観光

オアフ島のおすすめ観光名所・スポット50選|ホテル・グルメ・ビーチ


ホノルル

みなさんが頭に思い描くハワイは、おそらく「オアフ島」の景色でしょう。

州都ホノルルを擁(よう)するオアフ島は、いくつもの美しいビーチ、魅力的なホテル、観光スポットなどに恵まれ、政治・経済・観光の中心として世界中から愛され続けています。

今回はオアフ島の魅力を総まとめ。この記事を読めば、オアフ島で何が楽しめるのかを一通り知ることができます。

  • ビーチ
  • 観光スポット
  • レストラン
  • ホテル
  • ショッピングスポット
  • オプショナルツアー

などなど。オアフ島の魅力をまとめてご紹介します!

Contents

▼オアフ島とは:ハワイ島の中心地

まずはじめに、オアフ島の簡単な概要をご紹介します。

ハワイ州最大の人口を誇るオアフ島。なんとハワイ人口の8割がオアフ島に住んでいるというのですから、この島がどれだけハワイの中心として栄えているのかが伺えますね。

ハワイ最大の空港「ダニエル・K・イノウエ国際空港」もオアフ島にあり、ハワイの他諸島への乗り継ぎの拠点となっています。

平均気温が25度前後という温暖な気候のもと、多くのアクティビティが活発に行われています。

とくにサーフィンの名所であり、冬季には高波が打ち付けることから世界中のサーファーが集います。また、大会も盛んに開催されています。

州都であるホノルルに主要施設が集中しており、これから紹介するスポットも、ほとんどがホノルルに存在しています。

▼オアフ島の絶景、おすすめビーチ5選

それでは、いよいよオアフ島の魅力に迫っていきます。

まずはアクティビティの拠点ともなるビーチをご紹介します。

ビーチによって特徴も異なり、目的に合わせて最適な場所に訪れるのがより充実した時間を過ごすコツといえるでしょう!

オアフ島の魅力的なビーチをご覧ください。

1. ワイキキビーチ

ハワイといえば、まずワイキキビーチが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

ハワイにはおよそ30近くのビーチがありますがその中でもワイキキビーチは最も有名で、訪れる方が多いビーチです。

海水浴はもちろんですが、ビーチから眺めるサンセットは夕日の輝きで海一面がオレンジに染まりたいへん綺麗です。お昼間とはまた違ったゆったりとした時間を過ごすのにおすすめです。

▼詳細情報
住所:〒96815 ハワイ州

2. ハナウマ湾

海の透明度が非常に高く、2016年にはホノルル市の自然保護区に指定されるほど美しく綺麗なハナウマ湾。

ハナウマ湾ではシュノーケリングが有名で、カラフルな魚たちと一緒に泳ぐことができます。

またハナウマ湾は管理が行き届いているのでお子様連れの方や、シュノーケリングが初めての方でも安心。用具の貸し出し・現地スタッフの方のレッスンが受けられるので思い切って楽しんでください。

▼詳細情報
住所:〒96825 ハワイ州

3. ラニアケアビーチ

ハワイの中心地ワイキキからは距離があるものの、ぜひ足を伸ばしていただきたいエリアがノースショアです。

美しい海岸を眺めることのできるノースショアには数多くのビーチがありますが、その中でも特に人気の高いビーチの一つであるのがラニアケアビーチです。

ラニアケアビーチでのウミガメとの遭遇率は驚いたことに99%と言われています。ラニアケアビーチは他のビーチの砂浜の多さに対して砂浜の少ない岩浜になっているため、岩に生えている海藻などを食べにウミガメが来ることから遭遇率が高いのだそうです。

