ホテル&ステイ 観光

ハワイでお得に常時WiFiアクセス!

ハワイでお得に常時WiFiアクセス!

旅行に欠かせないアイテムのひとつであるWiFi。スマートフォンとWiFiさえあれば突然の情報収集もバッチリ、いつでもどこでも行きたいところへ楽々に行けてしまいますよね。けれど旅行中にWiFiアクセスポイントを探すのはかなり億劫。海外で常にWiFiアクセスを備えるとなると、データローミングやWiFiレンタルをしなければならなく、ソフトバンク社が提供する「アメリカ放題」のような、通話やデータ通信が無料のプランに入っていないとコストがかさんでしまいます。

一週間程度の滞在ならばポケットWiFiを空港でレンタルしてきても5,000円程度で済むけれど、それ以上の滞在になると料金もなかなか馬鹿になりません。知らない間に子供がデータローミングをオンにしてYouTubeを見ていて、数十万円におよぶ請求がきたという話もたまに聞きます。

そこで今回は、ハワイでお得に常時WiFiにアクセスする2つの方法をご紹介します。

ハワイでスマートフォンのSIMカードを購入

ハワイでお得に常時WiFiアクセス!

最近のスマートフォン、特にiPhone6S以降のほとんどのスマートフォンはSIMフリーになっているか、携帯会社のホームページより簡単にSIMフリーにする手続きができます。それ以前の機種でも、3,000円程度支払うことでSIMフリーにできるものが多いようです。

短期間プラン

電話がSIMフリーであることを確認できた場合は、ハワイでスマートフォンのSIMカードを購入することが一番便利で低価格な手段です。21日間までの滞在ならば、T-Mobileの「インターナショナルプラン」を利用すると、わずか30ドルで次のようなサービスを受けることができます。21日以降はサービスが自動停止するという、便利な使い捨てプランです。

  • アメリカ国内1000分まで通話無料
  • 国内&国際SMSが無料
  • 高速データ通信容量 2GB 

短期旅行者にとって2GBは十分なデータ通信容量です。

21日以上滞在する場合

21日間以上滞在する方、2GB以上のデータ容量が必要な方、またハワイのリピーターで同じ電話番号を維持したいという場合には、同社の「ペイ・アズ・ユー・ゴー」というプリペイドプランを選べば、次のような金額で前述プラン以上のサービスを利用できます。こちらのプランは30日で契約が切れ、継続しない限りは翌月以降に支払いが発生しないので安心です。また次回使う時まで月々3ドル支払うことで、 同じ電話番号を維持することができます。

  • アメリカ国内かけ放題
  • 国内&国際SMSが無料
  • 高速データ通信量
    60ドル 10GB
    50ドル 5GB
    40ドル 3GB
    25ドル (無制限通話とテキストのみ)

ポケットWiFi使用でなく、スマートフォンのSIMカードを購入する際の利点としては、

  • 安い
  • 携帯電話のみ持ち歩けば良い
  • 携帯電話のみ充電すれば良い
  • ハワイの電話番号が持て、ハワイ州だけでなくアメリカ国内で人や店と連絡が取りやすい。
でもLINEが使えなくなるのでは!?

そう思う人も心配ご無用。LINEは前もってメールアドレスを登録しておけば、データの引き継ぎができ、同じアカウントを違うSIMカード上で使えるようになります。日本に戻った時もSIMカードを入れ直し、メールアドレスからサインインすれば元通り。同じLINEアカウントを使用できます。メール登録することでパソコンでもLINEを使えるようになるのでとても便利です。

ハワイで購入したSIMカードを購入した後にLINEを使用する手順は、

  1. ハワイで購入したSIMカードを携帯電話に挿入する
  2. LINEをダウンロードする
  3. LINEを立ち上げ、メールアドレスでサインインする

以上のように、とても簡単です。メール登録方法は、こちらをご参照下さい。

ポケットWiFiを購入

ハワイでお得に常時WiFiアクセス!

