観光スポットマウイ島

マウイ島観光ガイド|おすすめスポット・ホテル・エリア・ツアー情報

マウイ島 ハナ ハイウェイ

マウイ島は、ハワイ諸島の中でも二番目に大きな島です

観光客の最も多いオアフ島や面積が最も広いハワイ島などと違い、日本人の観光客が少ないマウイ島は、異国のリゾート感を味わうことができるハワイでも珍しい観光地です。

ハワイ旅行の中級〜上級者向けですが、そのぶん他の島にはない魅力が目白押し!

今回はそんなマウイ島の観光について、以下のことをご紹介します。

  • マウイ島の基本的な知識
  • マウイ島の主要なエリア
  • おすすめ観光スポット
  • おすすめホテル
  • オプショナルツアー

マウイ島を検討している、もしくは滞在する予定がある方は、この記事でぜひマウイ島の予習をしてもらえればと思います!

マウイ島の基本情報:地理・気候・産業・歴史

マウイ島 地図

マウイ島について、まずは基本的な情報を確認していきましょう。

マウイ島は、もともと2つの島だったことをご存知ですか?

マウイ島の地理

ハワイで2番めに大きなマウイ島は、“ひょうたん”のような特徴的な形をしています。

これは、もともと2つだった島が、ハレアカラ火山の噴火による溶岩で繋がったからなのです。

山と山がぶつかりあう谷のような形をしているため、「渓谷の島(Valley Island)」とも呼ばれてます。

人口は約15万人ほど。オアフ、ハワイ島に続いて3番目の規模です。(※参考

マウイ島には以下3つの空港があります。

  • カフルイ空港
  • カパルア ウエスト マウイ空港
  • ハナ空港

いずれも日本からの直行便は出ていません。マウイ島を訪れる際は、ホノルル空港から乗り継いで、カフルイ空港に入るルートが多いです。

マウイ島の気候

マウイ島の年間平均気温と降水量は以下の通りです。

マウイ島 気温 降水量

月平均気温(℃) 月降水量(mm)
1 22 314
2 22.1 156
3 23.6 86
4 23.5 129
5 23.8 195
6 24.7 76
7 25.2 119
8 25.1 226
9 24.9 99
10 24.7 437
11 22.7 522
12 21.8 252

(参考:気象庁

1年を通して22℃を下回らない温暖な土地であること、そして5月〜9月は特に雨が少ないことなどがわかります。

また、東側のエリアは貿易風の影響で年間を通して降水量が多くなっているのも特徴です。反対に、西側は晴天率が高いです。

そのため、主要なリゾート地は西海岸に集中しています。

ただし、ハレアカラ山を中心とした山間部では通年で涼しい(寒い)傾向にあるので、訪れる際は注意が必要です。

マウイ島の歴史・産業

北マウイの西側にある港町ラハイナは、ハワイ王朝時代の首都であった歴史を持ちます。

19世紀には捕鯨が盛んで、いまでもラハイナでは、陸からクジラが水しぶきを上げて飛ぶさまを見ることができます。

また、ハワイの伝統的な産業としてサトウキビの栽培がありますが、マウイ島の農場でも栽培が行われていました。(残念ながら2016年にすべてのサトウキビ農場が廃業してしまいました)

このようにマウイ島は、その昔、政治や産業が盛んであったことがわかります。

マウイ島の主要なエリアを知ろう!

