観光

ハワイのカルチャーと歴史を知る|おすすめスポット12選を紹介

Compass on background of map in the forest

独自の文化を持つハワイ。

古くから王国が築かれさまざまな変遷を遂げたハワイには、たくさんの歴史や文化が残されています。

日本では体験することのないカルチャースポットに触れ、今まで知ることのなかったハワイの魅力を堪能してくださいね。

ハワイのカルチャーを知る8つのスポット

woman hiker enjoy the view on mountain peak cliff

まず、ハワイのカルチャーをとことん感じることができるスポットを厳選してお届けします。

1.ポリネシアン・カルチャー・センター

その名の通り文化を学ぶならまずはポリネシアン・カルチャー・センターへ。

ハワイだけでなく、近隣のニュージーランドやイースター島などの「ポリネシア」と呼ばれる地域の文化を体験できるスポットです。

見るだけでなく実際に体験できる施設もあるとのことでカップルやファミリーにも人気の高いスポットになっています。「文化には興味あるけれど難しそう……」なんて思っている方はぜひ足を運んでみてくださいね。

ポリネシアン・カルチャー・センター
住所:55-370 Kamehameha Hwy, Laie, HI 96762 アメリカ合衆国
営業時間:月〜土 12:00〜21:00
定休日:日曜日

2.ビショップ・ミュージアム

ハワイ州最大の博物館として知られる「ビショップ・ミュージアム」。

ハワイに人類がやってくるまでの過程を描いた“パシフィック・ホール”や火山活動をはじめとする数々の自然現象についての理解を深める“サイエンス・アドベンチャーセンター”、プラネタリウムなど、博物館とは思えない充実ぶりに驚いてしまいます。

およそ200万点を超える、スケールの大きな展示をぜひじっくりとご覧ください。

ビショップ・ミュージアム
住所:1525 Bernice St, Honolulu, HI 96817 アメリカ合衆国
営業時間:9:00〜17:00
定休日:感謝祭・クリスマス

3.イオラニ宮殿

ハワイ王国7代目のカラカウア王、そして第8代目のリリウオカラニ女王が使用していたとされている「イオラニ宮殿」。

アメリカ合衆国内に建つ唯一の宮殿としてもその名を知る方が多いのではないでしょうか。

通常の見学に加え、オーディオツアーや日本語のガイドツアーなどサービスも充実しているので、興味があるという方はどんどん学んでくださいね。

イオラニ宮殿
住所:364 S King St, Honolulu, HI 96813 アメリカ合衆国
営業時間:月〜土 9:00〜16:00
定休日:日曜日・ニューイヤーズデー・プレジデンツデー・メモリアルデー・独立記念日・レイバーデー・感謝祭・クリスマス

4.ハワイアン・ミッション・ハウス

1820年にイギリスからやってきた宣教師が住むために建てられた家として200年近くもの間存在感を放ち続ける「ハワイアン・ミッション・ハウス」。

キリスト教の布教活動のほかにも印刷技術やハワイアンキルトの元である刺繍技術をハワイに持ち込んだとされており、それらが今日のハワイの文化を作り上げているともいうことができます。

ぜひ当時の思いそのままに、ハワイの文化を肌で感じてくださいね。

ハワイアン・ミッション・ハウス
住所:553 S King St, Honolulu, HI 96813 アメリカ合衆国
営業時間:火〜土 10:00〜16:00
定休日:日・月曜日

5.ハワイ州最高裁判所

高き誇りを持つかつての司法の中心地、「ハワイ州最高裁判所」。

「裁判所が観光地?」と思う方もいるかもしれませんが、侮るべからず、とても人気のカルチャースポットです。

ハワイ現地の言葉で「アリイオラニ・ハレ(天の王たちの家)」という意味をもつ厳荘な建築物で、当時の裁判の様子を深く知ることができます。

ハワイ州最高裁判所
住所:417 S King St, Honolulu, HI 96813 アメリカ合衆国
営業時間:月〜金 8:00〜16:30
定休日:土・日曜日

6.モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ

カップルや女子旅での人気が上昇している「モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ」。

おしゃれなホテルの裏側にはしっかりとした歴史が刻まれています。

と、いうのも「モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ」が創業したのは1901年。

ワイキキでは最も古いホテルという歴史のあるホテルなんです。

ホテルの優美さや格式を感じることのできるロビーなど、ただおしゃれなだけでは終わらない、ホテルの飽くなきこだわりをぜひご覧ください。

モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ
住所:2365 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:24時間営業
定休日:なし

7.ハワイ州立美術館

ハワイのアーティストの作品を数多く展示している「ハワイ州立美術館」。

アーティストの作品には、ハワイへの思いがたくさん詰まっており、ハワイの文化を深く理解することにも繋がるんです。

テーマごとに分けられた空間で、ハワイらしいそれぞれの作品をゆっくりとご堪能ください。

ハワイ州立美術館
住所:250 S Hotel St, Honolulu, HI 96813 アメリカ合衆国
営業時間:火〜土 10:00〜16:00
定休日:日・月曜日

8.ロイヤルハワイアンセンター

カルチャースポットでショッピングモールというのは珍しいですね。

この「ロイヤルハワイアンセンター」がカルチャースポットとして人気となっている最大の理由は、無料のカルチャープログラムが充実しているという点にあります。

フラ、レイ、ウクレレ、ロミロミ、ハワイアンキルト、ハワイ語など驚くほど充実のラインナップを誇ります。

ぜひ興味のある方は体験してみてはいかがでしょうか?