しかし、ウミガメは現在保護動物に指定されているので見つけても触ってはいけません。また、近づくことも禁止されています。

法律で定められていることなので、違反すると罰金を取られるケースもあります。くれぐれも気をつけましょう。

……ところで、「ウミガメに近づいてはいけない」など、ハワイには日本では考えられない法律がいくつもあります。

せっかくの楽しい旅行で罰則金を支払うなんてことがないように、ハワイの法律についても簡単に勉強しておきましょう。

観光客が違反しがちなハワイの7つの法律【いくつ知っていますか?】

▼詳細情報
住所:〒96712 ハワイ州 ノースショア

4. ハレイワビーチ

ノースショアの入り口付近に位置していることから玄関口とも呼ばれているハレイワビーチ。

白い砂浜がメインのオアフ島には珍しい、ブラウンの砂が特徴のビーチです。ワイキキに比べて人の数も多くなく過ごしやすい地域なので、ファミリーにもカップルにも、もちろんサーファーにもオススメ。

さらにハレイワの街全体もおしゃれな雑貨屋さんや飲食店が点在しており、周辺で1日中楽しむことができるでしょう。

ビーチのみならず、ぜひ街にも目を向けて自分だけのお気に入りスポットを見つけてくださいね。

▼詳細情報
住所:62-449 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712

5. アラモアナビーチ

最後にご紹介するビーチはワイキキビーチと並んでオアフ島で有名なビーチ、アラモアナビーチです。なんといっても、横に1kmも続く美しく真っ白な砂浜が観光客をを魅了し続けています。

アラモアナビーチを海岸沿い、ワイキキ方面に歩いて行くと、ポコっと飛び出した地形に巡り会います。ここは「マジックアイランド」と呼ばれる場所で、人々の憩いのスポットになっています。喧騒から少し遠ざかるため、旅行客にとっては静かに海を楽しむことができると人気なようです。

ウェディングドレスを着た花嫁と花婿が写真撮影を行うのもよく見る光景です。

近場で落ち着きのある海を見るならぜひ足を運んでみてくださいね。

▼詳細情報
住所:2 Ala Moana Park Dr, Honolulu, HI 96815

▼オアフ島で自然を満喫する観光スポット5選

広大な自然と空

オアフ島の自然はビーチだけではありません。

雄大な火山や木々、夜景の美しい丘、広々とした植物公園など、見どころは尽きません。

続いては、自然を満喫できる観光スポットをご紹介します。

6. ダイヤモンドヘッド

View at Diamond Head Crater from football field

ハワイと聞いて真っ先に思い浮かぶ方も多いダイヤモンドヘッドでは、主にトレッキングを楽しむことができます。

トレッキングは登山ほど大変ではなく、気軽に楽しむことができます。ダイヤモンドヘッドは山頂まで往復で2時間ほど。山頂からはワイキキの海や街を一望することができます。

山頂からの景色は非常に美しいので、ぜひトレッキングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

ダイヤモンドヘッドについては以下の記事でより詳しく紹介しています。

ワイキキの中心部からはどのように行ったら良いのか、どんな服装や足元が良いのかなど、事前準備を整えることできますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

【ハワイ定番】ダイヤモンドヘッドに行くなら知っておきたい3つのこと

▼詳細情報
住所:〒96815 ハワイ州 ホノルル

7. クアロア牧場

オアフ島で大自然を体感できるクアロア牧場をご存知でしょうか?

広大な自然を四輪バギーで駆け抜けるツアーで、ジュラシックパークやゴジラなどのハリウッド映画の撮影地を巡るツアー・乗馬体験もできます。

シークレットアイランドというプライベートビーチでのんびり過ごすなど、とにかく自然を体感できて遊べるので、ちょっと違った体験がしたい方におすすめのスポットです。

▼詳細情報
住所:49-560 Kamehameha Hwy, Kaneohe, HI 96744
開放時間:07時30分~18時00分
定休日:なし

8. ココヘッドクレータートレイル

ココヘッド

標高368m、1048m急勾配の一本道が続くココヘッドクレータートレイル。

トレッキング初心者の方には頂上まで向かうのは少し大変かもしれませんが、登頂した際に見えるダイヤモンドヘッドやハナウマ湾を見渡す景色は言葉では表現できないほどの美しさです

登る際には水分・スニーカー・タオル・日差し対策を忘れずに!

