お役立ち情報

ハワイでのチップ事情|知っておきたいチップの常識

Open cash register drawer on wooden table

海外旅行でよく耳にする“チップ”という言葉。ハワイでもチップの文化は同様に存在します。
今回は、ハワイで迷うことなくチップを渡すために、今知っておくべきポイントを解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

1.チップは感謝の証

Detail of the American money (USD, US dollars), bank notes

日本人には馴染みのない文化であるチップ。なんとなく店員さんに支払うもの、というイメージを持ってはいませんか? チップは、サービスを提供してくれた相手に対して私たちが示すことのできる感謝の意味を持っています。場所や状況によって価格も変動しますが、ある程度の相場は決まっています。

基本的に、しっかりとしたサービスを提供してもらった場合にはこちらもチップで意思表示をするべきですが、あまりにもサービスの質が低いと判断した場合にはチップの金額を減らすとことで意思表示をすることも問題ないのだそう。その時々のサービスの質をみて判断するのもいいでしょう。

2.チップの額は合計金額のおよそ15〜20%

Business man giving bank notes to another person

それでは、実際に支払うチップの金額はどれほどなのでしょうか?
場所やシチュエーションによって異なるチップの相場を順番にみていきましょう。

ホテル

 

Jayanth Gowdaさん(@jaygowda)がシェアした投稿

基本的にホテルではサービスごとに$1~2のチップが必要になります。ルームキープ、ベルマン、ポーターなどホテルでは多くのスタッフが関わっています。その一人一人に感謝の意味を込めてチップを渡します。

ホテルのグレードによってはチップの額も$3〜$5に上がるので、宿泊するホテルのグレードによって調整が必要だということも覚えておきます。

タクシー

タクシーの場合はメーターに対して15%がチップの相場といわれています。ただし、$1以下を渡す行為は失礼とみなされますので、どんなに少額だったとしても最低$1は渡すことが鉄則です。

レストラン

 

larryさん(@lah_lover)がシェアした投稿

レストランの場合も合計金額の15%がチップの相場です。伝票にすでにサービス料が加算されている場合は問題ありませんが、記載のない場合はチップ込みで支払いをするかテーブルにチップを置いて帰ります。クレジットカードで精算をする場合はクレジットカードの伝票にチップとして支払う金額を自分で記入します。

バー・クラブ

 

Brandsさん(@brands255)がシェアした投稿

ドリンク一杯に対して店員に大体15〜20%をチップとして支払います。こちらも最低でも$1は支払うようにします。

3.小銭ではなくお札の用意を

Woman with one dollar bill

最後にチップの支払い方ですが、前の章で「最低でも$1」というフレーズがあったように、チップは小銭ではなくお札で支払うのがマナーでありスマートであるとされています。

財布には多めに$1を準備して、できる限り切らさないようにしておくことが望ましいです。もしも15%を計算して端数が出てしまった場合には、切り捨てるのか切り上げるのか判断してチップの金額を決定します。そのときのサービスへの満足度合いで決めるといいでしょう。

4.まとめ

以上のことから、チップについて覚えておくべきポイントは以下の通りです。

・チップはサービスに対する感謝の印
・基本的に合計金額の15%程度をチップとして支払う
・合計金額が少額の場合でも最低$1は支払うべき
・チップの支払いには小銭ではなくお札を使用すること

これらのポイントを押さえておけば、海外旅行でも戸惑うことなくチップの支払いができますね。

TIPS, Money left on table for server, for good service in gratitude

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!