お役立ち情報

ハワイと日本の時差は19時間|現地時間やフライト中の過ごし方を紹介


時差

ハワイ旅行で気になることの一つに、「時差」があります。

ハワイと日本では時差が激しく、いわゆる“時差ボケ”におちいってしまう方も少なくありません。そのためにはフライト中の機内で快適に過ごす方法を知っておくことも大切です。

この記事では以下の情報をまとめています。

  • ハワイと日本の時差の簡単な求め方
  • ハワイまでのフライト時間
  • 機内で快適に過ごす方法

この記事をみなさまの素敵なハワイ旅行にお役立ていただければ幸いです!

1.ハワイと日本の時差は「19時間」

空を飛ぶ飛行機

日本とハワイの時差は、なんと19時間。

日本で6月10日22:00の場合、ハワイでは6月10日 3:00になります。世界の様々な地域の中でも特に日本とハワイはとても大きい時差の位置関係なんですね。

そして、日本からハワイへのフライト(往路)時間はおよそ6時間半〜7時間、またハワイから日本へのフライト(復路)は気流の関係で8時間〜9時間にも及びます。

長時間のフライトであるため、到着の頃には疲労感も募ることでしょう。

日本とハワイでは日付のズレが生じている

日本にいる今、ハワイは一体何時なのでしょうか。

まずはこちらの図をご覧ください。

時差早見表

この図は、ハワイと日本の時差を表にしたものです。

対比させるとわかりやすいですが、19時間という時差では日付の違いも出るため時差の計算がややこしいと感じられます。

簡単な時差の計算方法その1:現在の時刻-19

日本の日付が変わった19時間後に、ハワイも追うようにして日付が変わっていくので計算も少し複雑です。

ここでは、2種類の時差の計算方法をご紹介します。まずひとつめ。

《現在の時刻(24時間表記)-19》

24時間表記の時間から純粋に時差の分の19時間をマイナスするという方法です。

たとえば、日本が6月10日 21:00の場合、21-19=2なのでハワイの現地時間は6月10日 2:00と求めることができます。

しかしこの計算方法の場合、19:00より前の時間を計算する際には繰り下がるためやや面倒と感じる方がいるかもしれません。

簡単な時差の計算方法その2:現在の時刻+5-1日

繰り下がりが面倒だと感じてしまう方におすすめなのがこちら。

《現在の時刻+5-1日》

この計算方法は、19時間に5時間を足すことで24時間つまり1日分進ませる計算を行い、その追加した分の時間を後からマイナスするというもの。

計算の回数は1回多くなりますが、一桁の計算になる分暗算も容易なのでこちらの方が便利かもしれません。

どちらも求められる時刻は同じなので、より便利な方を活用してくださいね。

2.日本からハワイまでの飛行時間は6.5〜9時間

Boeing 777 Japan Airlines

日本からハワイまでの行きの飛行時間は6時間30分〜7時間ほどですが、帰りの飛行時間は8時間〜9時間ほどかかります。

行き帰りでの飛行時間が変わるのには偏西風の影響があり、帰りの場合、偏西風の流れに逆らっての飛行になるため、時間が長くなってしまうのです。

3.わかりにくい日程のしくみ

Vacation Holiday Travel Trip Leisure Journey Concept

ハワイ旅行の際に多く耳にするのが3泊5日〜5泊7日という日程ですが、日程のイメージが付きにくいという方も多いことと思います。