▼詳細情報
住所:〒96825 ハワイ州 ホノルル

9. モアナルア ガーデン

モルアンナガーデン

モアナルアガーデンには、多くの日本人が見慣れた大樹があります。

「この木なんの木、気になる木」というフレーズのCMに聞き覚えはありませんが? 何を隠そうこの撮影地がモアナルアガーデンなのです。

モンキーポッドと呼ばれるこの大樹の樹齢はなんと100年にも及ぶそうです。

緑豊かなモアナルアガーデンは、観光客だけでなく現地の方々の憩いスポットでもあります。ハワイの新鮮な空気を吸い込み、のんびり過ごすのはいかがでしょうか?

▼詳細情報
住所:2850 Moanalua Road A, Honolulu, HI 96819
開放時間:08時00分~17時00分

10. タンタラスの丘

タンタラスの丘

「タンタラスの丘」は、コオラウ山脈の一部がせり出した小さな丘です。中腹にあるパーキングエリアまでは、車で行くことができます。

この丘の最大に魅力は、何と言っても夜景です。ワイキキの高層ビル群、ダイアモンドヘッド、そして連なる海。これらを気軽に一望できるということで、連日観光客が足を運んでいます。

レンタカーでも行くことができますが、このためだけにレンタカーを借りるのであればオプショナルツアーを予約するのも良いでしょう。

▼詳細情報
住所:Nutridge St, Honolulu, HI 96822
開放時間:07時00分~19時45分

▼オアフ島の文化・歴史に触れる観光スポット10選

オアフ島には自然だけでなく、文化や歴史に触れることができる観光スポットも多数存在します。

美術館や博物館、また島のシンボルとして立っている彫像まで。続いてはオアフ島の魅力をより深く知ることができる観光スポットをご紹介します。

11. 戦艦ミズーリー号記念館

第二次世界大戦、湾岸戦争までの間活躍した戦艦ミズーリー号。

全長270mに16インチの主砲を備えた大型の戦艦です。実際に使われたミサイル砲がそのまま見学ができ、日本語が話せるツアーガイドが常駐しているので一つ一つの展示について理解を深めることができます。

日本の降伏文書調印式の会場や神風特攻隊の攻撃のあとが残り、戦争当時の様子から日本の今の平和が築きあげられる過程を知ることができます。日本人として、戦争を考える良い機会になるのではないでしょうか。

▼詳細情報
住所:63 Cowpens St, Honolulu, HI 96818 アメリカ合衆国
営業時間:チケット窓口 USSアリゾナ記念館内7:00〜15:00
開館時間 :8:00〜16:00
※6・7・8月のみ 8:00〜17:00
休館日:元日・感謝祭・クリスマス
公式サイト:https://ussmissouri.org/jp/

12. 国立太平洋記念墓地

第一次世界大戦・第二次世界大戦・朝鮮戦争・ベトナム戦争で戦死したおよそ35万人の兵士の命が集まる国立太平洋記念墓地。

真珠湾戦争で命を落としたハワイの人々もこの地に眠っています。平成21年には天皇皇后両陛下も訪れた場所であり、現代の日本とも関わりのある場所といえます。

国立太平洋記念墓地自体がクレーター状で、高台からはホノルルの景色やダイヤモンドヘッドからワイキキビーチまでを一望することができます。

▼詳細情報
住所:2177 Puowaina Dr, Honolulu, HI 96813 アメリカ合衆国
営業時間:08時00分~18時30分
公式サイト:https://www.cem.va.gov/cems/nchp/nmcp.asp

13. アリゾナ記念館

オアフ島に位置し、1941年の日本の真珠湾攻撃で命を落とした乗組員1102名の慰霊、さらに撃墜された戦艦アリゾナの乗組員まで。真珠湾攻撃そのものを記念する施設として建てられたのがアリゾナ記念館です。

ツアーでは日本語の解説音声を聞きながら敷地内の博物館の展示品を見学することができます。また真珠湾攻撃の様子を表したフィルムもあり、戦争の悲惨さを学ぶことができるでしょう。

▼詳細情報
住所:1 Arizona Memorial Pl, Honolulu, HI 96818
営業時間:07時00分~17時00分
アリゾナ メモリアル ツアーズ 8:00~15:00に運航 (予約不可、先着順)
休館日:元日・感謝祭・クリスマス

