観光

ハワイの天気を攻略|天気事情と服装、天気予報サイトまとめ

Young woman with sun

ハワイ旅行に向けて、天気(予報)のチェックはかかせません。

しかしながらハワイの気候はちょっと特殊で、当日の天気予報だけを見ていればよいわけではないのです。

今回の記事では以下のことを解説していきます。

  • ハワイの天気
  • ハワイの天気について知っておくべきこと
  • おすすめの天気予報サイト

ハワイのお天気事情を知って、より良い旅行になるよう本記事をお役立てくださいませ!

まずはハワイの天気予報をみてみよう

Coconut palm tree with vintage effect.

まず初めに、日本気象協会によるハワイ(ホノルル)の天気予報を確認しましょう。

【参照サイト】日本気象協会:ホノルルの天気予報
http://www.tenki.jp/world/6/38/91182.html

これでハワイの天気はわかりましたね。

……ところがハワイの天気は一筋縄ではいきません。実は、ハワイの天気はあまりあてにならないのです。

いったいなぜでしょうか?

ハワイの天気予報があてにならない3つの理由

Weather forecast on a digital display

その1:1日の間で、天気がすぐ変わるため

ハワイの天気は1日の中でも非常によく移り変わります。

先ほどまで晴れていたかと思えばシャワーのような通り雨が降り、またすぐに晴れだす、というような天気がよくあるのです。

日本のように同じ天気が一日中続くという気候ではないことを、まずはじめに理解しておきましょう。

その2:そもそも予報が当たりづらい環境下にある

太平洋にぽつんと浮かぶハワイは、偏西風などの影響もあって気象の予測が難しい場所です。

曇りや雨の予報でもからりと晴れたり、反対に晴れの予報でも雨が降ったりと、天気予報が外れることは珍しくありません。

ハワイの天気予報は、あくまでも目安であることを覚えておきましょう。

その3:雨予報の基準が厳しいため

例えば、先ほど紹介した日本気象協会のサイトを例にすると、1mm/h以上の雨は小雨とカウントされ、天気予報には傘マークが表示されてしまうことになります。

前述の通り、ハワイの雨はシャワー状に一時だけ降り注ぐケースが多いです。1日の中で1度でもそれが予測されてば、その日は雨マークが付いてしまいます。

1日の大半が晴れていればその日は「晴れ」だと思うのですが、表記上は雨になってしまうのですね。

……これらのことから、ハワイの天気予報には一喜一憂せず、実際に体感で天気を感じるようが良いということがわかります。

ハワイの天気事情を知る:雨季と乾季の特徴

Weather forecast concept

まずはハワイの天気について説明することができました。

天気予報があまりあてにならないとはいえ、「雨季」と「乾季」があることを知っておいて損はないでしょう。

続いては、ハワイのお天気事情について詳しく見ていきます。平均気温や降水量なども併せてご紹介します。

ハワイにある「雨季」と「乾季」

ハワイは「常夏」と呼ばれるだけあって、ほぼ1年中晴れていると思われがちですが、実際にはそうではありません。

ハワイには「雨季」と「乾季」という、季節の分かれ目があるのです。

雨季は10月〜3月頃を指し、乾季は4月〜9月頃のことをいいます。

その名の通り雨季は降水量が増え、乾季は晴れの日が続きます。乾季と雨季の降水量を比較するとおよそ7〜8倍もの差があります。

平均気温

ハワイの雨季と乾季を踏まえ、平均気温を見ていきましょう。

ハワイ(ホノルル)の平均気温は、以下の通りです。
(1981~2010 年の観測値による平均値/気象庁

ホノルル気温テーブル

気温を見ると、雨季と乾季の影響をそれほど受けず、年間を通して暖かいことがわかります。

平均気温は約25.7度。日本の9月程度の気温です。昼間は半袖で、夜には軽く羽織る程度ですね。

天気はさておき、気温はあまり気にしなくて良いことがわかります。

平均降水量

それでは降水量を見ていきましょう。先ほどの表をグラフにすると、このようになります。

ホノルル気温グラフ

雨季と乾季で大きく異なることがわかります。

ハワイの気候上、一日中雨が降り続くことはまれです。それでも晴れのハワイをより多く楽しみたいのであれば、乾季である4月〜9月のシーズンに旅行を計画することがポイントになります。

ハワイの天気を知る、おすすめの天気予報サイト4選

Smartphone with weather icon on light grey background.

