お役立ち情報

ハワイと日本の時差が分かる簡単な計算方法|ハワイまでの時間は?


ハワイと日本の時差を知っていますか?

ハワイ旅行に行こうと思った時に、気になるのは時差の問題。いくら日本からの観光客が多いといえど、アメリカ合衆国領ということもあり、それなりの距離があります。

飛行機に乗り慣れている人ですら、辛くなるような長時間のフライトに加え、到着後に訪れる時差ボケも心配なポイントですよね。

今回は、そんなハワイと日本の時差についてまとめました。簡単な現地時間の計算方法や、時差ボケになりたくない!という方は必読です。

1.ハワイと日本の時差は19時間!簡単な計算方法もご紹介

空を飛ぶ飛行機
ハワイと日本の時差について解説します。ぜひ熟読して理解を深めてくださいね。

ハワイと日本の時差は19時間で、乗機時間は約6〜9時間

日本とハワイの時差は、なんと19時間。

日本で2月14日22:00の場合、ハワイでは2月14日 3:00になります。世界の様々な地域の中でも特に日本とハワイはとても大きい時差の位置関係なんですね。

そして、日本からハワイへのフライト(往路)時間はおよそ6時間半〜7時間、またハワイから日本へのフライト(復路)は気流の関係で8時間〜9時間にも及びます。

長時間のフライトであるため、到着の頃には疲労感も募ることでしょう。

今ハワイは何時だろう?ハワイと日本の時差計算方法

日本にいる今、ハワイは一体何時なのでしょうか?その答えが簡単に求められる計算式をご紹介します。

《現在の時刻(24時間表記)-19》

例えば、日本が3月15日 21:00の場合、21-19=2なのでハワイの現地時間は3月15日 2:00と求めることができます。しかしこの計算方法の場合、19:00より前の時間を計算する際に繰り下がるためやや面倒と感じる方がいるかもしれません。

そんな方にはこちら。

《現在の時刻+5-1日》

この計算方法は、19時間に5時間を足すことで24時間つまり1日分進ませる計算を行い、その追加した分の時間を後からマイナスするというもの。

計算の回数は1回多くなりますが、一桁の計算になる分暗算も容易なのでこちらの方が便利かもしれません。
どちらも求められる時刻は同じなので、好きな方を活用してください。

2.時差ボケになりたくない!予防法や治し方は?

空港で頭に手を当てる男性
時差ボケになってしまって辛い……という話を聞くこともありますが、どんな症状があり予防法などはあるのでしょうか?順番にご紹介します。

時差ボケは体の時間サイクルの乱れによる不調

海外旅行の代名詞ともいえる時差ボケ。気分が悪くなったり眠たくなったりするというイメージがありますが、実際の症状はどんなものなのでしょうか。また、時差ボケを引き起こす原因にはどんなものがあるのでしょうか。

一般には時差ボケと呼ばれていますが、正確には「時差症候群」という病名がついています。本来24時間周期で回っている体のサイクルが、時間軸をまたいだ移動で実際の時刻とのズレが生じてしまいます。このことが原因で、体が上手く機能しなくなり、不調が現れます。

症状は主に「睡眠障害」と「消化器官の不調」があり、眠気、頭痛、めまい、食欲不振というようなものが挙げられます。時差ボケの症状が出てから回復するまでに、長い人だと1〜2週間かかる場合もあるのです。

せっかくの海外での思い出をより良い形で残すなら、辛い思いはしたくありませんよね。事前に時差ぼけの予防法や、回復方法を知っておくことで帰国後の日常生活も充実させましょう!

時差ボケの対策に!4つの予防・回復方法

19時間もの時差がある日本とハワイでは、しっかりと対策を立てておかないと時差ボケが起きてしまい旅行中に苦しむ、なんてことにもなりかねません。

時差ボケを引き起こしにくくするための予防と改善の方法をご紹介します。

1. 時計をハワイの時刻に合わせておく

飛行機に搭乗したら初めにやるべきことがこの時計合わせ。早いうちから現地時間に合わせておくことで、体内時計の順応を早めます。

2.食事をしっかり摂る

機内食など、できる限り機内での食事はとるようにしましょう。時間によってはお腹が空いていないということもあるかもしれませんが、消化器官を活動させることで消化不良を防止します。

3.機内では睡眠をとる

日本からハワイに向かう便の場合、多くは夜に出発して翌朝現地に到着します。朝に到着して、そのまま1日観光するのが一般的なため、睡眠をとっていないとせっかくの観光がつらいものに。

機内にいる時にはしっかりとした睡眠を、また出発前の昼間に睡眠をとるというのもおすすめです。

4.太陽の光を浴びる

時差ボケをしている時の体は、実際の時間に体内時計が順応していない状態です。

太陽の光を浴びることで、体内時計をできる限り早く元に戻すことができるようになります。

体調が悪いとホテルなど室内に引きこもりがちですが、しっかりと外に出て陽の光を浴びることが時差ボケの改善には効果的です。

3.機内で快適に過ごすための方法

window aircraft

機内でしっかり睡眠をとることは、時差ボケの対策に効果的です。

しかし飛行機に乗っている時間も大切な旅行の一部です。訪れるハワイの景色に胸を躍らせ、なかなか寝付けないということも十分に考えられるでしょう。

機内での快適な過ごし方を知っておくことで、寝やすい環境を作る、また、寝付けなくともリラックスした状態で過ごせるようになります。ここでは、長時間のフライトを快適に過ごす方法をご紹介します。