マウイ島 町

歴史的な背景や含め、古都という言葉がぴったりなマウイ島。

続いては、そんなマウイ島の主要な都市についてご紹介します。

1.ラハイナ

ハワイ王国の首都が置かれた港町ラハイナ。情緒的な街並みを今に残す観光地です。

海沿いの通りにはショップやレストランが立ち並び、異国の散策を十二分に楽しむことができるでしょう。

港からは、シュノーケリングやホエールウォッチングの船も出ていて、海のアクティビティに関する拠点としても栄えています。

2.カアナパリ

カアナパリ

そんなラハイナの北側に位置するのがカアナパリ。マウイ島随一のリゾート地です。

カアナパリには、豪華なホテルはもちろんのこと、アクティビティからショッピングまで、観光旅行の贅を尽くすことができます。

一昔前はサトウキビ工場の一角にあったさびれたエリアでしたが、今日では世界有数のビーチリゾートになっています。

3.カパルア

ラグジュアリーな宿泊施設や、有名なゴルフコースが広がる一帯がカパルアです。

カアナパリの北部に広がり、有規模のコンドミニアムがいくつも立ち並びます。

喧騒から離れ、静かな土地でのんびりと余暇を過ごすことのできるスポットです。

4.カフルイ

カフルイ

マウイ島の中心的空港であるカフルイ空港を有するカフルイは、行政の中心地でもあります。

ショッピングセンターなどが集まる商業地区と、古き良き建物が並ぶダウンタウンがあり、異なる楽しみを一度に味わえるエリアです。

島内でお買い物を楽しむのであれば、カフルイを訪れて損はありません。

5.パイア

カフルイから車を東に15分ほど走らせると、パイアの町にたどり着きます。

ウインドサーファーの町として知られるパイアは、サーファーやヒッピーの文化が根付いたユニークなエリア。

色鮮やかな建物が立ち並び、町を散策しているだけでも発見がある場所です。

6.ハナ

ハナ ハイウェイ

マウイ島東側の端に位置するのが「天国」とも称されるハナの町です。

600ものカーブが続くハナへの道のり、通称「ハナ ハイウェイ」を抜けてやっとたどり着ける秘境。

東側の雨が多いエリアなので、植物がそこかしこで繁茂し、自然の中で過ごす気持ちよさを体験できるでしょう。

7.ワイレア

南マウイの東側に位置する高級リゾートエリアがワイレアです。

海沿いに立ち並ぶホテルはいずれも劣らぬ一流ホテル。それぞれが広大な敷地を持ち、観光客をもてなします。

ハレアカラ山のふもとに位置するワイレアは海と山に挟まれる立地。まさに自然に囲まれたリゾート地です。

8.キヘイ

キヘイ

ワイレアを海沿いに北上すると、キヘイの町に到達します。

観光客に人気のエリアで、キヘイの町にはショッピングスポットやレストランも豊富に点在しています。

比較的安価なコンドミニアムタイプのホテルが多く、地元の人になった気分で滞在できる、落ち着いたエリアです。

マウイ島でおすすめな観光スポット

これらのエリアを踏まえ、マウイ島のおすすめ観光スポットをご紹介していきます。

おすすめ観光地.1:モロキニ島

モロキニ島

ワイレア南西の沖に浮かぶ無人島がモロキニ島です。自然のものとは思えない美しい三日月型が特徴。

実はこのモロキニ島、正確には無人島ではなく、23万年前の火山活動で生まれた火山の一つなのです。

火口が半分水没しているため、はっきりとした三日月型になって海に浮かんでいます。

そんなモロキニ島はその形状が潮の流れを防ぎ、クリアな海を創り上げています。

さまざまな珍しい魚やサンゴ、ウミガメなどの海洋生物が見られるため、シュノーケリングやスキューバダイビングの名所として人気の観光スポットです。

おすすめ観光地.2:ハレアカラ国立公園(ハレアカラ火山)

ハレアカラ国立公園

ハワイ語で太陽の家という意味を持つハレアカラ火山は、世界的にも最大級の活火山です。

日の出や日の入りを鑑賞するツアーは得人気で、標高3000mに位置するハレアカラ ビジター センターで楽しむことができます。

雲より高い場所に位置する山頂からの眺めは絶景。雲の中から昇り、また落ちていく太陽は、忘れられない光景になるでしょう。

おすすめビーチ.1:カアナパリ ビーチ

カアナパリ ビーチ

マウイ島にはいくつもの素晴らしいビーチがあります。リゾート地にあるカアナパリ ビーチもそのひとつ。

白い砂浜が約5kmも続き、ビーチ沿いの遊歩道を歩けば、延々と続く南国の景色に気持ちが高まること間違いありません。

ビーチの付近一帯は「カアナパリ ビーチリゾート」と呼ばれ、高級リゾートホテルが立ち並びます。

マウイ島屈指の人気ビーチです。

おすすめビーチ.2:カマオレ ビーチパーク

カマオレ ビーチパーク

キヘイとワイレアの中間あたりに位置するのがカマオレ ビーチパークです。

同名のビーチパークが海岸沿いに3箇所に分かれており、「カマオレ ビーチパーク1」「カマオレ ビーチパーク2」のように、それぞれ名前に番号が振られています。

ビーチパーク内には芝生のエリアがあり、地元の方はバーベキューを楽しむスポットとして利用しています。

敷地内にはちょっとした公園もあり、家族連れにも人気があるビーチです。

おすすめの観光地をもっと知りたい!

最もポピュラーな観光スポットと人気のビーチをご紹介しましたが、マウイ島には魅力的な観光地が他にもたくさんあります。

以下の記事ではそんな人気の観光地を16箇所まとめて掲載しました。

さまざまな観光地を知りたい方は、ぜひ併せてご覧ください!

マウイ島おすすめの観光スポット16選!人気定番スポットまとめ

マウイ島でおすすめなホテル

観光地の次は、マウイ島でのおすすめホテルを見ていきましょう。

リゾート地マウイ島に滞在するのなら、どのようなホテルがおすすめなのでしょうか?