14. ハワイアメリカ陸軍博物館

パールハーバー

アメリカ軍の要塞をそのまま施設としたのがハワイアメリカ陸軍博物館です。

入り口にはアメリカ軍の戦車と日本軍の戦車が展示されており、大きさを比較することができます。

中へ進むとアメリカ軍の歴史や当時使われていた武器の展示資料を交え、真珠湾戦争の様子を学ぶことができるようになっています。

日本人にはあまり知られていない、米国の日系部隊(米国側として戦った日本人)が第二次世界大戦で活躍した様子を見て学ぶ、貴重な体験ができるでしょう。

▼詳細情報
住所:2161 Kalia Rd, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:火曜〜土曜10時00分~17時00分
定休日:日・月曜日
公式サイト:http://www.hiarmymuseumsoc.org/

15. ハワイプランテーションビレッジ

1992年にオアフ島ワイパフに設立され、サトウキビ農園で働いていた日本・中国・韓国・フィリピンなどの移民時代の歴史を知ることのできる貴重な文化施設がハワイプランテーションビレッジです。

農園労働者の暮らしていた様子を忠実に再現し、床屋・公共浴場・商店など当時の建物様子を学ぶことができます。

ハワイでは戦争に関する施設が多数ありますが、移民の歴史を取り上げている場所はなかなかありません。ハワイの歴史をより深く知りたいという方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

▼詳細情報
住所:94-695 Waipahu St., Waipahu
営業時間:10時00分~14時00分
定休日:日曜日
公式サイト:http://www.hawaiiplantationvillage.org/

16. ホノルル美術館

Honolulu Museum of Art

ダウンタウンに位置する「ホノルル美術館」。ハワイの美術品はもちろんのこと、ヨーロッパやアジアまで、さまざまな国と地域の美術品を展示しています。

日本の伝統的な作品や、漫画家の展覧会などもを行われるのだとか。私たち日本人にとっては嬉しいポイントですね。

入館料のみで参加できる日本語ガイドツアーもあるということで、より理解を深めることができるのではないでしょうか?
※ガイドツアーは火~土で開催、10:00AM~12:00PM 予約不要

▼詳細情報
住所:900 S. Beretania St., Honolulu
営業時間:10時00分~16時30分
(日曜日:13時00分~17時00分)
定休日:月曜日
公式HP:https://honolulumuseum.org/

17. ハワイ州立美術館

ハワイの作品を中心に展示しているのが「ハワイ州立美術館」です。

ハワイの芸術家たちが込めたハワイアンスピリッツを感じられる作品が、全360点ほど展示されています。

先述のホノルル美術館もそうですが、館内はなんと写真撮影が可能(フラッシュ厳禁)。日本とは異なるラフな雰囲気の中、一風変わった芸術鑑賞はいかがでしょうか?

▼詳細情報
住所:250 South Hotel St, Second Floor, Honolulu, HI 96813
営業時間:10時00分~16時00分
定休日:日・月曜日

18. デューク カハナモク像

デューク・カハナモク

ワイキキビーチにある銅像といえば「デューク カハナモク像」です。花の首飾りを両手いっぱいに抱え、ハワイの人々を見守り続けています。

モデルとなったデューク・パオア・カハナモクは伝説のサーファーであり、彼の生誕100周年を記念してこの像が建立されました。

彼は“世界最高のウォーターマン”と呼ばれていました。ハワイスポーツを有名にしたという功績により、いまの姿に至ったというわけですね。

▼詳細情報
所在地:Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815

19. カメハメハ大王像

カメハメハ大王像

銅像といえば「カメハメハ大王像」を忘れてはいけません。

イオラニ宮殿から道路を挟んで真向かい、ハワイ州最高裁判所の前この像は立っています。

日本でもよく知られるカメハメハ大王は、ハワイ諸島を統一した人物としていまも語り継がれています。

ハワイを統一したのは1810年とされているので、200年以上に渡ってハワイの人々に親しまれているのです。

お土産屋さんでカメハメハ大王像のミニチュアを見かけることがあるかもしれませんが、ハワイを訪れたらぜひ実物を見たいところですね。

▼詳細情報
所在地:447 S King St, Honolulu, HI 96813

20. セントオーガスティンカトリック教会

 

