観光

オアフ島で外さない観光スポット17選|ハワイ在住者が選ぶ名所へ


ハワイ・オアフ島といえば、数多くの名所が存在する人気の観光地です。

今回は、オアフ島を訪れたら絶対に行っておきたい名所をジャンル別に合計17ヶ所ご紹介します。

1.オアフ島厳選オススメビーチ6選

オアフ島にはハワイの中でも数多くのビーチがあります。

ここでは、その中から厳選して遊び方や魅力をお伝えしていきます!

1-1.ワイキキビーチ

ハワイといえば、まずワイキキビーチが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

ハワイにはおよそ30近くのビーチがありますがその中でもワイキキビーチは最も有名で、訪れる方が多いビーチです。

海水浴はもちろんですが、ビーチから眺めるサンセットは夕日の輝きで海一面がオレンジに染まりたいへん綺麗です。お昼間とはまた違ったゆったりとした時間を過ごすのにおすすめです。

ワイキキビーチ
住所:〒96815 ハワイ州

1-2.ハナウマ湾

海の透明度が非常に高く、2016年にはホノルル市の自然保護区に指定されるほど美しく綺麗なハナウマ湾。

ハナウマ湾ではシュノーケリングが有名で、カラフルなお魚たちやウミガメと一緒に泳ぐことができます。

またハナウマ湾は広く管理が行き届いているのでお子様連れの方や、シュノーケリングが初めての方でも安心。用具の貸し出し・現地スタッフの方のレッスンが受けられるので思い切って楽しんでください。

ハナウマ湾
住所:〒96825 ハワイ州

1-3.ラニアケアビーチ

ハワイの中心地ワイキキからは距離があるものの、ぜひ時間があったら足を伸ばしていただきたいエリア、ノースショア。

美しい海岸を眺めることのできるノースショアには数多くのビーチがありますが、その中でも特に人気の高いビーチの一つであるのがラニアケアビーチです。

ラニアケアビーチでのウミガメとの遭遇率は驚いたことに99%と言われています。ラニアケアビーチは他のビーチの砂浜の多さに対して砂浜の少ない岩浜になっているため、岩に生えている海藻などを食べにウミガメが来ることから遭遇率が高いのだそうです。

しかし、ウミガメは現在保護動物に指定されているので見つけても触ってはいけません。また、近づくことも禁止されています。

法律で定められていることなので、違反すると罰金を取られるケースもあります。くれぐれも気をつけましょう。

……ところで、「ウミガメに近づいてはいけない」など、ハワイには日本では考えられない法律がいくつもあります。

せっかくの楽しい旅行で罰則金を支払うなんてことがないように、ハワイの法律についても簡単に勉強しておきましょう。

観光客が違反しがちなハワイの7つの法律【いくつ知っていますか?】

ラニアケアビーチ
住所:〒96712 ハワイ州 ノースショア

1-4.ハレイワビーチ

ノースショアの入り口付近に位置していることから玄関口とも呼ばれているハレイワビーチ。

白い砂浜がメインのオアフ島のビーチにしては珍しいブラウンビーチが特徴の一つです。ワイキキに比べて人の数も多くなく過ごしやすい地域なので、ファミリーにもカップルにも、もちろんサーファーにもオススメ。

さらにハレイワの街全体もおしゃれな雑貨屋さんや飲食店が点在しており、1日中楽しむことができます。

ビーチのみならず、ぜひ街にも目を向けて自分だけのお気に入りスポットを見つけてくださいね。

ハレイワビーチ
住所:62-449 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712

1-5.カイルア・ビーチパーク

ワイキキからほど近くに位置するカイルア・ビーチパーク。

貿易風の影響で風が強く、ウィンドサーフィンが盛んに行われています。風を操る姿は日本ではなかなか見ることができないので、ぜひ探してみてください。

海水浴やマリンスポーツの他にも緑が豊かで芝生エリアもありビーチスポーツも楽しめます。トイレやシャワーが完備されており、ライフガードの方も常駐しているので安心して楽しめます。

カイルア・ビーチパーク
住所:526 Kawailoa Rd, Kailua, HI 96734
営業時間:24時間営業
定休日:なし

1-6.アラモアナビーチ

最後にご紹介するビーチはワイキキビーチと並んでオアフ島で有名なビーチ、アラモアナビーチです。なんといっても、横に1kmも続く美しく真っ白な砂浜が私たちの心を魅了します。

