お役立ち情報

ハワイで変圧器や変換プラグは必要?充電器を使うために知りたいこと

充電マークとパイナップル

ハワイ旅行の準備で、「そういえばコンセントって?」と気になったことはありませんか?

海外旅行に行ったことのある方なら変圧器についても気になりますよね。そこで今回は、意外と知らない変圧器や充電についての情報をご紹介します。

ハワイで変圧器や変換プラグはほぼ必要ない

ハワイで日本の電化製品は使えるのか、旅行準備の段階で気になるポイントかと思います。普段見ることができない綺麗な風景やハワイの食事を写真に収めるために、デジカメやスマホはフル充電しておきたいですよね。

ハワイでより快適な時間を過ごせるように日本から持ち込む電化製品についての注意点や電圧に関することをご紹介します。

変換プラグ

変圧器と変換プラグは調整するものが違う

海外旅行は数年に一回、もしくは行ったことがないという方なら変圧器と変換プラグの違いに困惑する方も少なくないはず。

変圧器とは、電圧を調整してくれる機能を持っているもの

日本の電圧は100V(ボルト)となっており、他国と比較すると低めの電圧です。

100V(ボルト)しか対応していない電化製品を高い電圧のコンセントに直接差し込んでしまうと、中でショートしてしまったり故障の原因となります。

そこで役に立つのが変圧器。100V(ボルト)より高い電圧を調整してくれることで日本の電化製品を痛めることなく使用できるのです。

変換プラグとは、コンセント差込口の形状を変えてくれるもの

日本国内の電化製品は平行な縦線が2本並んでいるプラグの差込口ですが、世界には丸い差込口が並んでいたり、ハの字型となっていたりと形状は1つではありません。差込口が違うともちろん使用はできません。

変換プラグを使用することで差込口の形状を変えることができます。電圧さえ対応していれば、持って行った電化製品をそのまま使うことができるのです。

日本の電化製品をハワイで使用するなら変換プラグは必要ない

ハワイの電源差込口は平行の縦線が2本並んでいる形状です。日本人にとって嬉しいことに、変換プラグを使用することなく済みます。

ハワイのコンセント差し込み口
ハワイのコンセントは日本のものと比較するとアースの穴が一つ多く開いていますが上の二つ穴に普段通り差し込むことができます。

「それでは日本の電化製品は全てそのまま使用できるのか?」というと、残念ながら電圧の関係から全ての電化製品が日本で使用しているように使えるわけでもないのです。

変圧器は電化製品によって必要かどうかが分かれる

日本の電圧は100V(ボルト)、ハワイの電圧は110〜120V(ボルト)。ハワイは日本と比べて少し強めの電圧なので、100V(ボルト)の電圧しか対応していない電化製品の場合は変圧器を通して電圧を少し弱めてあげる必要があります。

では必ず変圧器が必要なのかというとそういうわけでもないのです。

電圧によっては使えない!電化製品ごとに異なる変圧器の必要性

日本で使っている電化製品は、100V(ボルト)だけ対応しているものと、100V〜一定の電圧まで対応しているものの2つに分かれます。

つまり、「ハワイの110〜120Vに対応していれば」日本の電化製品はいつも通り差し込むだけで使用ができるのです。

充電器イメージ

海外対応している電圧のチェック方法

電化製品の裏側や、コンセントの近くに対応している電圧が記載されている場合が多いです。

ハワイで変圧器が必要になる電化製品の記載

細かい文字の中に「100V」とだけ書かれている場合は変圧器なしでは使用ができません。

ーーーーーーーーーーー
入力:   100V
INPUT:  100V
ーーーーーーーーーーー
100ボルト対応電子機器の裏面
この写真に写っている電子機器は「100V」とだけ記載があります。このように100Vしか対応していないものではハワイで変圧器なしに使用すると故障する恐れがあります。

ドライヤーなどの熱を発生させるものは100Vしか対応していないことが多いです。

ハワイで変圧器が不要な(そのまま使用できる)電化製品の記載

先ほどと同様、細かい文字の中に「100-240V」という記載があればそのまま使えるという意味です。
ーーーーーーーーーーー
入力:   100-240V
INPUT: 100-240V
ーーーーーーーーーーー

100〜240ボルトまで対応している電子機器の表記

この例の場合だと「100V〜240V」と幅広い電圧に対応していることが確認できます。

このような100V以上の電圧も対応している電化製品の場合はハワイに持って行って普段通り使用できます。写真はデジカメのバッテリーチャージャーと、モバイルバッテリーの充電器です。充電器は幅広い電圧に対応しているものが多いようです。

最近はノートパソコンもほとんどは100V〜240V対応のものが大半を占めているそう。充電アダプタに書かれているかと思います。

ハワイに仕事で行く方はもちろん、旅行でもパソコンを持っていきたい方も事前に確認しておけば急な用事ができたときも安心ですね!

