観光

ハワイ・ホノルル観光の穴場スポット15選|現地在住者おすすめの名所


せっかくのハワイ旅行だけど、定番の観光名所はちょっと……、という方はいませんか?

今回はハワイリピーターの方にも知っていただきたい現地在住者イチオシの穴場スポットをご紹介します。

意外と知られていないハワイ穴場スポット紹介

ハワイの観光名所といえば、ワイキキビーチやダイヤモンドヘッドなど様々な場所があります。

しかし今回は、よく知られている名所ではなくあまり知られていない穴場なスポットをご紹介していきます。

1.スピッティングケーブオブポートロック

ポートロックの高級住宅街を車で走り抜けると徐々に姿を現してくるのは”A Hidden gem”「隠れた秘宝」と呼ばれるほど美しいスピッティングケーブです。

「スピッティング」は日本語で”唾を吐く”という意味で、崖に空いている穴に波が勢いよくぶつかった際に海水が吹き出している様子にちなんで名前がつけられました。

溶岩が流れ出ているように見える岩肌は、激しい波が何十年に渡りぶつかり続け少しずつ削られたことによりできたものです。

高さ18mの崖の上からは青々とした海とダイヤモンドヘッドを一望することもできます。

眺めていると自然と時間が経つのを忘れてしまいそうです。

▼詳細情報
住所:7 Lumahai St, Honolulu, HI 96825 アメリカ合衆国

2.セントオーガスティンカトリック教会

 

#セントオーガスティン教会#st Augustin’s Catholic churuh#カトリック#教会#ステンドグラス #景色#風景

seiyaさん(@holy_night0429)がシェアした投稿 –

ハワイの結婚式場としてもよく知られているセントオーガスティンカトリック教会。なんとここ、観光で入れるのをご存知でしょうか?

足を一歩踏み入れると、美しいブルーベースのステンドグラスが壁や天井一面に広がっています。

ワイキキの喧騒を忘れてしまうほど静寂した空間が待ち受けているのです。

高く設計された教会の天井。幻想的な空間で日常を忘れたひと時を過ごすこともできる場所です。

クリスマスの時期にはミサ(礼拝)を体験することができます。日本で過ごすのとは一味違う静かで穏やかなクリスマスを送ってみるのはいかかでしょうか?

▼詳細情報
住所: 130 Ohua Ave, Honolulu, HI 96815

3.インターナショナルマーケットプレイス

2016年8月25日にリニューアルオープンしたインターナショナルマーケットプレイスはおよそ75軒のお店が立ち並ぶショッピングモール。

モール内の中心には、樹齢100年を超えるバニヤンツリーと呼ばれるハワイ固有の菩提樹が1階から3階にかけてそびえ立っています。

吹き抜けの天井から溢れてくる木漏れ日は、足元のスペースを憩いの場に変えています。

またツリーハウスの中にはハワイの歴史を学べる展示など様々な施設が設けられています。

おすすめなのが、無料で楽しめるフラのショーです。時間は30分ほどですが男性が踊るフラショーやタヒチアンダンスといったユニークなショーは必見。

時期によって開催されている時間が異なるので足を運ぶ際には事前にチェックしてみてくださいね。

イベント情報はこちらから。
http://ja.shopinternationalmarketplace.com/

▼詳細情報
住所:2330 Kalakaua Ave, Honolulu, Oahu, HI 96815
営業時間: 10:00 ~ 22:00
定休日: なし

4.ホオマルヒア植物公園

オアフ島の北東部に位置し400エーカー(約1,6平方km)の広大なを有するホオアルヒア植物公園。無料で入場することができます。

ホオアルヒア植物公園の名前は”平安と穏やかさ”が由来で、木々に囲まれ緑が豊かなので心を穏やかにしてくれることでしょう。

ハワイ・東南アジア・アフリカ・熱帯アメリカの植物観賞ができ、キャッチ&リリースの魚釣りも体験できます。

魚釣りができる湖周辺には、現地の人々に人気のピクニックエリアでもあります。ぜひお弁当を持って足を運んでみてください。

▼詳細情報
住所:45-680 Luluku Rd, Kaneohe, HI 96744 アメリカ合衆国
営業時間: 9:00-16:00
定休日:なし

5.シークレットビーチ

クアロア・ランチからボートに揺られたところにひっそりたたずむシークレットビーチをご存知でしょうか?

