観光

ハワイ旅行で絶対に訪れるべきファーマーズマーケット5選

Fresh Fruit For Sale

ファーマーズマーケットをご存知ですか?
日本ではあまり気になれない言葉ですが、ハワイに行くと所々でファーマーズマーケットというものを開催しています。日本の市場のことを言い、自分の元でとれた新鮮な野菜をはじめとする食品を販売できるマーケットのことをいいます。

そこで、ハワイで楽しむことのできるファーマーズマーケットを今回は5つご紹介します。ハワイの活気づいた雰囲気をぜひその場で体感してみてくださいね。

1.KCCファーマーズマーケット

毎週土曜日に開催されている、ハワイ最大のファーマーズマーケットである「KCCファーマーズマーケット」。ダイヤモンドヘッド付近の大学の駐車場で開催されており、100以上の屋台がズラリと軒を連ねています。主にバナナやパイナップルを始めとするフルーツから、ロコモコやカレーなどの食事も販売されています。

「ファーマーズマーケットに行ったことがない」という方は、まず毎週土曜日の朝7:30〜11:00は「KCCファーマーズマーケット」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

2.ハイアットリージェンシーマーケット

ワイキキで手近にファーマーズマーケットを楽しむなら、「ハイアットリージェンシーマーケット」がオススメです。
ワイキキの大人気ホテル、「ハイアット・リージェンシー・リゾート&スパ」の1階で、毎週火・木曜日の16:00〜20:00と比較的遅い時間帯に開催されています。

フルーツを始めとして、シュウマイや調理パンなどの軽食、さらにはコーヒーやハチミツなどが、およそ30ほどのお店で販売されており、ホテル宿泊者にも大人気のファーマーズマーケットです。

3.ホノルルファーマーズマーケット

ワイキキから見て西、ワードエリアで開催されている「ホノルルファーマーズマーケット」。毎週水曜日の16:00〜19:00に開催されており、夕飯がてら立ち寄る人の多いことが特徴です。

肉料理や魚介料理を中心としたフードメニューが充実しており、ガッツリ食べたい方のために、プレートランチにも手が込んでいます。ファーマーズマーケットでしっかりとした食事を楽しみたい方は、ぜひ足を運んでくださいね。

4.カイルアファーマーズマーケット

Kikunoさん(@i_am_kikuno)がシェアした投稿

地元の人々の雰囲気を体感するなら「カイルアファーマーズマーケット」へ。
今までにご紹介してきたファーマーズマーケットとは雰囲気がガラッと異なり、ローカルらしいのんびりとした空気が漂います。

毎週木曜日、17:00〜19:30までの時間で、ローカルの空気感をぜひ感じてさらにハワイを好きになってみませんか?

5.カカアコファーマーズマーケット

Flowさん(@_____flow._____)がシェアした投稿

おしゃれな町として人気のカカアコ地区でも、ファーマーズマーケットが開催されています。
それが、土曜日の午前中、8:00〜12:00に開催されている「カカアコファーマーズマーケット」。

朝食・昼食にぴったりの軽食が並び、店舗数は約40にも上ります。同じ時間帯に、ハワイでもっとも人気の「KCCファーマーズマーケット」が開催されていることから、こじんまりとしたローカル感漂う雰囲気ですが、ほかのファーマーズマーケットにすでに足を運んだ方には雰囲気を体感しに、ぜひ訪れていただきたいです。

Woman at the fruit and vegetable market

ハワイで楽しむことができるファーマーズマーケットのご紹介でした。日本と同様、野菜や魚ののも生鮮食品が有名なハワイ。ぜひファーマーズマーケットに足を運んでハワイの新鮮な食材に触れてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!