#セントオーガスティン教会#st Augustin’s Catholic churuh#カトリック#教会#ステンドグラス #景色#風景

seiyaさん(@holy_night0429)がシェアした投稿 –

穴場観光スポットとしてご紹介したいのがこの「セントオーガスティンカトリック教会」です。

ハワイの結婚式場としても知られる教会ですが、ミサの時間には観光することも可能。

美しいステンドグラスが天井一面に広がり、ワイキキであることを忘れてしまう荘厳な空間を味わうことができます。

結婚はまだだけど……、というカップルは気持ちも盛り上がるのではないでしょうか?

▼詳細情報
住所:130 Ohua Ave, Honolulu, HI 96815
公式HP:http://staugustinebythesea.com/

▼オアフ島の時間を上質に変えるホテル10選

Hotel Room

観光地であるオアフ島は、もちろんホテルも充実しています。むしろ豊富すぎるがゆえに選ぶのが困難なほど。

そこで、続いてはオアフ島でおすすめのホテルを“目的別”に紹介していきます。

どのようなタイミングで、誰と一緒に行くのかなども合わせてご覧ください!

21. アラモアナ ホテル【女子旅に】

女子旅でのホテルを検討するなら「アラモアナ ホテル」はどうでしょうか?

ハワイ最大級のショッピングモール、アラモアナセンターに隣り合った立地に建てられているため、買い物した荷物を部屋に置きに戻るなどといったことも可能です。

ホテル内の設備も充実しています。カフェやレストランはもちろんのこと、プールやスパまで。ホテルにいながらリゾートをまるごと満喫することができるでしょう。

▼詳細情報
住所:410 Atkinson Dr, Honolulu, HI 96814
公式HP:http://jp.alamoanahotel.com/

22. ザ サーフジャック ホテル & スイムクラブ【女子旅に】

サーフジャックホテル、ロビー

2016年に改築を終えたばかりの「ザ サーフジャック ホテル & スイムクラブ」も、女子旅におすすめのホテルです。

いわゆるブティックホテルとして知られ、内装はおしゃれで上質。敷地内のプールや部屋のインテリアに至るまで、高級感あふれる空間となっています。

ワイキキの中心に位置しているので、各スポットへのアクセスも抜群。ホテルで貸し出している自転車で出かけることができるのも便利なポイントです。

▼詳細情報
住所:412 Lewers Street Honolulu, HI 96815
公式HP:http://surfjack.jp/

▼「ザ サーフジャック ホテル & スイムクラブ」の詳細はこちらから!

【おすすめ】人気爆発が止まらない!ハワイ・サーフジャックホテルに魅了されよう

23. ホリデイ イン リゾート ワイキキ ビーチコマー【男旅に】

男旅には「ホリデイ イン リゾート ワイキキ ビーチコマー」がおすすめ。ワイキキビーチまで徒歩3分という立地なので、十分に海を満喫することができます。

ホテルのそばには大規模なショッピングモール「ロイヤル ハワイアン センター」もあり、お買い物も楽しむことができます。

ホテルを拠点に旅行を楽しみたい男旅にぜひどうぞ。

▼詳細情報
住所:2300 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
公式HP:http://www.waikikibeachcomberresort.com/japanese

24. アンバサダー ホテル ワイキキ【男旅に】

宿泊費を安価に抑えたいなら「アンバサダー ホテル ワイキキ」がおすすめです。

男同士の旅行では「ホテルは寝られればいい!」というプランも合ってしかるべきでしょう。

そうはいってもホテルの質が悪いわけではありません。キッチンがついている部屋などもあり、スーパーで買った食材を料理するといった、ハワイの生活を疑似体験できるような楽しみ方も可能です。

また4泊以上は長期滞在割引が適用されます。男同士の旅行で比較的長期間滞在される場合は、このホテルが有力な候補ではないでしょうか?