魅力は他のビーチではなかなかできない陸で遊べるアクティビティが豊富に用意されていることです。

このシークレットビーチには木陰が多くあります。ハンモックでのんびり過ごしたり、ビーチバレーなどのアクティビティを楽しんだりして過ごすことができます。

マリンスポーツも盛んでパドルボード、カヤック、シュノーケリングで熱帯魚と触れ会うアクティビティも人気。

なおシークレットビーチは、クアロア牧場所有のシークレットアイランド内にあるプライベートビーチなので、牧場のツアーに参加が必要になります。

予約はこちらから。
http://www.kualoa.jp/Activities.aspx

▼詳細情報
住所:〒96741 ハワイ州アメリカ合衆国

6.グレイズビーチ

 

今日のサンセット。 #ハワイ#バカンス #夕焼け#グレイズビーチ#ワイキキ

mariさん(@mariari1974)がシェアした投稿 –

グレイズビーチはハレクラニ付近にあるため、人通りは多いもののプライベート感のあるビーチとしてオススメできます。

グレイスビーチは淡いブルーが特徴的なビーチです。他の海とは違って、湧き出した真水と海水が混じり合うことでサンゴ礁がなく、そのため淡いブルーに見えるのです。

ここは古代ハワイアンが傷を癒すために訪れた「カヴェヘヴェ」と呼ばれるヒーリングスポットでもあります。

古代ハワイアンが傷を癒すために訪れたとしても知られているので、ビーチで遊びながら、心身ともに癒されてみるのはいかがでしょうか。

▼詳細情報
住所:〒96741 ハワイ州アメリカ合衆国

7.サンドバー

オアフ島の北東部に位置し、カネオへ湾沖で潮の満ち引きにより現れる浅瀬をサンドバーと呼び、その美しさから「天国の海」と称されています。

エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜のコントラストはまさに幻を見ているような景観です。

干潮時のわずかな時間しかサンドバーは現れることがなく、滅多にみることができませんが、一生忘れることのない景色になることは間違いありません。

▼詳細情報
住所:45-15 Waikalua Rd, Kaneohe, HI 96744 アメリカ合衆国
営業時間:5:00~22:00
定休日:なし

8.ハナウマ湾

海の透明度が非常に高く、ハワイ屈指の美しさであるハナウマ湾。

有名なスポットですが、有料のビーチなので比較的穴場なスポットと言えるでしょう。

ここハナウマ湾ではシュノーケリングが有名で、用具の貸出や現地スタッフによるレッスンなども行われています。

有料ということで、管理の行き届いたビーチです。お子様連れの方も安心して利用することができるのも嬉しいポイント。

▼詳細情報
住所:〒96825 ハワイ州 ホノルル

9.ハレイワビーチ

ハレイワ

ワイキキからはやや距離がありますが、ぜひ足を伸ばしていただきたいエリアがノースショアです。

そんなノースショアの入口付近に位置していて、“玄関口”とも呼ばれているのがハレイワビーチです。

オアフ島のビーチは白い砂浜が中心ですが、ハレイワビーチはブラウンの砂浜が特徴的。

ワイキキのビーチに比べると人の数も少ないので、ゆったりとした時間を過ごすことができるでしょう。

▼詳細情報
住所:62-449 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712

10.クアロア牧場

オアフ島の北東に位置するのが「クアロア牧場」です。古代には王族しか立ち入ることができなかったと言われています。

ハリウッド映画やテレビ番組のロケ地としてもしばしば使用され、オアフ島のパワースポットとしても知られています。

広大な自然を四輪のバギーで駆け抜けたり、乗馬体験をしたり。有名な映画の撮影地を回るツアーなども行われています。

大自然の中でユニークな時間を過ごすことができるでしょう。

▼詳細情報
住所:49-560 Kamehameha Hwy, Kaneohe, HI 96744
開放時間:07時30分~18時00分
定休日:なし

11.ココヘッドクレータートレイル

ココヘッド

標高368m、1048m急勾配の一本道が続くココヘッドクレータートレイル。

標高368m、1048m急勾配の一本道に廃線のレールがひたすら伸びるココヘッドクレータートレイル。

下から見上げる景色も壮観です。

ちょっとした長さなので、トレッキング初心者の方にはやや大変かもしれません。

それでも頂上からはダイヤモンドヘッドやハナウマ湾を一望することができ、美し景色にきっと苦労は報われるでしょう。

▼詳細情報
住所:〒96825 ハワイ州 ホノルル

12.戦艦ミズーリー号記念館

 

Atoさん(@snowsango)がシェアした投稿

戦艦ミズーリー号は、第二次世界大戦から湾岸戦争までの間活躍した戦艦です。

全長270mという大きな船体に、16インチ(約40センチ)の弾丸を放つ主砲を備えた大型の戦艦です。

実際に使われたさまざまな展示品を見学することができます。

また日本語を話すことができるガイドも常駐しているため、展示により深い学びを得ることができます。

▼詳細情報
住所:63 Cowpens St, Honolulu, HI 96818 アメリカ合衆国
営業時間:チケット窓口 USSアリゾナ記念館内7:00〜15:00
開館時間 :8:00〜16:00
※6・7・8月のみ 8:00〜17:00
休館日:元日・感謝祭・クリスマス
公式サイト:https://ussmissouri.org/jp/

13.国立太平洋記念墓地

国立太平洋記念墓地は、第一次、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争で戦士した、約35万人もの兵士が祀られた場所です。

真珠湾戦争で命を落とした人々の魂もこの地に眠っています。

天皇皇后両陛下が訪れたこともあり、日本との関わりが深い場所であるといえます。
墓地は小高い位置にあり、高台からはホノルルの景色を一望することができます。

▼詳細情報
住所:2177 Puowaina Dr, Honolulu, HI 96813 アメリカ合衆国
営業時間:08時00分~18時30分
公式サイト:https://www.cem.va.gov/cems/nchp/nmcp.asp