携帯がSIMフリーかかわらない、日本でSIMフリーにする時間がなかった、または1台以上の携帯、またはパソコンやタブレットなど多数の機器を接続したいという方にオススメなのがポケットWiFiを購入することです。T-MobileのポケットWiFiは79.99ドル(税別)で購入することができ、次のような高速データ通信プランがあります。こちらも30日間で契約が切れるので、継続しない限りは翌月以降に支払いが発生しません。

  • 50ドル 7GB 30日間
  • 40ドル 5GB 30日間
  • 30ドル 3GB 30日間
  • 15ドル 1GB 7日間
  • 10ドル 500M 24時間
  • 1ドル 10M 1時間

データ通信量の目安としては、スマートフォンのヘビーユーザーの私で月々5GBあればなんとか足りています。パーソナルホットスポットを使ってパソコンを繋ぐと5GBを超えることが多くあります。契約データ通信量を超すと通信速度が落ちるだけで、追加料金はかかりません。ラインやSMSを使用する分には十分な速さですが、ネットサーフィンを多くするので元の速度へ戻したいという場合には、差額を払うことで次のプランへ移行することができます。

50ドル以上のプランを購入することで、初回のみににかかる20ドルのSIMカード登録料が免除されるので、初回は50ドル以上のプランを購入するのが一番お得です。

いろいろなプランがありちょっとわかりにくいと思うので、こちらの表に料金やプランの違いをまとめてみました。まずは WiFiレンタルの金額と旅行日数からレンタル総額の目安を出し、WiFi購入の金額と比べて見て下さい。

料金表
  日本から
WiFiレンタル
ハワイで
WiFiレンタル
ハワイで
携帯用SIMカード購入
ハワイで
ポケットWiFi用
SIMカード購入
250M
(1日)
370円      
500M
(1日)
1,180円 12ドル    
1GB
(1日)
1,460円      
2GB
(21日以内)
    30ドル  
3GB
(30日)
    40ドル 30ドル
5GB
(30日)
    50ドル 40ドル
7GB
(30日)
      50ドル
10GB
(30日)
       
その他料金
(1日)
500円(ミニ補償)
1,000円(フル補償)
2.50ドル(ミニ補償)
3.80ドル(フル補償)
20ドル手数料
*3GBのプラン初回のみ
80ドル(ポケットWiFi)
20ドル手数料
*3GBのプラン初回のみ
最低価格
プラン合計
870円
(1日)
14.50ドル
(1日)
30ドル
(21日)
50ドル
(30日)
130ドル
(30日)
最低価格
プラン合計
※初回以降
870円
(1日)
14.50ドル
(1日)
30ドル
(21日)
40ドル
(30日)
30ドル
(30日)
利点 日本で手続きができる 飛行機で移動中2日分の料金がかからない
  • ハワイの携帯番号取得
  • インターネットで手続き可能
  • 定額
  • 契約容量を過ぎても2G速度で通信可能
  • インターネットで手続き可能
  • 定額
  • 契約容量を過ぎても2G速度で通信可能
購入方法

T−Mobileのホームページやウォールマートなどで購入することも可能ですが、購入や設定などが確実に一度にできるT-Mobileのお店へ行くことが一番便利でしょう。T-Mobileショップは、アラモアナショッピングセンターとカハラモール内にあり、初日のホテルチェックインまでの時間潰しに便利な場所でもあります。

私がオススメなのはいつも空いているカハラモール店。アラモアナショッピングセンターのような混雑がなく、敷地がずっと狭く手狭なのでハワイ到着早々の体には優しい場所です。ホールフーズがあるのでまず美味しいお茶を飲んで一休みするのも良いでしょう。

ハワイでお得に常時WiFiアクセス!

フィリップ君

ここの店員はWiFiアクセスを求める日本人旅行者に慣れていて、どのプランが最適であるかを熟知しているのでお任せできます。特にここのスタッフのフィリップ君は口数少ない上にとても仕事が早く、単語程度の英語で敏速に対応してくれるので、まずフィリップ君を尋ねれば英語が心配な方でも安心です。購入から登録まで、電話が使えるようになるまでの手続きは15分ほどです。

アラモアナショッピングセンター店
ブルーミングデール側3階
Mon-Sat 9:30 – 21:00/ Sun9:30 -19:00 カハラモール店
バナナリパブリック入り口左側のエスカレーターを上がり左
Mon-Sat 9:00 – 21:00/ Sun 9:00 -17:00

まとめ

手持ちの携帯電話がSIMフリーで滞在が21日までならば、30ドルでSIMカードを購入することが一番お得です。またハワイに家族や友人がいる場合や出張の場合、また新しい出会いがあった時など、ハワイの電話番号を持っているとLINE以上に便利です。

ポケットWiFi機を購入しても、大容量データ通信が30日間も使えて130ドル、初回以降は同じプランが30ドルで利用できるので、ハワイリピターにはお勧めです。ハワイへ滞在する日数や頻度、機器の台数などを考えて一番お得なプランをお選び下さい。浮いたお金で外食やショッピングがさらに楽しめますように・・・