事を楽しめます。

バーエリアでは、朝の時間帯から軽食やアルコールを楽しむことができ、毎日午後3時から6時のハッピー・アワーには、おつまみ、軽食、アルコールが2ドル~12ドルでいただけます。

バサルト(BASALT)
住所:2255 Kuhio Ave. Honolulu, HI 96815アメリカ合衆国
営業時間:毎日(バー10:30~22:30、ディナー17:00~22:00)
定休日:無休

6.ハイドアウト・アット・ザ・レイロウ(Hideout at the LAYLOW)

インターナショナル マーケットプレイスのお隣に2017年に全面改装でオープンしたホテル「ザ・レイロウ・オートグラフ・コレクション」。

エスカレーターを上ると、ロビー階にあるのが、カフェ、軽食、アルコールが楽しめるカフェ・レストラン「ハイドアウト」。

ホテルの2階にあるため、ローカルでも知っている人が少ない穴場中の穴場です。

インテリアがお洒落な屋内シートやバーカウンターがあり、何といってもオープンエアーのシートは、ワイキキの喧騒を忘れさせてくれる開放感たっぷりの場所です。

ビーチ気分を味わえる砂が敷き詰められたサンドシートは夜も雰囲気抜群でおすすめ。

ブレックファスト、ランチ、ディナータイムがあり、どの時間帯に訪れても素敵なレストランです。

週末の夜は、DJがハウスミュージックを流していたり、デートにもパーティーにもぴったりのレストランです。

ハイドアウト・アット・ザ・レイロウ(Hideout at the LAYLOW)
住所:2299 Kuhio Ave Honolulu, HI 96815アメリカ合衆国
営業時間:毎日(ブレックファスト7:00~11:00、ランチ11:00~14:00、ディナー17:00~22:00)
定休日:無休

7.バナン(Banán)

ワイキキでカラフルなサーフボードが並ぶ路地の一角(ロイヤル・ハワイアン・センターとアウトリガー・ワイキキの間)に、2017年に3号店をオープンしたハワイで大人気のヘルシー・スイーツ店「バナン」。

創始者の4人とサーフィン女子世界チャンピオンシップのカリッサ・ムーア

ハワイの地産地消にこだわった、乳製品不使用のヘルシー・バナナ・デザートは、地元の名門高校を卒業した同級生4名によって起業されたことでも有名です。

オリジナルパパイヤボート

オリジナルパパイヤボート

せっかくハワイへ来ても、モンサラット通り店やユニバーシティアベニュー店には足を運ぶ機会がなかったという方も、ワイキキ店なら気軽に行くことができますね。

さまざまなフレーバーがあり、迷ってしまいそうになりますが、ワイキキ店限定のココナッツボウルに入った「ザ・デュークス」もおすすめです。

バナン(Banán) ワイキキ店
住所:2301 Kalakaua Ave. Honolulu, HI 96815アメリカ合衆国
営業時間:毎日9:00~19:00
定休日:無休

以上全7店舗をご紹介しました。
ワイキキと言う抜群のロケーションで、お洒落に、そして時には贅沢なひと時を過ごされてみてはいかがでしょうか。