自席で心がけるべきこと

機内での服装はゆったりしたものが望ましいでしょう。Tシャツやパーカー、ハーフパンツなど、身体に負担がかからない格好にあらかじめ着替えておくと、よりリラックスした状態で機内を過ごすことができます。

またメイクやコンタクトレンズもしていない状態が良いでしょう。長時間のフライトは目や肌に負担をかけます。もちろん、睡眠時のコンタクトレンズも目にやさしくありません。これらも、空港の時点であらかじめ外すのが賢明でしょう。

長時間同じ格好をしていることも体に負担をかけます。機内でふらふと歩き回る訳にはいきませんが、周りに迷惑をかけない範囲で歩いたり、簡単に伸びをすることも効果的です。

活用したい機内サービス

機内では、キャビンアテンダントに依頼をすることでさまざまなサービスを受けることができます。

ブランケットなどの防寒具はもちろんのこと、ほとんどの場合、注文することで耳栓やアイマスクをもらうこともできます。睡眠時にはぜひ活用して、少しでも体が休める環境に移行できるように努めましょう。

眠れずに体調が悪くなるようなら、シートに備え付けのディスプレイで映画を観たり、音楽鑑賞をすることもできます。とはいえ、時差ボケが一番怖いので、ハワイ旅行での機内はできる限り睡眠をとることをおすすめします。

このように機内での過ごし方に気を配ることは、フライトを快適に過ごすだけでなく時差ボケ対策としても効果的です。

以下の記事ではここで記載した機内での快適な過ごし方だけでなく、JALハワイ便限定の機内食情報など、機内サービスを総合的にまとめています。

時差ボケ対策としても、快適な機内での過ごし方としても、一度目を通してもらえるとより充実した道中になると思います!

ハワイ行き飛行機|快適な過ごし方や機内サービス・機内食情報まとめ

4.スマホに入れておきたい、時差を把握できる便利アプリをご紹介

スマホを持つ人の手
日本でもハワイでも時差の情報がスマホで見ることができたら便利ですよね。

そこで時差情報に特化したアプリをiPhone編とアンドロイド編でそれぞれご紹介します。海外旅行の際はぜひダウンロードをして活用してくださいね。

iPhone編

世界時差時計-Time Difference Clock-

時差を計算するアプリとしては定番の世界時差時計。人気のポイントは以下の3つです。

・時差計算に特化しており、余分な機能が一切ない
・500以上の都市に対応
・カラーの設定、時間の表示設定などの便利な設定ができる

時差を計算することに特化しているので、初めて使う方にもわかりやすいです。また、アプリを立ち上げるとすぐに世界各地の時間を見ることができるなので、急いでいる際でもストレスフリーに使うことができます。
世界時差時計-Time Difference Clock-

Fine°

美しいグラフィックが印象的なアプリ。機能はいたってシンプルで、世界各地の地図と共にその地域の天気と時刻を知ることができます。

表示されている地図などの見やすさはもちろん、通知などのウィジェットにも対応しているため、現地にいる時でも最新の情報を手にすることができる便利なアプリです。

画面に表示されている地図をタップするだけでその地域の天気などの情報が見られるという点もシンプルで使いやすいですね!
Fine°

世界時計, 目覚まし時計, 時間帯 (News Clocks Lite)

アナログ時計に対応している数少ないアプリ。初期設定の段階で基本的な都市を網羅しており、並び替えや削除といったカスタマイズで好みの都市に設定が可能です。また、デジタル時計がいいという方も設定から変更もでき、面白いことに書体の変更も可能です。

シンプルかつスタイリッシュにアプリを使いたい!という方にはぜひおすすめです。
世界時計, 目覚まし時計, 時間帯 (News Clocks Lite)

iPhoneデフォルトアプリの「世界時計」

意外とあなどるべからずなのが、iPhoneに初期設定で入っている「世界時計」。

黒を基調とした画面に、都市の追加と削除といったごくごくシンプルな設計ですが、アプリをダウンロードせずに世界各地の時間を知ることができるのは嬉しいことですよね。グラフィックにこだわりなくシンプルな機能が好きという方にはおすすめです!

アンドロイド編

簡単世界時計

ウィジェットとして表示するタイプのアプリです。同時に3都市まで表示することができ、時刻を入力すると他の都市との時差を調べることができるという機能がついています。

アプリを常に開くほどではないけれど定期的に確認がしたい、という方は是非ダウンロードをおすすめします!
簡単世界時計

THE世界時計 Free

スタイリッシュなデザインのアプリです。サマータイム表示や都市の追加など基本的な機能が備わっている上、背景デザインの変更にも対応。おしゃれにアプリを利用することができます。
THE世界時計 Free

まとめ

地図と飛行機の模型と時計
日本にいる時には経験することのない時差。戸惑うことも多いですが、日本とハワイの時差やフライト時間を把握することで時差ボケなどは防ぐことができます。

それに加えて必要不可欠なのは間違いなく体調管理です。渡航前からしっかりと体調に気をつけて素敵な旅を楽しんでくださいね!

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!