14.ハワイプランテーションビレッジ

ハワイプランテーションビレッジは、サトウキビ農園で働いていた日本、中国、韓国、フィリピンなど移民の歴史を知ることができる文化施設です。

農園労働者の暮らしを忠実に再現し、床屋や公衆浴場など、当時の建築や様子を知ることができます。

移民の歴史を掘り下げた施設は珍しく、私たち日本人とも密接に関わりのある内容です。

ハワイ旅行をチャンスと捉え、ぜひ足を運んでもらいたいスポットの一つです。

▼詳細情報
住所:94-695 Waipahu St., Waipahu
営業時間:10時00分~14時00分
定休日:日曜日
公式サイト:http://www.hawaiiplantationvillage.org/

15.ホノルル美術館

Honolulu Museum of Art

ホノルル美術館はハワイ行政の中心地、ダウンタウンに位置しています。

ハワイの美術品だけでなく、ヨーロッパやアジアなど世界中の美術品を展示しています。

日本の伝統的な作品や、日本の漫画の展覧会が行われることもしばしば。

入館料のみで参加できる日本語ガイドツアーもあるので、気軽に訪れてみてはどうでしょうか?

▼詳細情報
住所:900 S. Beretania St., Honolulu
営業時間:10時00分~16時30分
(日曜日:13時00分~17時00分)
定休日:月曜日
公式HP:https://honolulumuseum.org/

定番観光スポットも見直そう

今回の記事ではいわゆる“穴場”とよばれるスポットを中心に紹介してきましたが、定番スポットの中で行っていない場所、やっぱり行きたい場所はありませんか?

定番と呼ばれるには、それなりの理由があります。有名だから、という理由で敬遠しているのはちょっともったいないかもしれません。

ここでは、意外と訪れていない?な定番スポットをいくつかご紹介します。

定番その1:アラモアナビーチ

アラモアナビーチーパーク

ワイキキビーチと並んで有名なアラモアナビーチ。1kmも続く真っ白な砂浜が、日本ではない場所にいることを再確認させてくれます。

ウエディング姿の花嫁・花婿が写真撮影を行っている場面を見かけるかもしれません。それほど美しく、人気のスポットなんですね。

定番のスポットですが、では、アラモアナビーチをワイキキ方面に歩いていくと見つけることができるポコッと飛び出した地形を知っていますか?

これは「マジックアイランド」と呼ばれる場所で、地元の方々を中心に憩いの場所となっています。

定番スポットで静かな海を楽しむというのも、通な楽しみ方と言えるのではないでしょうか?

定番その2:ワイケレプレミアムアウトレット

ショッピングのド定番、ワイケレ・プレミアム・アウトレット。ブランド品が25〜65%ほどの値引率で販売されているお買い物では欠かせない観光スポットです。

実はこのワイケレアウトレット、行かれたことのある方でしたら知っているかと思いますが、交通の便が悪かったり、広すぎて疲れてしまったりなど、事前準備なくして訪れると、ちょっと痛い目をみることも。

また、オトクなシーズンやクーポンなど、知っているだけでより安くなる情報もいくつかあります。

あらかじめワイケレアウトレットの情報を知っておくことは、二度目、三度目の来訪だとしてもより楽しむことができるでしょう。

以下の記事ではワイケレアウトレットについて詳しく紹介しています。最も楽な交通手段や、クーポン情報など。当アロハスマイルでも人気の高い記事なので、ぜひご覧ください。

ハワイのワイケレアウトレットを徹底解説|行き方・お買い得ブランド

定番その3:ハワイアメリカ陸軍博物館

ハワイと日本は真珠湾戦争などもあって歴史的に深いつながりがあります。

当時の歴史を振り返ることのできるスポットは、定番かどうかはさておき、ぜひ訪れたい場所の一つです。

「ハワイアメリカ陸軍博物館」はアメリカ軍の要塞をそのまま施設とした博物館です。入場料は無料。

入り口にはアメリカ軍の戦車と日本軍の戦車が並べて置かれ、戦力の違いを目の当たりにできます。

また、当時の軍で使われていた武器や資料の展示など、真珠湾戦争の様子を見学することができます。

日本から見た戦争の歴史と、米国からみた戦争の歴史はきっと異なると思います。多面的な視野を持つことで、今後の人生がより豊かになるのかもしれません。

……、などなど。知っているスポット、知らないスポットはあれど、ド定番のスポットを見直してみるのも面白いですよね?

以下の記事では今回紹介したものも含め、ハワイの中心オアフ島で絶対に外さない観光スポットをどどんと17箇所もご紹介しています。

写真を見ながら、行った場所・行っていない場所を振り返ってみてはいかがでしょうか?

オアフ島のおすすめ観光名所・スポット50選|ホテル・グルメ・ビーチ

まとめ

以上、ハワイの意外と知られていない穴場スポットをご紹介しました。

定番のハワイ旅行では満足できないという際に、ぜひ参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!