アラモアナビーチを海岸沿い、ワイキキ方面に歩いて行くと、ポコっと飛び出した地形に巡り会います。ここは「マジックアイランド」と呼ばれる場所で、人々の憩いのスポットになっています。喧騒から少し遠ざかるため、旅行客にとっては静かに海を楽しむことができると人気なようです。

ときどきウェディングドレスを着た花嫁と花婿が写真撮影を行なっているほど人気の場所。近場で落ち着きのある海を見るならぜひ足を運んでみてくださいね。

アラモアナビーチ
住所:2 Ala Moana Park Dr, Honolulu, HI 96815

 

……このように魅力的なビーチが点在するハワイ。どこに行くべきかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

そんなときは目的から行き先を考えてみてはどうでしょうか?

・子どもと一緒に行くべきビーチ
・夕日がきれいなビーチ
・観光客が少ないビーチ

など、目的に合わせたビーチ選びをするのも面白いかもしれませんね。以下の記事で目的別のビーチを紹介していますので、ぜひご覧ください。

目的別おすすめビーチ!ワイキキ・アラモアナ周辺

2.オアフ島 観光・買い物で訪れたいスポット6選

オアフ島には観光スポットや景色を楽しめる場所、そして美味しいものや良い商品を安く買えるショッピングエリアがたくさんあります。

魅力たっぷりのハワイの観光地とショッピングエリアを厳選して6スポットをご紹介します。観光やショッピングなど、やりたいことがたくさんで迷っているという方はぜひ参考にしてくださいね。

2-1.ダイヤモンドヘッド

View at Diamond Head Crater from football field

ハワイと聞いて思い浮かぶ方も多いと言っても過言ではないほど有名なダイヤモンドヘッドでは、主にトレッキングを楽しめます。

トレッキングは登山ほど大変ではなく、またダイヤモンドヘッドは往復2時間ほどで楽しめ、山頂からはワイキキの海や街を一望できます。

山頂からの景色は非常に美しく、気軽に挑戦できるので是非是非体験してみてはいかがでしょうか?

ダイヤモンドヘッドについては以下の記事でより詳しく紹介しています。

ワイキキの中心部からはどのように行ったら良いのか、どんな服装や足元が良いのかなど、事前準備を整えることできますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

【ハワイ定番】ダイヤモンドヘッドに行くなら知っておきたい3つのこと

ダイヤモンドヘッド
住所:〒96815 ハワイ州 ホノルル

2-2.クアロア牧場

オアフ島で大自然を体感できるクアロア牧場をご存知でしょうか?

広大な自然を四輪バギーで駆け抜けるツアーで、ジュラシックパークやゴジラなどのハリウッド映画の撮影地を巡るツアー・乗馬体験ができます。

シークレットアイランドというプライベートビーチでのんびり過ごすなど、とにかく自然を体感できて遊べるので、ぜひ足を運んでみてください!

クアロア牧場
住所:49-560 Kamehameha Hwy, Kaneohe, HI 96744
営業時間:7:30~18:00
定休日:なし

2-3.ココヘッドクレータートレイル

標高368m、1048m急勾配の一本道が続くココヘッドクレータートレイル。

トレッキング初心者の方には頂上まで向かうのは少し大変かもしれませんが、登頂した際に見えるダイヤモンドヘッドやハナウマ湾を見渡す景色は言葉では表現できないほどの美しさなので、ぜひご自身の目で確かめてみてもらえればと思います。

実際に登る際には水分・スニーカー・タオル・日差し対策を忘れずに。

ココヘッドクレータートレイル
住所:〒96825 ハワイ州 ホノルル

2-4.KCCファーマーズマーケット

毎週土曜の午前に開催され、ハワイ最大のファーマーズマーケットと言っても過言ではないKCCファーマーズマーケット(直売市)。火曜日の夕方にも開催されていますが、出店店舗数が多い土曜日に出かけるのがおすすめです。