到着する時間や到着してから実際に活動できる時間も旅行の際には大切なポイント。迷う前にしっかりとチェックしておきましょう。

3泊5日の場合

3泊5日の場合、観光に使うことのできる日数は何日なのでしょうか。

以下の図をご覧ください。

3泊5日

日本からハワイへと向かう場合、日本を出発するのは夜です。

先ほども解説したように、日本からハワイへは約7時間ほどかかります。そのため、日本時間で換算すると次の日の明け方〜午前中の時間帯に到着することになります。

ただし、日本とハワイとでは19時間の時差が発生するため、時間が戻り、現地時間では出発した日と同じ日の午前中に到着するのです。

そして、帰国の際はその逆のことが起きるため、出発日が1日前倒しになります。

これがわかりづらい3泊5日というしくみの正体です。

ハワイ到着日と、日本への帰国日、これらを除いた中2日が一日中自由に使うことのできる日になります。

こうして見ると少し観光の時間が少ないと感じる方もいるかもしれませんね。

4泊6日の場合

ハワイ旅行でもっとも多いプランは「4泊6日」です。

4泊6日

先ほどと同様の図を見ると、観光できる日が3日間になったことがおわかりいただけると思います。

近場のビーチで遊んだり、ショッピングを楽しんだり、少し遠くへ足を伸ばしたりとさまざまな楽しみ方ができるハワイでは、最低でも3日間は遊びたいという人も多いようです。

5泊7日の場合

さらにハワイを満喫したいという方の中には5泊7日を選択する方もいます。

5泊7日

5泊7日のプランでは、到着日と出国日を覗く4日間を自由に過ごすことができます。今までご紹介したプランよりもさらに多くのスポットを訪れることができますね。

ここまでくると、ハワイの中心地だけではなく反対側までもグルっと足を伸ばすことができるので、より豊かな旅になるといえるのではないでしょうか。

4.長時間機内で過ごす際に、より快適になれる方法

Airplane passenger relax during flight cabin sleep

続いては、最大で9時間かかる飛行時間を快適に過ごす方法をお伝えします。

ハワイ現地や帰宅後の日本ですぐに活動できるよう、飛行機内では最大限リラックスして過ごせるように務めましょう。

機内での主な過ごし方6選

日本からハワイへ行く場合、フライト時間はだいたい6〜7時間に及びます。また、ハワイから日本へと帰国する場合は、8〜9時間という長時間のフライトとなります。

なんの準備もせずにフライトに臨むと、無駄な時間を過ごすことにもなりかねません。

機内での過ごし方は、主に以下があります。

  • 出入国カードを書く
  • 機内食を食べる
  • 音楽鑑賞をする
  • 映画鑑賞をする
  • ゲームをする
  • 勉強をする
  • 寝る

出入国カードは、海外に行ったことがない人にはあまり聞き慣れない言葉ですが、飛行機に搭乗すると客室乗務員から配布される入国手続きに必要な書類のことです。

入国手続きの際にこのカードを書き終えていないと困るため、搭乗中に書き終えておくことをおすすめします。

また、航空会社にもよりますが昨今の飛行機は一人一人の座席にディスプレイが付いている座席がほとんどです。長いフライトの時間に映画を鑑賞するというのはとても有意義な過ごし方ですよね。

そのほか勉強やゲームをしたりと自由に過ごすことのできるフライト中ですが、ハワイの場合は時差ボケを引き起こすことも多いため、可能であれば睡眠をとることが優先されるでしょう。