それではここで、おすすめの天気予報サイトをご紹介します。

基本的な情報であれば最初にご紹介した日本気象協会のサイトで事足りるかと思います。

とはいえ、そこは天気の予測が難しいハワイ。複数の天気予報サイトを見比べることで、より正確なデータを確認することができるでしょう。

また、それぞれのサイトによって特徴があります。目的に沿った情報収集のためにも、複数のサイトを知っておくことは大切です。

1.AccuWeather

まず確認したいのが「AccuWeather」というサイトです。

このサイトの特徴は、何と言っても90日先の天気予報まで知ることができるという点です。

左上にある「90日間すべて」をクリック(タップ)することで、向こう90日間の天気予報を知ることができます。

旅行の日程がある程度先の場合も、事前に天気予報を知ることができます。

「6時間に2回程度のにわか雨」のように、雨に対してもより詳しい情報が記載されています。アクティビティの予定を考える際にも、一つの目安になるでしょう。

参照サイト:AccuWeather

2.Weather Underground

現地で天気予報を確認するのであれば「Weather Underground」がおすすめです。

Weather Undergroundの特徴は、なんといっても雨雲レーダーです。

右側の地図を確認することで、ハワイの局地的な天気を知ることができます。再生ボタンを押すことで今後の動きもある程度知ることができます。

どうしても雨に振られたくない場面や、ホテルからちょっとだけ外出する際などに活用できるでしょう。

参照サイト:Weather Underground

3.JAL-天気情報

日本の航空会社「JAL」が提供している天気予報では、日の出と日の入り時刻を知ることができます。

山でのアクティビティやビーチを散策する際には、日の出(日の入り)の時間を把握しておきたいこともあるでしょう。

あらかじめ時間を知った上で行動できるように、必要に応じて活用してください。

参照サイト:JAL-天気情報

4.地球の歩き方

旅行ガイドブックでおなじみの「地球の歩き方」が提供している天気予報では、紫外線の強さを確認することができます。

日焼け止めは必ず用意するべきですが、どの程度紫外線が強いかについて心構えをすることができます。

すぐ下には東京の天気も掲載されています。比較してみると強さが一目瞭然ですね。

参照サイト:地球の歩き方

ハワイの天気で注意すべき5つのこと

concept of security

次に、ハワイならではの天気による注意点もご紹介します。

知らないと現地で戸惑ってしまうこともあるかと思いますので、一つひとつ確認していきましょう。

1.雨季でも日本の梅雨とは大違い

雨季と呼ばれる季節、日本の梅雨を思い浮かべるという方も多いのではないでしょうか?

しかし、日本のようにシトシトと雨が降るわけではありません。

シャワーと呼ばれるスコールが降ったり止んだりを繰り返します。止むとわかっているためか、傘をささない現地の人も多いです。

荷物を増やしてまで日本から折りたたみ傘を持っていく必要はないかもしれませんね。

2.スコール(シャワー)に備えた服装を心がけよう

いくら平均気温が暖かいとは言え、スコールが降る際には気温が下がってしまいます。

外に出る場合にはすぐに羽織れるパーカーやカーディガンなどを持ち歩くようにしましょう。

3.乾季のハワイは日焼け対策を念入りに

乾季のハワイ、気温だけ見れば大変過ごしやすい日々が続きそうですが、日焼け対策を忘れてはいけません。

ハワイ現地ではSPF(紫外線を防ぐ指標。日本では50が一般的)が70〜100ほどの日焼け止めが販売されているほど、紫外線の強い環境なのです。

日焼けを甘くみていると、すぐさま真っ赤に焼けてしまいます。旅行中に皮が剥けて辛い思いをしないよう、外出の際にはあらかじめ日焼け止めを塗り、またこまめに塗り直しを行うようにしましょう。

さらに、ハワイの日焼け止めは強すぎて日本人の肌には合わない場合もあります。日焼け止めは日本から持っていきたいアイテムの一つです。

4.野外でも屋内でも、寒暖差に注意

雨が降った場合ももちろんですが、ハワイでは寒暖差に気をつけたい場面がたびたびあります。

朝から夜にかけての寒暖の差が少なからずあるのと、海沿いが肌寒いこともあります。またレストランやショッピングモールは冷房が聞きすぎているというケースも。

繰り返しになりますが、軽く羽織ることのできるアイテムは必ず持ち歩くようにしましょう。

観光客は12月〜3月に増加する

ハワイ観光

ここまでの説明で、観光客は乾季のほうが多いのではないかと思われたのではないでしょうか?

実はそうではなく、12月〜3月の時期に旅行者が増える傾向にあるのです。

理由としては、アメリカ本土や日本から、寒さをしのぐためにハワイへ行くという人が増える時期であること。

さらにクリスマスという大きなイベントも控えているため旅行の日程を組むには最高のシーズンなのです。

加えて日本からは卒業旅行や長期間での旅行で訪れる学生も増える傾向にあります。芸能人がお正月休みを利用してハワイを訪れたりするのも、一種の名物ですよね。

ハワイで過ごしやすい服装とは?

Casual female clothes

ハワイの天気や気候を理解した上で気になるのは、服装についてです。

基本的には年間を通してラフな格好が望まれます。男女ともにかっちりとした服装ではなく、半袖Tシャツにハーフパンツのような服装がよいでしょう。

もちろん帽子は必須です。つばの広い帽子であれば、急なスコールにも対応することができます。

ハワイで過ごすファッションについてより詳しく知りたい場合は以下の記事をご覧ください。

  • 具体的に何を着たら良いのか
  • アロハシャツは街歩きに着てよいか
  • 現地で服を買うのにおすすめの店舗
  • ハワイで浮いてしまうファッション

これらのことをまとめて知ることができます。

ハワイで着るべき服装は?おすすめの洋服・ファッションを徹底解説

まとめ

happy woman jumping with umbrella on the beach

ハワイのお天気事情はいかがでしたか?

天気の移り変わりが激しいハワイですが、日本の四季のように、じっくりと知ることで様々なハワイを好きになれることと思います。

ハワイ旅行の際には天気についてもあらかじめリサーチを行い、より理想的な旅行を実現させていきましょう!

 

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!