▼詳細情報
住所:2040 Kuhio Ave, Honolulu, HI 96815
公式HP:https://www.ambassadorwaikiki.com/ja

25. ステイ ホテル ワイキキ【一人旅に】

「ステイ ホテル ワイキキ」は、改装工事が行われてからそう時間が立っておらず、まだ新しさの残る綺麗なホテルです。

リーズナブルながらも清潔な室内。一人旅など低予算でのハワイ旅行に優しいホテルと言えるでしょう。

客室に無料Wi-Fiも完備しています。

▼詳細情報
住所:2424 Koa Ave, Honolulu, HI
公式HP:http://www.stayhotelwaikiki.com/

26. ワイキキ ビーチサイド ホステル【一人旅に】

ホテルではないですが、宿泊施設ということで「ワイキキ ビーチサイド ホステル」をご紹介します。

ドミトリー(相部屋)タイプの客室で、安価に宿泊することができます。

世界中のバックパッカーと交流を楽しむことで、ハワイ旅行が一層ユニークなものになるでしょう。

▼詳細情報
住所:2556 Lemon Rd b101, Honolulu, HI
公式HP:http://www.waikikibeachsidehostel.com/

27. プリンス ワイキキ【デート旅行に】

カップルで行くハワイには、「プリンス・ワイキキ」がおすすめです。

このホテルは何と言っても全客室がオーシャンフロントという特徴があります。昼でも夜でも一日中美しい海を見渡すことができるのです。

ワイキキ ビーチ、アラモアナ ビーチ パークからはそれぞれ歩いて数分という好立地。ハワイの海が大好きなカップルはこちらのホテルがおすすめです。

▼詳細情報
住所:100 Holomoana St, Honolulu, HI 96815
公式HP:http://jp.princewaikiki.com/

28. ザ モダン ホノルル【デート旅行に】

「ザ・モダン・ホノルル」は、都会的で洗練された大人な旅を提供するホテルとして人気が高まっています。

白を基調としたスタイリッシュな客室。著名な建築家がデザインしたこのホテルは、大人の男女にぴったりな空間といえるでしょう。

プリンスワイキキのすぐ横に位置しているのですが、日本人にはあまり知られていない穴場ホテルと呼ばれているのだとか。

▼詳細情報
住所:1775 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96815
公式HP:http://www.themodernhonolulu.jp/

29. ハレクラニ ホテル【新婚旅行向に】

ハレクラニ

最後に紹介するのが新婚旅行向けのホテルです。

ハワイのホテルといえば最も名高いのが「ハレクラニ」です。

ハワイ語で「天国にふさわしい館」という意味を持ち、ハワイの高級ホテルとして100年に渡り愛され続けています。

全ての時間が上質なものになるハレクラニで、一生の思い出になる新婚旅行を過ごしてみませんか?

▼詳細情報
住所:2199 Kalia Rd, Honolulu, HI
公式HP:https://www.halekulani.jp/

▼「ハレクラニ ホテル」についての詳細はこちらから!

ハワイのハレクラニ|一流ホテルで上質な時間と体験を味わおう

30. ロイヤル ハワイアン ホテル【新婚旅行に】

ロイヤル ハワイアン ホテル外観

新婚旅行向けにもう一つ紹介したのが「ロイヤル ハワイアン ホテル」です。“太平洋のピンクパレス”の愛称で100年近く親しまれ続けていきました。

優雅でクラシカルな内装に、上品な客室。ワイキキビーチ随一のプライベートビーチも所有しており、楽園ハワイを余すことなく体感することができるでしょう。

王族にも愛されたこのホテルに宿泊すれば、決して忘れられない新婚旅行となるでしょう。

▼詳細情報
住所:2259 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
公式HP:http://jp.royal-hawaiian.com/

▼「ロイヤル ハワイアン ホテル」の詳細はこちらから!

ハワイ・ロイヤルハワイアン5つの魅力!おすすめレストランも紹介

>次のページでは、オアフ島の「レストラン」「ショッピング」「ツアー」をご紹介!<

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!