快適に機内で過ごすための5つのポイント

機内

機内でしっかり睡眠をとることは、体調を管理する上で欠かせません。

しかし飛行機に乗っている時間も大切な旅行の一部です。訪れるハワイの景色に胸を躍らせ、なかなか寝付けないということも十分に考えられるでしょう。

機内での快適な過ごし方を知っておくことで、寝やすい環境を作る、また、寝付けなくともリラックスした状態で過ごせるようになります。

ここでは、長時間のフライトを快適に過ごす方法をご紹介します。

1.搭乗前にゆったりとした服装に着替える

せっかくの旅行なのでおしゃれをしたいという方もいるかもしれませんが、かっちりとした服装や体を締め付けやすい服装は危険です。

長時間座るという行為は、普段なかなか行わない分体への負担もかかりやすくなるためです。

できる限り機内ではゆったりとした服装を心がけましょう。おすすめはTシャツ・パーカーやハーフパンツなどです。

2.メイクやコンタクトは落として(はずして)機内へ

女性にありがちなメイクをしたままの搭乗。

こちらもおしゃれをしたいという気持ちからですが、できる限り搭乗前か搭乗後すぐに落としておきましょう。

6〜7時間のフライトともなれば肌にかかる負担も大きいのでできる限り身体に優しい状態を心がけてください。

また、睡眠を取る方などは特にコンタクトの外し忘れに注意です。

3.飛行機に乗ったらまずは靴を脱ぎスリッパに履き替えを

機内で少しでもリラックスするために、搭乗したらまず靴を脱いでスリッパへ履き替えましょう。

長時間スニーカー・革靴・ヒールを履いたまま過ごすのはとても疲れてしまいます。

さらにトイレに行く場合もスリッパを利用していれば着脱が楽になります。ぜひ活用してみてください。

4.機内は砂漠同然?乾燥対策にマスクを持ち込む

機内はとても乾燥しているのでマスクの利用がおすすめです。

通常、飛行機内は機体の腐食を防ぐために湿度が10%未満に抑えられています。砂漠の湿度が一般に20〜25%ということを考えると、驚きの数字です。

日本の空気の平均湿度が50%を超えていることを考えるとかなり乾いていますよね。

マスクだけではなくこまめな水分補給も忘れずに撮るようにしましょう。

5.ストレッチや伸びをして体をほぐす

不容易に席を立つ行為は危険ですが、長時間同じ姿勢でいると疲れてしまいますよね。そんなときは、周りの席に迷惑がかからない程度に伸びをしたり通路を歩くとその疲れも和らぎます。

また、長時間の同じ態勢はエコノミークラス症候群を引き起こすこともあるので体調管理に気をつけましょう。

ぐっすり機内で眠るための6つのアイテム

眠れない

長時間のフライトである上、時差ボケも引き起こしやすいと言われるハワイへの渡航ですが、予防としてもっとも効果的なのは「睡眠」です。

事前準備はもちろんのこと、機内に持ち込める快眠アイテムでフライト中も快適に過ごしましょう。

1.アイマスク

言わずと知れた定番中の定番、アイマスク。日本→ハワイへの便では夜発であるため、機内はだんだんと暗くなり眠る体勢に入ります。

しかし、足元の電気は付いていたり頭上ランプが点灯したりと、なかなか眠るための環境が整わないということも十分にありえます。

アイマスクで視界を暗くするだけでも驚くほど眠りにつきやすくなるもの。ハワイ旅行の際には手荷物に入れておいて損はありません。

2.ネックピロー

ネックピローは夜行バスで移動をする人にも人気のアイテムです。長時間同じ体勢で眠ってしまうと起きたときに首を痛めてしまった……なんてことにもなりかねません。

ネックピローは首回りをしっかりとサポートしてくれるので、体を痛めてしまうことも減るはずです。飛行機内以外でも、枕が欲しいと感じたときには重宝するので、アイマスクとセットで手荷物へどうぞ!

3.耳栓(イヤホン)

機内での人の話し声、周りの雑音に気が散って眠れなくなってしまう……という方には耳栓やイヤホンの持参がおすすめです。

音を遮断するなら耳栓、音楽を聴くことを目的とするならイヤホンというように、目的に合わせて使い分けてもいいですね。

4.フットレスト

エコノミークラスの場合、とくに足元が狭いため落ち着いて眠れないという人もいます。

そんな場合にはフットレストがおすすめ。 ふくらはぎを軽く載せておくことができるので、疲れやむくみの予防として活用できます。

5.マスク

先ほども触れましたが、機内は非常に乾燥しています。通常時にもマスクは着用をおすすめしますが、睡眠をとるならなおのこと。

とくに、濡れマスクであれば保湿にもなるので効果倍増です。

6.睡眠導入剤

いろいろ試したけどどうしても寝付けない……という方には、最終手段として「睡眠導入剤」の使用をおすすめします。

ハワイまでのフライト時間はできる限り睡眠時間を多く確保し、到着したらすぐに観桜ができるよう、体調面も合わせて整えておきましょう。

どうしても寝付けない場合の暇つぶし方法

暇つぶし

いくら睡眠導入剤を使用しても、フライト中ずっと睡眠をとるのは難しい!

