観光

今度のハワイは脱ワイキキ!癒しのビーチ ~ウィンドワードコースト編~

今度のハワイは脱ワイキキ!癒しのビーチ ~ウィンドワードコースト編~

訪れる人のほとんどが「また行きたい!」と高いリピート率を誇るハワイ。温かく迎え入れてくれる人々のホスピタリティをはじめ、話題の美味しいレストランでの食事や日本未発売のショッピング、何より大自然や美しいビーチに囲まれてアクティビティを楽しめるのが人気の秘訣でしょうか。

ホノルルを中心に北はサーフィンのメッカであるノースショア、ビーチとショッピングを同時に楽しめる東側のウィンドワードコースト、大自然の力をダイレクトに感じられる西側のリーワードコーストに分かれているオアフ島。人々の暮らし方や聞こえてくる音、空気の感触も様々です。

「あぁ、なんかココが好き」と心が動かされるお気に入りを見つけるには、ワイキキの喧噪を抜け出して少し遠くに足を伸ばすのがおすすめの方法!レンタカーのラジオをローカルステーションに合わせたらさあ、出発です。自分だけの癒しのビーチを探しに出かけましょう。

今回は、リフレッシュしたいなら、東側へ!!ウィンドワードコーストのスポットをご紹介します。

マカプウビーチ

今度のハワイは脱ワイキキ!癒しのビーチ ~ウィンドワードコースト編~

マカプウ岬からの風景

ワイキキから東へ行くには景色のいい海岸線をゆっくり走る抜けるのがお決まり。ヒーリングスポットとしても人気のマカプウビーチ。近くには、トレッキングコースもあるので、軽いハイキングで汗をかいたらビーチでクールダウンなんてプランもいいですよね。ワイキキからのドライブコースの詳細はこちらから。

ワイマナロ

今度のハワイは脱ワイキキ!癒しのビーチ ~ウィンドワードコースト編~

ワイマナロ

昨年の全米ベストビーチに輝いたワイマナロ・ベイビーチ。マカプウのベイビー・マカプウビーチの先、カウポ・ビーチからはじまりラニカイの裏に当たるワイレア岬までの約6kmに及ぶとっても長いビーチ。このビーチは、カイルアビーチなどのようには、混んでいないので、ゆったりできます。ただ、あまり治安が良くないので、車上荒らしなどに気を付けてくださいね。

やっぱり人気のカイルアビーチ

今度のハワイは脱ワイキキ!癒しのビーチ ~ウィンドワードコースト編~

カイルアビーチ

ビーチだけでなく、ショッピングも楽しめるカイルアは、観光するにはぴったりという事もありとっても人気がります。沖合いに見えるのは、モクルア・アイランド(Mokulua Islands)。ハワイ語でMokuは「島」、Luaは「2つの」という意味。

とっておきのビーチはすぐそこ

今度のハワイは脱ワイキキ!癒しのビーチ ~ウィンドワードコースト編~

キメの細かい砂

人気のカイルアビーチやラニカイビーチがお気に入り!という人を横目にもう少し海沿いを走ると、優しい波が行ったり来たり…
広くて静かなカラマビーチパークが見えてきます。そう、ここは気まぐれな東の風に支配されながら太陽の光を全身に浴びて、何もせずゴローンと寝転びたくなるそんなビーチ。パウダースノーのように白くきめ細やかな砂浜が一面に広がり、ラニカイ・カイルアのシンボルのモクルア・アイランドも独り占めできます!

その先で見たいサンゴ礁

今度のハワイは脱ワイキキ!癒しのビーチ ~ウィンドワードコースト編~

サンドバー

カイルアビーチから離れ少し北上すると、険しく切り立ったコオラウ山脈の麓が。最近ツアーでもよく紹介されるようになった引き潮の時だけ現れる幻のビーチのサンドバーが有名なカネオヘ湾。カネオヘ湾は、全米でも最大のサンゴ礁を有しています。

今度のハワイは脱ワイキキ!癒しのビーチ ~ウィンドワードコースト編~

カヤック&スノーケル・ツアー

一度は訪れてみたいという人へ、もうひとつの楽しみ方は・・・
時期とタイミングさえ合えば、ハート型や馬蹄型のサンゴ礁を見る事ができます。まさに自然が作り出すサプライズギフトとしか言いようがないほど美しく、一瞬言葉を失ってしまうほど。普通のツアーでなくカヤックで自由に行くツアーなら、お好きなサンゴ礁までカヤックで行ってスノーケルも楽しめるので、おすすめですよ!
→ツアー詳細