観光

ローカルママが教える、親子で楽しむハワイ 〜アラモアナセンター編〜

ローカルママが教える、親子で楽しむハワイ〜アラモアナセンター編〜

小さいお子様とハワイ。飛行機ではちゃんとお行儀よくしててくれるか、ハワイで急に体調が悪くなったらどうするのか、そもそも子連れでハワイは楽しめるもの?楽しいはずのハワイ旅行が不安いっぱいになってはいませんか?そんなママ・パパの不安を少しでも少なくしてもらう為に、今回はショッピングには欠かせないアラモアナセンターでのお子様との楽しい過ごし方をお教えします。

ハワイにオムツ替え・授乳室ってあるの?

ハワイと言えどもアメリカ。日本にいる感覚で当たり前だと思っていても意外と不便なことが出てきますよね。その第一と言えばお子様のお手洗いのことかもしれません。まだオムツの小さいお子様ですとなおさらオムツ交換台はあるのか、ベビーカーも一緒に入れるのかなど知りたいですよね。

ローカルママが教える、親子で楽しむハワイ〜アラモアナセンター編〜

AIPHONE

結論から言うとアラモアナセンターでは心配無用です。基本的にどの女性用お手洗いにもオムツ交換台があります。昨年11月にできたエヴァ・ウィング(Ewa Wing)のお手洗いには”AIPHONE”という赤いボタンがついたファミリートイレがあり、そのボタンを押すと係の方が自動でトイレのドアのロックを外してくれるシステムになっています。ベビーカーでももちろん入れますし、オムツ交換台がある大きめの個室なのでゆっくり安心してお子様のお世話をすることができます。

ローカルママが教える、親子で楽しむハワイ〜アラモアナセンター編〜

Women’s Room

またエヴァ・ウィング側に新しく移館されたNordstrom(ノードストローム)のWomen’s Loungeにはその名も”Mother Room”というものがあり、オムツ交換台と洗面台、ソファーが完備された半個室があります。オムツ替えに加え、授乳ができます。混雑をしている時は大人数が入ることができるWomen’s Roomも隣にあるのでそちらでも快適に過ごせます。(写真)とてもおしゃれで比較的空いており、長居したくなる穴場スポットです。

またアラモアナセンターの中央という好立地にあるNeiman Marcus(ニーマン・マーカス)、ニューヨークの高級デパートBloomingdale’s(ブルーミングデイルズ)にも同様のラグジュアリーなママ専用のお手洗いがあります。ハワイは車社会なので授乳は車内で・・・というハワイママが多いせいなのか授乳室が少ない(ほぼ皆無)のような気がします。しかしアラモアナセンターではもう一つ、最上階レストラン街の女性用お手洗いにもソファーがあり授乳できるので安心してショッピング、食事をすることができますね。

モールをパトロール!?ポリスカー型ベビーカー

ローカルママが教える、親子で楽しむハワイ〜アラモアナセンター編〜

レンタルベビーカー

次にあまり知られてないのが、ベビーカー貸し出し。スマートカートと呼ばれ、ストリートレベル1階・中央コナ通り側・海側フードコート入り口付近にて5ドル(無制限)でポリスカー型の可愛らしいベビーカーを貸し出しています。ベビーカーと言っても幼児なら乗れる大きさ、収納スペースもあり荷物の多いママには重宝します。マイベビーカーはかさばり、トロリーに乗るのも少し気が引けるため、持参されない方も多いようです。急にお子様が「疲れて歩けない!」と、言い出すかもしれません。そんな時に是非ご利用ください。お子様ウケ間違えなしです!

日本にあるお店でも行く価値あり!

そしていざ、ショッピングへ。お子様連れ必須アパレルショップは、OLD NAVY(オールド・ネイビー)、Gymboree(ジンボリー)、ZARA(ザラ)、GAP(ギャップ)、abercrombie(アバクロのキッズライン)、Janie & Jack(ジャニー・アンド・ジャック)、Kids Foot Locker(靴屋のキッズ・フット・ロッカー)そして注目株はキッズヨガウェアのivivva(イヴィヴァ)!ivivvaはアクティブな女の子のために大人気ヨガブランド・ルルレモンよってプロデュースされたブランドです。もちろんまだ日本にはは未上陸。可愛く、そして洗練されたアイテムは大人が欲しくなる程です。

ローカルママが教える、親子で楽しむハワイ〜アラモアナセンター編〜

Foot Locker

またどの店舗もハワイという土地柄、冬物は比較的在庫が残っていることが多くお手頃価格になっているので、掘り出しものが見つかることも多々。そして日本にもあるディズニー・ストアやレゴでは日本未入荷の商品もたくさんあるのでキャラクター好きキッズには外せませんよ!どのお店ももちろんベビーカーで入店可能です。Bloomingdale’sやアメリカ老舗デパートMacy’s(メーシーズ)、Nordstromの子供用品売り場もお忘れなく!比較的空いていてショッピングしやすいです。

さて、ご飯の時間。子供と一緒、どこ行こう?

