お役立ち情報 観光

ハワイの楽しみ方は景色だけじゃない!旅を堪能する4つのタイプとは?

Freedom of the open road.

ハワイ旅行の楽しみ方にはどんなものがあると思いますか?
おいしい食事、ショッピング、アートを楽しむなど、どれも素敵な楽しみ方ですよね。

今回は、そんな数あるハワイの楽しみ方をタイプ別にたっぷりとご紹介していきます。
旅の中でひとつの楽しみ方に集中してもよし、いろいろな楽しみ方をブレンドしてもよし、自分にあった楽しみ方を見つけるような気持ちで楽しくご覧ください。

1.もちろん景色を楽しみたい

Vintage american oldtimer car parked on a beach in Cuba

最初はやっぱり美しい景色から。
ハワイといえば、ビーチや山など日本ではなかなか見ることのできない絶景に出会えるスポットとして有名です。ハワイ旅行の醍醐味ともいうことのできるほど定番中の定番の楽しみですよね。

ハワイは非常に海が多い地域なのでホテルに宿泊していると、オーシャンビューを眺めることができますが、ハワイの絶景って実はそれだけではありません。

そこで、まずはハワイで絶景に出会うことのできるスポットから見ていきましょう。

ダイヤモンドヘッド

定番中の定番、ダイヤモンドヘッドです。
往復しても、約1時間程度で麓(ふもと)まで戻れるとあって、気軽に楽しめるトレッキングコースとして有名です。

マジックアイランド

「アラモアナ・ビーチ」の一角に飛び出している、小さな島は「マジックアイランド」と呼ばれています。ワイキキのすぐそばにあるにも関わらず、立地のおかげか人が少なく落ち着いた雰囲気で海を楽しむことができます。ウェディングフォトにも使われるほどの絶景で、地元の方のみならず、観光客からも根強い人気を誇っています。

ワイキキビーチ

こちらも定番中の定番である「ワイキキビーチ」です。
遊泳もサーフィンも、ただ海を眺めるだけでも、多種多様な楽しみ方が魅力のビーチなので、気分に合わせて楽しんでくださいね。

マカプウ岬

トレイルスポットとして人気の「マカプウ岬」。
オアフ島の東に位置しているため、ワイキキからは車を使っても30〜40分はかかる立地ですが、それでもマカプウ・トレイルに行きたいと集まる観光客が多く、常に賑わいを見せています。

ドール・プランテーション

青い空と一面に広がるパイナップル畑を見ることのできる「ドール・プランテーション」。巨大ガーデン迷路、パイナップル・エクスプレスなど、子どもも大はしゃぎの大人気スポットです。

カイルア・ラニカイビーチ

ハワイの言葉で“天国の海”という意味を持つ、ラニカイビーチ。その名の通り、一面に広がる海は見る人を癒す効果があり、まさに天国のような贅沢な時間を感じさせます。

ハナウマ湾

シュノーケルスポットとして人気のハナウマ湾。ウミガメを見ることのできる地域としても人気ですが、自然保護地区に指定されているため、入場するためには入場料を支払うことが義務付けられています。

クアロア牧場

Natsukiさん(@_______n.a)がシェアした投稿

映画『ジュラシックパーク』のロケ地となった、クアロア湾。
大自然を堪能するのはもちろんですが、乗馬や四輪バギーなどのアクティビティも非常に盛んです。

カネオヘのサンドバー

sakiさん(@sakihana)がシェアした投稿

「天使の海」と言われるサンドバー。サンゴ礁でできた白い砂浜が干潮時に海の上に現れる、という珍しい現象が起こるため、一目見ようと多くの観光客が訪れます。

2.フォトジェニックを求めて旅をする

attractive young woman taking pictures

SNSを利用している方にとっては、旅行先での思い出を“フォトジェニックに”残すことは非常に大切ですよね。そんなフォトジェニックを求めるたびにも、実はハワイはぴったりなんです。