日本のお祭りのイメージに近く、観光客も多いイベントです。日本語が通じるお店も多いので安心して楽しめます。

ローカルフラワー、フレッシュフルーツ、ローカルフードなどのレストランではなかなか味わえないハワイならではのものが雰囲気とともに体験できます。

このマーケットに行ったらぜひチェックして欲しいのは、甘さ控えめで大人味のジンジャーエール、ロコに愛されるククイソーセージのオリジナル・アンド・スパイシーソーセージ・オン・スティック、ハワイ近海で採れるアワビです。

その他にも魅力的なフードはたくさんあるので、お気に入りの一品を見つける楽しみも素敵ですね。

以下の記事ではKCCファーマーズマーケットの他にも、ハワイで代表的なファーマーズマーケットを計五ヶ所紹介しています。

マーケットによって特徴はさまざまです。地元の方が夕食で利用する場所だったり、フルーツを中心に販売されていたり。地域に根づいて、各々異なるのもユニークな点ですよね。

それぞれの開催時間や特徴などを記載しているので、気になった方はぜひご覧ください。ローカルな空気感が好きな方はきっと気に入る場所があると思います。

ハワイ旅行で絶対に訪れるべきファーマーズマーケット5選

KCCファーマーズマーケット
住所:4303 Diamond Head Rd, Honolulu, HI 96816
開催日:火曜16:00~19:00 土曜7:30~11:00

2-5.ロイヤルハワイアンセンター

ワイキキの中心部にありカラカウア通りに面したワイキキ最大のショッピング・エンターテインメント施設、ロイヤルハワイアンセンター。

観光客から現地の方まで常に多くの人が行き交っており、カルティエ、エルメス、フェラガモ、ハリーウィンストンなどの高級ブティックが点在しています。

ケイトスペイド、ジミーチュウ、トリーバーチなどのセレクトショップ、さらにはハワイのお土産や生活用品までありとあらゆるものが揃うのも魅力のひとつです。

またハワイで有名なレストラン・ダイニング、フードコート、カフェがあり、くつろげる空間からディナーを楽しめるお店まで多数用意されています。

ロイヤルハワイアンセンターの魅力として一番にお伝えしたいのは、ハワイアンカルチャーを無料で楽しめるアクティビティが用意されていることです。

本場のフラを鑑賞できたり、ウクレレレッスンを受けられたり、レイ・メイキングレッスン(生花を使った花輪作り体験)など、実にバラエティ豊かなアクティビティが体験できます。

ハワイの食・文化・買い物が一挙に楽しめるロイヤルハワイアンセンターは一見の価値ありですね。

ロイヤルハワイアンセンター
住所:2201 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:10:00~22:00
定休日: なし

2-6.ワイケレプレミアムアウトレット

2015年にリニューアルオープンしたワイケレプレミアムアウトレットは様々なブランド品がおよそ25%~65%ほど安く販売されています。

アルマーニ・エクスチェンジ、ケイトスペード、コーチ、ポロラルフローレン、マイケルコースなどなど日本でも人気の有名ブランドも多数揃っています。

ワイキキからは車で30分ほどと、やや遠くに感じる方もいるかもしれませんが、ハワイの美しい景色や風を楽しみながらの30分はあっという間。

特に、ワイケレプレミアムアウトレットのあるオアフ島西部は美しい住宅街としても有名なので、お買い物ついでに周りの澄んだ空気もご堪能ください。

さらに、独立記念日や感謝祭時期などのイベントシーズンにはお得な商品がより安く購入できることもあるので是非それらの時期をお見逃しなく。

ここでは紹介しきれなかった値下がり率の高い有名ブランドの一覧や、車以外の交通手段。そしてオトクなクーポン情報など、ワイケレプレミアムアウトレットをより充実させるポイントをまとめた記事がこちらになります。

当アロハスマイルでも時期を問わず読まれている人気記事ですので、ワイケレアウトレットについて興味を持たれた方はぜひご覧くださいませ!