そんな方もいるのではないでしょうか? 気持ちが高鳴って眠るに眠れない、なんて場合もきっとありますよね。

そこで、どうしても眠れないときの暇つぶし方法をご紹介します。

1.映画をみる

後ほど詳しくご紹介しますが、飛行機内では機内エンターテインメントと呼ばれるサービスが充実しており、その中のひとつに映画鑑賞があります。

ひとりひとり座席に備え付けのモニターから映画を楽しむことができるので、気がついたら2時間があっという間に過ぎ去ってしまうかもしれません。

2.音楽を聴く

スマホや音楽プレーヤーを機内に持ち込むという方も多いはず。 普段の電車移動のようなテンションでノリノリになっていたらアルバム一周していた、なんてこともあるかもしれませんね。

3.ゲームをする

スマホやタブレット・ゲーム機を持ち込んでおけば、まず飽きてしまうことはないでしょう。 乗り物酔いには十分注意が必要ですが、没頭していたらすぐに到着してしまうかもしれません、

4.旅行の計画を立てる

綿密な方ならきっと大好きなスケジュール。 到着後の動きから予算まで、ノートにまとめながら計画を進めていくのはきっと楽しいはず。

「どこに行こう?」「ここも行きたい!」など、溢れ出るワクワクをぜひ機内でも楽しんでくださいね。

5.進化に驚く機内サービスまとめ

Eurowings flight attendant

最近の飛行機内では機内サービスも充実するようになりました。どんなサービスがあるのか簡単にご紹介します。

機内サービス6種類をご紹介

一般的に機内サービスと呼ばれるものには以下の6種類があります。

  • 機内設備(シートや電源など)
  • 機内食
  • 機内誌
  • 機内販売
  • 機内エンターテインメント
  • アメニティ

主な内容としては、機内設備であればシートの設備(コンセントの有無やフットレストなど)を指すことが多いです。

しかし、最近はスマートフォンが生活の中心であることから充電用にUSBポートがあるシートもあるため「機内設備でこれがなくて困った!」ということはあまりないようです。

さらに機内販売では、免税商品をお得に買うことができる機内販売を実施している飛行機もあります。

飛行機の機内で買い物ができるなんて女性には嬉しい特典ですね。

また、機内で睡眠を取る予定の方はアメニティとして耳栓やアイマスクがもらえることが多いということも覚えておきましょう

ブランケットなどの防寒具も用意されているので、困ったときには客室乗務員の方に相談をしてみると良いでしょう。

これもサービス!?機内エンターテインメントとは

機内での楽しみといえば、機内エンターテインメントです。

最近の機内では各々の座席に個人モニターが付いていることがほとんどです。

そのため、時間に空きができた場合には映画やビデオ、音楽、ゲーム、さらにはニュースや航空会社によっては電子書籍といったものまでモニターひとつで楽しむことができるようになっています。

普段なかなか映画を観ないという方はこの機会に、普段から映画を観ているという方でも月によって上映されているプログラムに違いがあるので飽きずに楽しむことができます。

ゲームも、馴染みのあるソリティアやテトリスから囲碁や将棋など多彩なラインナップなので、つい夢中になっていたらあっという間に時間が過ぎてしまうかもしれません。

機内食も進化を続けている

飛行機で機内食を食べる母と娘

「フィッシュオアビーフ?」という言葉で馴染みのある機内食。

一昔前まではあまり美味しくないというイメージを持つ人もいましたが、それは遠い昔のお話。それどころか、「本当に機内食?」と驚いてしまうようなおしゃれなものまで登場しています。

あなたならどのメニューを食べますか?

他の国際線では食べられない限定のコラボメニュー!

最近は日本国内の有名レストランとコラボした機内食が話題です。

JALではハワイ線限定でリゾート気分を盛り上げる特別メニューが組まれています。

スターシェフとのコラボ“BEDD for Resort”

JALビジネスクラス(成田・中部・関空発)では空の上のレストラン「BEDD」の山田チカラシェフが腕をふるったハワイ限定メニューが機内食として登場します。

山田シェフの機内食は和牛サーロインとフォアグラのポワレやメバルとオマール海老のアメリケーヌソースなど、料理名を目にしただけでもお腹が空いてしまうような豪華なラインナップ。