Apple社の製品は変圧器なしで普段通り使うことができる

細かい文字の確認をしなくてもいい電化製品がApple社製品です。iPhoneやiPadを使用している方にとっては嬉しいことに、Apple社の電化製品は全て「100V〜240V」と幅広い電圧に対応しています。(2017年2月時点)

iPhoneの充電器を確認してみましたが、非常に小さい文字で「100V〜240V」と書かれていました。

変圧器を使用せずに使えることが多い電化製品

・ノートパソコン
・携帯電話の充電器
・デジカメの充電器
・電動シェーバー
・コンタクトレンズ煮沸消毒器

いずれも海外の電圧に対応している場合が多い機器ではありますが、いざ使おうと思ったときに困らないためにも必ず荷物に入れる前にチェックを忘れないようにしてください。

要注意!熱を発生させるものは危険なことも……

全部「100V〜240V」だとありがたいのですが、熱を発生するものの場合だと危険に繋がることがあります。

100Vと表記のあるドライヤー、ヘアアイロン、電気ケトルなどは高い電圧のコンセントに直接繋ぐと故障や発火に繋がる恐れもありますので試してみることも避けた方が良いです。

もしどうしても必要な場合は海外対応のものもありますのでこれを機に購入をオススメします。

ハワイで電化製品を使用するときの便利グッズ

電圧はバッチリ対応している電化製品を持って行っても「あれ日本から持って来ればよかったな……」ということにならないために、ホテルで役立つ便利なグッズをご紹介します。

テーブルタップ

相部屋なら必須?プラグを増やせるテーブルタップが役に立つ

泊まる部屋が一人部屋ならコンセントを自分のためだけに使えますが、友達や家族など2人以上で宿泊する場合にはコンセントが足りない!という事態になりかねません。

そんなときに便利なのがテーブルタップ。タコ足と呼んだ方が耳馴染みがあるかと思います。デジカメ、スマホ、タブレットなど充電したい電子機器が複数個ある場合は用意しておくと重宝します。

テーブルタップも対応電圧が「100V〜240V」のものを選ぶようにしましょう。

電源タップの数が少ない、遠い…もしもの時の延長コード

宿泊先が有名な高級ホテルであれば心配することもないかと思いますが、コテージや小さなホテルに滞在予定の方にオススメしたいのが延長コードです。ベッドからとても遠い場所にコンセントが1つだけ、という場合にも安心です。

複数個プラグ穴のある延長コードであれば、コンセントの数が少ないときも離れているときも便利に使用できます。

延長コードも同様に、対応電圧が「100V〜240V」のものを選ぶようにしてください。

モバイルバッテリーは海外でも大活躍

スマホや携帯電話の充電が足りなくなったとき、日本でも便利なのがモバイルバッテリーです。もちろん、モバイルバッテリーの充電をしておけば海外でも使用することができます。

普段日本では1日で足りなくなることがない人でも、ハワイの美しい風景や名物などを写真に撮っていたり地図アプリでGPSを起動させていたりするととあっという間にバッテリー切れとなることもあり得ます。

万が一に備えて充電式のモバイルバッテリーを携帯しておくとスマホや携帯電話の使用を我慢することなくハワイを楽しめるはずです。

スマホの電源と一緒に、wifi事情も知っておこう

ホテルの部屋のWi-Fi

スマホの電池を確保したあとに気になるのは、やっぱりネット回線、つまりwifiについてです。日本ではフリーwifiが増えつつあり、4G・3G回線以外でもインターネットを利用できる場所も増えてきました。

では、ハワイはどうでしょうか?

ハワイにもフリーwifiはある

結論からいえば、ハワイにも無料のwifiスポットが存在します。日本でもおなじみのスターバックスコーヒーやマクドナルドが一般的な利用施設となります。

また大きなショッピングセンターにも無料のwifiが整備されている場所があります。主なスポットとしては、「ロイヤル・ハワイアン・センター」、「アラモアナセンター」、「ホールフーズマーケット」、「T ギャラリア・ハワイ by DFS」などが挙げられます。

ただし、ショッピングセンターのwifiは場所によって電波が入らない場所があったり、一定のエリアのみ通信が可能だったりするので、利用前に事前に確認できるとより安全でしょう。

wifiルーターを日本から持ち込むのが安心

また、場所を問わずwifiを利用したいのであれば、wifiルーターを利用するという選択肢もあります。

海外利用できるwifiルーターを日本でレンタルすることができるので、あらかじめ動作確認などを行うことができます。

ハワイにも店舗があるレンタル会社であれば、現地で即日貸出を行っているところもありますが、英語に不安がある場合はあらかじめ用意していくのが賢明でしょう。

wifiはレンタル会社によって通信料が大きく異なります。また、3G回線か4G回線かによっても、金額は違います。どのプランを選ぶのかをじっくりと検討した上でレンタルをするのが良いでしょう。

wifiルーターの利用自体はとても簡単です。ルーターのスイッチを入れて、表示された接続用のパスワードをスマホなどの利用端末に入力するだけです。ただしルーター自体にも電池があるので、充電だけは気をつけるようにしましょう。

以下の記事では、ハワイのwifi事情について更に深掘りした内容を掲載しています。ルーターの金額目安なども記載していますので、wifiでの通信を視野に入れている方は、ぜひご覧いただければと思います。

ハワイのwifi事情|パソコン・スマホで不自由しないための注意点

まとめ

旅行の準備中

日本から離れてハワイに訪れたときも、普段から使用している電化製品は欠かせない存在です。

電圧を最初に確認してバッテリーに気兼ねすることなくご使用ください!

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!