ハワイのワイケレアウトレットを徹底解説|行き方からクーポンまで

ワイケレプレミアムアウトレット
住所:94-790 Lumiaina Street Waipahu, HI 96797
営業時間:月~土9:00-21:00 日10:00-18:00
定休日:なし

3.楽しむだけじゃない、ハワイと日本の文化と歴史を学ぶスポット5選


ハワイの歴史は真珠湾戦争など日本と非常に深い結びつきがあり、戦争当時の戦艦や戦車など日本ではなかなか目にすることのできない実物を見ることのできる施設があります。

ここではハワイで歴史を感じることのできるスポットを、おすすめポイントとともに紹介していきます。

3-1.戦艦ミズーリー号記念館

第二次世界大戦、湾岸戦争までの間活躍した戦艦ミズーリー号。

全長270mに16インチの主砲を備えた大型の戦艦です。本物のミサイル砲がそのまま見学ができ、日本語が話せるツアーガイドが常駐しているので一つ一つの展示を理解しながら進むことができます。

日本の降伏文書調印式の会場や神風特攻隊の攻撃のあとが残り、戦争当時の様子から日本の今の平和が築きあげられる過程を知ることができるので、日本人として戦争を考える良い機会になるでしょう。

戦艦ミズーリー号記念館
住所:63 Cowpens St, Honolulu, HI 96818 アメリカ合衆国
営業時間:チケット窓口 USSアリゾナ記念館内7:00〜15:00
開館時間 8:00〜16:00
※6・7・8月のみ 8:00〜17:00
休館日:元日・感謝祭・クリスマス

3-2.国立太平洋記念墓地

第一次世界大戦・第二次世界大戦・朝鮮戦争・ベトナム戦争で戦死したおよそ35万人の兵士の命が集まる国立太平洋記念墓地。

真珠湾戦争で命を落としたハワイの人々もこの地に眠っています。日本とハワイの結びつきを深く感じられ、平成21年には天皇皇后両陛下も訪れた場所なので現代の日本とも関わりのある場所です。

国立太平洋記念墓地自体がクレーターの形状で高台からはホノルルの景色やダイヤモンドヘッド・ワイキキビーチの一望できまた夜には素敵な夜景が見えます。

国立太平洋記念墓地
住所:2177 Puowaina Dr, Honolulu, HI 96813 アメリカ合衆国
営業時間:8:00~18:30
定休日:なし

3-3.アリゾナ記念館

オアフ島に位置し、1941年の日本の真珠湾攻撃で命を落とした乗組員1102名慰霊、さらに撃墜された戦艦アリゾナ、真珠湾攻撃そのものを記念する施設として建てられたアリゾナ記念館。

ツアーでは日本語の解説オーディオや敷地内の博物館の展示品の解説。また真珠湾攻撃の様子を表したフィルムもあるので、戦争の悲惨さをしっかりと学ぶこともできます。

アリゾナ記念館
住所:1 Arizona Memorial Pl, Honolulu, HI 96818 アメリカ合衆国
営業時間:7:00~17:00
アリゾナ メモリアル ツアーズ 8:00~15:00に運航 (予約不可、先着順)
休館日:元日・感謝祭・クリスマス

3-4.ハワイアメリカ陸軍博物館

アメリカ軍の要塞をそのまま施設としたハワイアメリカ陸軍博物館は入場無料。

入り口にはアメリカ軍の戦車・日本軍の戦車が展示されていて大きさを比較することができます。中へ進むとアメリカ軍の歴史や当時使われていた武器の展示資料・真珠湾戦争の様子を学ぶことができる場所です。

日本人にはあまり知られていない、米国の日系部隊(米国側として戦った日本人)が第二次世界大戦で活躍した様子を見る貴重な体験ができます。

ハワイアメリカ陸軍博物館
住所:2161 Kalia Rd, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:火曜〜土曜10時00分~17時00分
定休日:日曜・月曜

3-5.ハワイプランテーションビレッジ

1992年にオアフ島ワイパフに設立され、サトウキビ農園で働いていた日本・中国・韓国・フィリピンなどの移民時代の歴史を知ることのできる貴重な文化施設ハワイプランテーションビレッジ。

農園労働者の暮らしていた様子を忠実に再現し、床屋・公共浴場・商店など当時の建物様子を学ぶことができます。

ハワイでは戦争に関する施設が多数ありますが、移民の歴史を取り上げている場所はなかなかありません。ハワイの歴史をより深く知りたいという方はぜひ足を運んでください。

ハワイプランテーションビレッジ
住所:94-695 Waipahu St., Waipahu
営業時間:10時~14時
定休日:日曜日

いかがだったでしょうか?

オアフ島のおすすめビーチからお買い物スポット、歴史文化を学べる施設まで魅力を紹介しました! オアフ島で行き先を選ぶ際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!