ロイヤルハワイアンセンター
住所:2201 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:10:00〜22:00
定休日:なし

ハワイの歴史を紐解く4つのスポット

Bridesmaids Holding Bouquets on a sunlit beach

ここからは、文化と並んでハワイの歴史に触れることができるスポットをお届けします。

1.ザ・ビーチズ・オブ・ワイキキ

史跡巡りの最初はワイキキの東から順番に巡っていきます。

スタート地点はカピオラニ公園から。

カピオラニ公園はハワイで最も古い公園として知られています。

広さは約60万㎡にも及び、アクティビティや施設などの多くある場所としても人気で、家族づれで訪れる人々が多いことが特徴です。

また、この“カピオラニ”とは、日本の明治天皇との親交があったとされているハワイ最後の国王・カラカウア王の愛妻の名前です。

ホノルルマラソンのゴール地点であるという点も有名であり、カピオラニ公園でアクティビティを楽しむ人が多く、4面あるテニスコートやジョギング、スポーツカイトが特に人気です。

そのほかにも、公園内にはワイキキ水族館とホノルル動物園というふたつの人気スポットも併設しています。

ワイキキ水族館はアメリカで3番目に設立された古い歴史をもつ水族館であり、400を超える深海生物が暮らしています。

サンゴのギャラリーという珍しい展示も行っているので興味のある方はぜひ立ち寄ってくださいね。

カピオラニ公園
住所:2805 Monsarrat Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
開放時間:5:00〜0:00

2.デューク・カハナモク像

Duke Kahanamoku

次は、「サーフィンの神様」と言われ、ハワイの中でヒーローと讃えられている「デューク・カハナモク」の像です。

場所としてはワイキキ・ビーチの敷地内に当たりますが、この像はデューク・カハナモクの生誕100年であった1990年に記念として建てられ、現在ではフォトスポットとして多くの観光客の集まる場所になっています。

デューク・カハナモクに関する伝説は数多く残されていますが、サーファーとして、そして、スイマーとして非常に名声の高い人であったようです。

彼は、1912年にストックホルムオリンピックに出場し、100m自由形で当時世界記録保持者であったチャールズ・ダニエルスのタイムをいとも簡単に超え、あっという間に金メダルを獲得しました。

そして、彼には「ヒューマン・フィッシュ」や「ウォーターマン」といった異名が付き、そのままそれは伝説として語り継がれることとなったのです。

さらに、それだけではありません。

8年後の1920年い開催されたアントワープオリンピックでも自身の記録を大幅に塗り替えて優勝を勝ち取りました。

まさに、彼は伝説の人だったのです。

デューク・カハナモク像
住所:Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
開放時間:24時間

3.カイウラニ王女の邸宅跡

 

f_saoriさん(@saori05190519)がシェアした投稿

カイウラニ王女という人物をご存知でしょうか?

あまり有名ではない人物ですが、ハワイの歴史を知る上では覚えておきたい人物です。

現在カイウラニ王女像はクヒオ通りの一角にあり、待ち合わせや目印として多くの観光客の目に入る場所にあります。

しっかりと歴史の続くハワイを見守ってくれているということでしょうか。

カイウラニ王女は現在のハワイにとってはなくてならない存在です。

かつてハワイはカメハメハ大王が統一を行いハワイ王国というひとつの国として成り立っていました。

しかし、カメハメハ大王の死後、1843年にイギルスが独断でイギリス領を名乗ってしまったことがきっかけとなり、争うようになってしまいます。

そこで活躍を見せたのがカイウラニ王女。

ハワイ王国を存続させるため縁談を持ちかけるも力及ばず王朝は崩壊し、現在の形へと変化をしていきます。

つまり、ハワイ王朝最後の王女であったということです。

彼女の尽力によってハワイは今もなお進化を続ける素晴らしい都市となっているのですね。

邸宅跡は今はシェラトン プリンセス カイウラニというホテルが建っている場所です。

カイウラニ王女の邸宅跡(シェラトン プリンセス カイウラニ)
住所:120 Kaiulani Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国

プリンセスカイウラニ像
住所:150 Kaiulani Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国

4.カメハメハ大王の邸宅跡

ハワイ王朝を統一したことでも、日本では童謡でも知られているカメハメハ大王。

カメハメハ大王、そして孫のカメハメハ5世の邸宅があったことで知られているこの地ですが、現在は、カメハメハ大王の邸宅跡地は高級ホテルである「ロイヤル・ハワイアン・ラグジュアリー・コレクション・リゾート」が建設され、常に多くの観光客の集まる場所となっています。

「ロイヤル・ハワイアン・ラグジュアリー・コレクション・リゾート」は現在“太平洋のピンク・パレス”という名前をもち、ハワイでも有数のリゾート地として名声の高いスポットです。

ホテル全体がリゾート空間のようになっており、廊下や庭園、プールにまで広がる美しい景観は来る人を癒し、今のハワイの華やかさや上品さを象徴しているともいえます。

ぜひハワイの歴史に触れたのちに宿泊してみませんか?

きっと今までよりもより一層、感慨深く、そして興味深くなることと思います。

カメハメハ大王の邸宅跡(ロイヤル・ハワイアン・ラグジュアリー・コレクション・リゾート)
住所:2259 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国

まとめ

ハワイのカルチャーと歴史に触れる12のスポットをご紹介しました。

気になる場所があった方はぜひ実際に訪れて、ハワイの文化をより身近に感じ取ってくださいね。

それでは良い旅を!

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!