どこを切り取ってもおしゃれと言われる街・ハワイは、フォトジェニックの宝庫ですが、その中でも選りすぐりのおすすめスポットをご紹介します。

カカアコ地区のウォールアート

Keiko Nさん(@keikobun34)がシェアした投稿

倉庫が立ち並ぶカカアコ地区を発展させるために始まったウォールアート。気がついたら、うつくしすぎるアートに観光客からの視線は釘付けでした。現在では街中に多くのウォールアートがあるので、お気に入りの作品をぜひ見つけてみてくださいね。

歴史と文化の街ダウンタウン

Yukiさん(@snow_in_hawaii)がシェアした投稿

ワイキキから少し離れた大人の街、ダウンタウン。歴史的建造物や、グルメ好きにお勧めのレストランがひしめくスポットなので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

ノスタルジックな街ハレイワ

グルメがひしめく街ハレイワ。ガーリックシュリンプの名店「ジョバンニ」や「ビッグウェーブ」、「ホノズ」などが集まっています。また、フォトジェニックなカフェも集中しており、女子旅で訪れる観光客も増えています。

野生のカメが見られるノースショア

サーファーの町として知られるノースショア。中心地であるワイキキからは距離が離れるため喧騒は少ないですが、ハワイのローカル感が残る町として愛されています。

オシャレなお店が揃うカイルアタウン

グルメタウンとして人気のカイルアタウン。人気のレストランやフードマーケットが数多く集まる地域です。食事からスイーツまで、食べたいものはすぐそこのあるような環境を生み出します。

ディズニーアウラニリゾートのあるコオリナ

ハワイの言葉で“至福に満ちた”と言う意味を持つコオリナ。かつての王族たちが保養地としてつかっていたことから、そう呼ばれるようになり、今でもリゾート地として広く親しまれています。

3.とにかくショッピングを楽しむべし

Funny Woman with Oversized Sunglasses and Silver Clutch Bag

ショッピングが大好きなみなさん、朗報です。
ハワイには、数多くのショッピングセンターがあり、その中でもアメリカ発のブランドであれば日本で購入するよりもずっとお得に購入することができるんです。

さらに、最近ではアウトレットモールも充実しており、上質な製品をさらにお値打ちに手に入れることが可能になりました。
そんな、ショッピング好きの方なら心ときめく、ショッピングの街・ハワイも堪能しましょう。

アラモアナ・センター

sm.Fさん(@i_am_sun.f)がシェアした投稿

ハワイ最大のショッピングセンターである「アラモアナ・センター」。340以上の店舗が入り、常に多数の観光客の訪れる観光スポットです。

ワードビレッジ

ワイキキから西へ進んだワードエリアの大型スポット、「ワードビレッジ」。130を超える店舗がひしめきあうスポットで、ワイキキの喧騒から離れた地域であるため落ち着いた雰囲気を味わうことができます。

ワイケレ・プレミアム・アウトレット

ranさん(@ranran04)がシェアした投稿

ブランドものを安く購入するなら「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」へ。リーズナブルにブランド品を購入できるとあって、観光客で賑わうショッピングモールです。

4.おいしいグルメを探しに行こう

Diverse People Friends Hanging Out Drinking Concept

最後はやっぱりおいしいもので。
観光もフォトジェニックのショッピングも楽しいですが、食事ができなければ快適な旅行はできません。おいしいグルメで、エネルギーを補給して、観光の時間もパワフルに動きましょう。

カパフルアベニュー

Hiromiさん(@hi.wa)がシェアした投稿

中心地ワイキキから徒歩圏内のカパフル通り。
観光客の中でも少し通寄りの方々が足繁く通うグルメ街です。

ワイアラエアベニュー

B級グルメやおしゃれなカフェ、スイーツなどを楽しみたいという方はワイアラエアベニューへ。ワイキキからのトロリーが便利で多くの観光客が利用しています。

ダウンタウン&チャイナタウン

makironさん(@makironn)がシェアした投稿

言葉の通り、中華を楽しみたい方にオススメのダウンタウン&チャイナタウンエリア。有名な建造物が残る、情緒あふれる街並みが特徴です。

Group of friends having fun and dancing on the beach

ハワイのさまざまな楽しみ方をご紹介しました。
たくさんの楽しみ方を体験しながら、よりハワイのことを好きになってくださいね。

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!