メニュー内容は変更されることがありますが、最高峰の味を空の上で食べられることには変わりありません。

和食・洋食も選べるのでどんな機内食になるかが楽しみですね。

味だけでなく見た目も美しい“資生堂パーラー for Resort”

JALエコノミークラスとプレミアムエコノミークラス(成田・中部・関空発)で提供される機内食は創業114年の老舗西洋料理店資生堂パーラー監修。

資生堂パーラーの人気メニューであるビーフシチューや、JAL機内食限定フレーバーのチーズケーキが入っていて、味にも見た目にも心を奪われます。

ビーフシチューには大きめにカットされたビーフがゴロゴロ入っており、じっくり煮込まれているので口に入れるととろっととろける食感です。

チーズケーキのフレーバーはこのJALコラボのために考案されたのだとか。ついつい写真に撮りたくなる機内食です。

ハワイでも、日本でも人気の“カフェ・カイラ for Resort”

JALエコノミークラスとプレミアムエコノミークラス(羽田発)で提供される機内食はハワイ・オアフ島から始まった「カフェ・カイラ」とのコラボレーション。

日本進出もしている大人気のハワイアンカフェです。

JALコラボで開発されたパンケーキサンドは朝食の時間に出されるメニュー。ハワイに向かう機内でもホノルルを感じて欲しい、というコンセプトなのだとか。

ハワイでおなじみのランチョンミート「SPAM」とチーズオムレツがサンドされており、ハワイらしさが伝わってくる朝食でリゾート気分を高められそうです。

JALのホームページ

ハワイ線限定 特別メニュー

これらのメニューはすべてJALのハワイ線で提供される機内食です。

随時コラボレーションの内容は新しくなるのでハワイ旅行が決まった際には、どんな機内食を食べるのかということも楽しみのひとつとして考えてみてはいかがでしょうか?

6.空港内での快適な過ごし方

airport boarding area Blurred background

国際線では通常2時間以上余裕を持って空港で準備をする事が多いと思います。

ただしチェックインなどが滞りなく完了すると、離陸まで多くの時間が余ってしまうというということもしばしば。

ハワイに向かう(日本に帰る)ために7〜9時間ほど座りっぱなしの状態が控えているので、空港ではできる限りリラックスした時間を過ごしたいですよね?

そこで、ここでは空港で快適に過ごすための設備をご紹介します。

マッサージ

昨今の空港には、マッサージ店が入っていることがあります。

日本の海外への玄関口である成田空港でも、2箇所のマッサージ店を利用することができます。(2017年9月現在)

長時間のフライト後はもちろんのこと、フライト前に立ち寄ることでリラックスした状態で長時間の同じ姿勢に備えることができます。

シャワールーム

あまり知られていませんが、空港には「リフレッシュルーム」と呼ばれるスペースがあります。

シャワーを利用したり仮眠をとったりできる施設なのですが、アメニティが揃っているので基本的にてぶらで利用することができます。

大幅な遅延などで想定以上の時間が空いてしまった場合などは、仮眠室を利用するのも賢い空港活用法のひとつと言えるでしょう。

空港での有意義な過ごし方は他にもまだまだありますが、詳しくは以下の記事でご紹介できればと思います。

ハワイに着いてからの空港での動きなども掲載しているので、スムーズな旅程のために一度ご覧いただくことをおすすめします。

ハワイの空港で有意義な活用方法|時間の有効活用法を調査してみた

さらに知りたい、飛行機のフル活用法5つ

飛行機には、エコノミークラスやビジネスクラス、ファーストクラスというようにさまざまな種類が存在しますが、特に人気なのは「ビジネスクラス」。

長時間のフライトを快適に過ごすために設置された上質なシートや豪華な機内食、充実の機内サービスなど、快適に過ごすためのの工夫が盛りだくさんです。

「ハワイ行きの飛行機でどのクラスに乗ろう?」と迷っている方には、絶対におすすめしたい内容です。

詳細は以下の記事より、ぜひご覧ください。

ハワイ行きのビジネスクラスがおすすめな5つの理由【2017・JAL版】

>次のページでは時差を把握するためのスマホアプリをご紹介<

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!