観光

ハワイの雨季と乾季を知って、天気も味方に素敵な旅行を楽しもう!

Young woman with sun

ハワイ旅行の計画中、「どの季節がおすすめなんだろう?」と疑問に思ったことのある方はいませんか? 常夏の島と呼ばれるハワイですが、そんなハワイにも雨季と乾季という季節の分かれ目があります。

今回はそんなハワイの雨季についてじっくりと解説していきます。
ぜひハワイ旅行の計画の参考にしてくださいね。

常夏の楽園ハワイにも雨季と乾季がある

Coconut palm tree with vintage effect.

常夏の楽園と呼ばれるハワイ。常夏と呼ぶくらいなのだから1年中晴れていると思われがちですが、そんなことはありません。しっかりと雨季と乾季という季節の分かれ目があります。

雨季は10月〜3月頃を指し、乾季は4月〜9月頃のことをいいます。

乾季は誰もの想像の通り、綺麗な晴れ模様が続き気温もちょうどよく過ごしやすい日が続きますが、雨季は逆転し、降水量が一気に上昇します。乾季と雨季の降水量を比較するとおよそ7〜8倍もの差があります。

つまり、晴れの時期のハワイを楽しみたいという方は、乾季である4月〜9月のシーズンに旅行を計画することがオススメです。

12月〜3月にピークを迎えるハワイ旅行

Packed vintage suitcase for summer holidays,

雨季にかかるため人気はないのではないかと思われがちな12月〜3月の時期ですが、実はハワイ旅行に訪れる人口が一気に増える時期でもあるんです。

というのも、アメリカ本土や日本から、寒さをしのぐためにハワイへ行くという人が増える季節であり、さらにクリスマスという大きなイベントも控えているため旅行の日程を組むには最高の季節なんです。

また、1〜3月になるとそれに加えて日本からは卒業旅行や長期間での旅行で訪れる学生も増える傾向にあります。

どの時期にどんな楽しみ方をしたいのかということをよく考えて、満足の行くプランを立てることも重要です。

ハワイの天気のポイント

concept of security

それでは、ハワイの雨季と乾季。それぞれのポイントをみていきましょう。

雨季でも日本の梅雨とは大違い

雨季と呼ばれる季節、日本の梅雨を思い浮かべるという方も多いのではないでしょうか?
しかし、日本のようにシトシトと雨が降るわけではありません。

シャワーと呼ばれるスコールが降ったり止んだりを繰り返します。そのため、止むとわかっているためか傘をささない現地の人も多いです。

スコール対策は万全に

スコールが降るときには一気に気温が下がってしまい寒く感じてしまいます。外に出る場合にはすぐに羽織れるパーカーやジャンパーなどを持ち歩くようにしましょう。

乾季のハワイは日焼け対策を念入りに

乾季のハワイ、過ごしやすい気温で対策をしないという方もいるかもしれませんが、そんな方は要注意です。ハワイ現地では、SPF70や100なんてほどの日焼け止めがあるほど紫外線の強い環境なんです。

甘くみているとすぐに焼けてしまったり、それどころかヒリヒリしたり皮が剥けてしまったりと辛い思いをしてしまうのです。

事前に日焼け止めを塗り、こまめに塗り直しを行いましょう。
さらに、ハワイの日焼け止めは強すぎて日本人の肌には合わない場合もあります。日本を発つ前に日焼け止めは準備していきましょう。

happy woman jumping with umbrella on the beach

ハワイのお天気事情はいかがでしたか?
日本の四季のように、ハワイの天気もじっくりと知ることで様々なハワイを好きになれることと思います。

ぜひハワイ旅行の際には事前にリサーチをして、より理想的な旅行の計画を実現させていきましょうね。

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!