ローカルママが教える、親子で楽しむハワイ〜アラモアナセンター編〜

フードコート内

ショッピングの次は食事。アラモアナセンターの海側1階にあるフードコートでは日本食を含む世界各国の食事が味わえ、ローカルと各国の旅行者が入り混ったわいわいした雰囲気の場所です。たとえ赤ちゃんが泣いても周りを気にせずに食事ができますね。(節度は守りましょう)せっかくハワイに来たのにフードコートではなくレストランでゆっくりとしたい!という方もいるはず。基本どのレストランもお子様OK、ベビーカー持ち込みもできますが、お店によっては少し待つことも。子供用の椅子が必要な場合は「Do you have a baby chair ?」などと聞き、対応してもらいましょう。

オススメレストランは、新しいエヴァ・ウィングにオープンしたCafe Lani Hawaii。焼きたてパンの食べ放題で有名なお店です。店内はベビーカーで入ることもできますし、席に大きなソファテーブル
があるので大人数のファミリーにオススメです。またハワイでは珍しく、お子様用のロコモコプレートもあり、大人でもお腹いっぱいになるほどのボリュームで人気です。ファミリートイレも近くにあるので安心ですね。ランチの狙い目は11時すぎの早い時間です。

ローカルママが教える、親子で楽しむハワイ〜アラモアナセンター編〜

E bar

そして日本でも人気のBubba Gump(ババ・ガンプ)やテーブルにお絵描きが出来るイタリアンのRomano’s Macaroni Grill(ロマノズ・マカロニ・グリル)はアラモアナセンターの中でもキッズフレンドリーの代表といえます。新しいところですと、3階Nordstrom入り口にあるE bar(イー・バー)。主に屋外ですがパラソル付きのテーブルなので天気の心配はいりません。授乳中ママには嬉しいノンカフェイン・コーヒーもあり、ベビーカーでちょっとお茶をするのにはもってこいのカフェです。

意外とあるある!あまり知られてないアラモアナお得情報!

ショッピングついでにローカルの子供達と触れ合えてしまう場所といえば、Barnes & Noble Booksellers(バーンズ・アンド・ノーベル・ブックセラーズ)という本屋やJungel Fun(ジャングル・ファン)があります。前者は毎週土曜日の11時から子供向けの読み聞かせ(無料)があり、英語に触れるチャンスでもあります。スケジュールは変更されることもあるのでオンラインでチェックしていきましょう。読み聞かせ以外にもキッズスペースがあるので親子で英語の本を読むのもいいですね。

ローカルママが教える、親子で楽しむハワイ〜アラモアナセンター編〜

Jungel Fun

Jungel Funは日本でいうゲームセンターのようなところです。ショッピングに付き合わせたお子様たちにご褒美として一緒に遊ぶのにいいかもしれません。事前に専用カードを購入してから遊びましょう。
ちなみにアラモアナセンターにはFree WI-FIがあるのでママのショッピング待ちのパパの暇つぶしにどうぞ。

ローカルママが教える、親子で楽しむハワイ〜アラモアナセンター編〜

Longs Drugs

また、お土産から薬までなんでもここで調達できてしまうLongs Drugs(ロングズ・ドラグズ)。新装してから店内は広々し、見やすくそして明るくなりました。オムツ用品や粉ミルク、離乳食、おもちゃ、お菓子、授乳パッド、子供用解熱剤、救急キッドなども揃っています。粉ミルクに至ってはアレルギーの赤ちゃん用に豆乳仕様のものも揃っているのは驚きです。もしお子様には日本のスナック菓子が良いのであれば日系のスーパーマーケットNijiya Market(ニジヤ・マーケット)に行きましょう。

急にお子様の具合が悪くなった!怪我をした!急なアクシデントにはアラモアナセンター横のアラモアナ・ビルディング19階小児科へ。ローカルの日本人ママのほとんどが診てもらってると言っていいほどの人気の日本人の先生です。「SAEGUSA, JIRO, M.D.」。海外旅行保険も一部適応され、日本語を話すスタッフが丁寧に対応してくれます。事前に電話で来院の確認しましょう。(電話:1-808-946-0990)

お車でいらっしゃる方は、エヴァ・ウィング側の駐車場を是非ご利用ください。アラモアナ・ビルディングとショッピングセンターはこの駐車場を通して繋がっています。比較的空いており、駐車場2階、4階がショッピング街とスカイブリッジで繋がっているのでベビーカーでの移動が楽です。

ご注意ください!

良いところばかりを列挙しましたが、注意しなくてはいけないことも少しお教えします。アラモアナセンターは店舗の配置上エレベーターが少なく、特に中央エレベーターはなかなか来ません。ベビーカーを持つママ・パパが歩き疲れているのをよく見かけます。エヴァ・ウィングが出来て少しは解消されたようにも思いますが、ベビーカー利用の方は抱っこ紐を持参して、先に挙げたベビーカーレンタルを上手に活用するのも良いかもしれません。

また残念なことに、旅行者が多いためか盗難が多い場所でもあります。ベビーカーでフードコートの場所取りをして席を外したうちに無くっていたということも聞いたことがあります。日本では考えられないかもしれませんが、ご自分の荷物は常に携帯し注意を払ってください。

最後にハワイ州における子供に関する法律をおさらいします。ガイドブックにもよく書かれており現地ガイドさんからも幾度となく話があるかと思いますが、「12歳以下の子供を13歳以上の付添い人なしで1人にすること」が州法で禁じられています。虐待行為にあたり、旅行者とはいえ処罰もあります。下記をご参考までに。それでは楽しいショッピングを!

在ホノルル日本国総領事館 安全情報 安全の手引き(ハワイ安全マニュアル)

アラモアナセンター
1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96814
月-土 9:30am – 9:00pm / 日10:00am – 7:00pm
アラモアナセンター内MAP
http://www.alamoanacenter.jp/