観光

ハワイのサンドバーが美しすぎて話題!天使の海の魅力を解説


 

海に囲まれているハワイの島々。数多くの観光地があるハワイの中で、サンドバーと呼ばれる場所があることをご存知ですか?あまりの美しさに別名「天使の海」や「天国の海」とも呼ばれているサンドバーの魅力と、観光の際に知っておきたいオススメポイントを厳選してご紹介します。

目次

  1. 天使の海、サンドバーとは?
    干潮時にだけ姿を表す幻のビーチ
    天使の海と呼ばれる理由は驚くほどの美しさ
  2. サンドバーをとことん堪能しよう
    上陸するならツアーがおすすめ
    楽しむためにここにだけは注意!覚えておきたい3つのポイント

1.天使の海、サンドバーとは?

ハワイのサンドバーが美しすぎて話題!天使の海の魅力を解説

干潮時にだけ姿を表す幻のビーチ

アフ島の北東部にあるカネオヘ湾に位置し、テレビや雑誌などでも取り上げられることの多いサンドバー。一体どんなものなのでしょうか?

サンドバー(sandbar)は日本語で砂州(さす)という意味を持っています。海は一定の感覚で潮の満ち引きを繰り返しているため高さの変化があるという特徴がありますが、干潮時に海の水面が一番低くなると、海の真ん中に小さな浅瀬ができることがあります。これが「サンドバー」と呼ばれているものの正体です。

また、この浅瀬の砂浜は厳密には砂ではなくサンゴ礁が細かくなったものなんです。長い年月をかけて隆起したサンゴ礁が細かくなり浅瀬に現れているのです。こういったところも、ハワイの自然の力を体感できるポイントです。

天使の海と呼ばれる理由は驚くほどの美しさ

実際にサンドバーに行っている観光客からは「まさに天使の海!」「美しい!」と絶賛の声は上がるほど綺麗な景色の広がるサンドバー。ウミガメや全米最大のサンゴ礁があることでも知られるスポットです。

エメラルドグリーンに輝く海と、青くどこまでも広がる空、真っ白のサンドバーという色のコントラストと澄み渡る風景が長い間に渡って旅行客を魅了する理由です。

2.サンドバーをとことん堪能しよう

上陸するならツアーがおすすめ

サンドバーを楽しむには気軽に申し込めるツアーがおすすめです。サンドバーはカネオヘ湾沖から2kmほど離れた場所にあるため、ただ行くだけでは遠くから眺めることしかできません。そこで多くの旅行会社はサンドバーに行くための「オプショナルツアー」というものを提案しています。

楽しむためにここにだけは注意!覚えておきたい3つのポイント

《その1》干潮の時間を把握する

サンドバーは干潮時という時間を限定して現れる浅瀬なので、干潮のタイミングをわかっていないとせっかく行っても見ることができない……という可能性が。潮が多い日は、サンドバーに行っても腰くらいまで海水に浸っていることもります。ツアーではなくサンドバーに出向くという方は、まず潮の満ち引きをチェックしてから出かけましょう。

ハワイのサンドバーが美しすぎて話題!天使の海の魅力を解説

http://tides.mobilegeographics.com/locations/3854.html

こちらのサイトでは、その日ごとの潮の満ち引きを確認することができます。

ハワイのサンドバーが美しすぎて話題!天使の海の魅力を解説
表示されたグラフは、縦軸が潮の高さ、横軸が時間を表しています。ページ下部にある「Time Control」の部分で確認したい日時を入力すると、その日の潮の満ち引きを上記のようなグラフとして見ることができます。

グラフの数値が一番上に来ているところが満潮、グラフが一番下がっているところが干潮、つまりサンドバーが期待できるタイミングです。ぜひこちらのサイトを確認して、絶好のタイミングでサンドバーに足を運んでくださいね。

珊瑚礁周辺で見れる魚たち

また、サンドバーを含むカネオヘ湾は、アメリカの国内のなかでも一番といってよいくらい珊瑚礁の数が多いスポット。それゆえに、たくさんの魚やウミガメが集まってきます。ですので、旅行の日程上どうしても潮の多い日にしかツアーに参加できない場合は、スノーケリング付きのプランを選んでください。

《その2》日焼け対策はしっかりと

常夏の楽園ハワイ。日本とは比べ物にならないくらいの紫外線に対抗するには、徹底的な日焼け対策が必要です。絶対に焼きたくない方は、日本で売られているSPFの高い日焼け止めを使うことをお勧めします。また、ハワイでは、オーガニック素材から作られた日焼け止めも多く売られています。肌のことを気にかける方はウォータープルーフでSPF50以下の日焼け止めをこまめに塗りなおすのが効果的です。

《その3》寒さ対策も万全に

気温が高いことは広く知られているハワイの地ですが、この海沿いの地は風が強いこともでも知られている場所。濡れた身体で風があたると、体温が急激に下がりかなり寒く感じることが多いです。ですので、サンドバーに赴く際には、簡単に着替えられる格好、さらに、そのうえから厚手のパーカーなど羽織ることのできる上着があると安心です。マリンスポーツをする方で、ウェットスーツのトップスだけのもの(タッパー)などをお持ちの方は、そちらをもっていくと便利です。

たまにしか見ることのできない幻のサンドバー。せっかくハワイに行ったら、一度くらいは見てみたいものですよね。ぜひサンドバーに行く際には、圧倒されるほどの綺麗な風景と共に素敵な時間をお過ごしくださいね。