ラハイナエリアおすすめホテル.1:ウェスティン マウイ リゾート & スパ カアナパリ

ラハイナよりもやや北側、リゾート地カアナパリにあるのがウェスティン マウイ リゾート & スパ カアナパリです。

敷地内には豪華なプールが5面張られ、またウォータースライダーまであるという贅沢さ。

プールもそれぞれがユニークで、滝や洞窟など、お子さんが喜ぶスポットが多くあります。

ハワイの伝統料理とダンスを同時に楽しめるレストランもあり、マウイ島の魅力を余すところなく満喫できるホテルです。

▽詳細情報
ウェスティン マウイ リゾート & スパ カアナパリ(The Westin Maui Resort & Spa)
住所:2365 Ka’anapali Parkway, Lahaina, Maui, HI 96761-1900
公式サイト:http://www.westinmaui.com/

ラハイナエリアおすすめホテル.2:ホヌア カイ リゾート & スパ

高級ショッピングエリアである「ホエラーズビレッジ」まで、車で数分というアクセス。

ショッピングも楽しめるコンドミニアムタイプのホテルがホヌア カイ リゾート & スパです。

キッチンや洗濯機、乾燥機などが完備されてるコンドミニアムタイプのホテルは、暮らすように滞在ができる宿泊施設です。

このホテルにもウォータースライダーを備えたプールがあり、ホテルにいながらアクティビティを満喫することができます。

▽詳細情報
ホヌア カイ リゾート & スパ(Honua Kai Resort & Spa)
住所:130 Kai Malina Parkway, Lahaina, Maui, HI 96761-8413
公式サイト:http://www.honuakai.com/

ワイレアエリアおすすめホテル.1:フォーシーズンズ リゾート マウイ アット ワイレア

南マウイの西岸部のリゾート地、ワイレア。

中でもひときわ存在感を示しているのが5つ星ホテルのフォーシーズンズ リゾート マウイ アット ワイレアです。

噴水のあるプールや、そこかしこで咲き誇る花壇。まるで絵画のような風景の中で滞在できるのは、このホテルならではです。

テニスやゴルフ、スパやショッピングなど、多くのサービスはホテル内で完結してしまう贅沢さ。

レストランではハワイ料理、イタリア料理、カリフォルニア料理など、多国籍の味覚を堪能することができます。

▽詳細情報
フォーシーズンズ リゾート マウイ アット ワイレア(Four Seasons Resort Maui at Wailea)
住所:3900 Wailea Alanui Drive, Wailea, Maui, HI 96753-5453
公式サイト:https://www.fourseasons.com/content/fshr/pages/en/properties/maui/

ワイレアエリアおすすめホテル.2:ザ フェアモント ケア ラニ マウイ

ポロ ビーチパーク直結のザ フェアモント ケア ラニ マウイは、ショッピングエリアやゴルフコースにも囲まれた贅沢な立地のホテルです。

このホテルはすべての客室がスイート仕様。すべての部屋で最高レベルのおもてなしを受けることができます。

スパやプールなどももちろん完備。24時間オープンしているフィットネスセンターもあるので、滞在中はやることでいっぱいです。

マウイの「レストラン オブ ザ イヤー」の受賞歴があるレストランでは、ハワイ料理はもちろんのこと、日本料理が楽しめるのも嬉しいポイントです。

▽詳細情報
ザ フェアモント ケア ラニ マウイ(Fairmont Kea Lani, Maui)
住所:4100 Wailea Alanui Dr, Wailea, Maui, HI 96753-8449
公式サイト:http://www.fairmont.com/kea-lani-maui/

おすすめのホテルをもっと知りたい!

おすすめの人気ホテルについてここでは4つご紹介しました。

しかし、観光スポット同様にマウイ島には素敵なホテルがまだまだ存在しています。

ラハイナやワイレア以外のエリアにあるホテルも知りたいところですよね?

ということで、以下の記事ではマウイ島のおすすめホテルをより詳しく紹介しています。

ホテルにはそれぞれ良いところがありますので、参考にしてもらえればと思います!

マウイ島のおすすめホテル17選|エリア別の人気ホテルをお届け

オプショナルツアーを利用して、マウイ島を楽しみ尽くす!

マウイ島の観光スポットにの中は、オプショナルツアーを利用したほうが何倍も楽しめることがあります。

例えば、おすすめ観光スポットでご紹介したモロキニ島は、船で移動し、さらにはシュノーケリングの用具がなければ十二分に楽しむことができません。

また、ハレアカラ山は日の入りや日の出の時刻に立ち入るにはあらかじめ予約が必要で、直接行うには少々手続きが面倒で大変です。

そこで利用したいのがオプショナルツアー。

観光の手配や送迎を行ってくれるだけでなく、観光客が知らない知識や場所を提供してくれるのが魅力です。

例えばホエールウォッチングをしたのであれば、適切な時期や時間に、適切な場所に行く必要がありますよね?

そういった事前準備をてきぱきと整えるためにも、観光の際にはオプショナルツアーを最大限活用するようにしましょう。

オプショナルツアー予約サイト

VELTRA(ベルトラ)
https://www.veltra.com/jp/hawaii/maui/

H.I.S.
https://activities.his-j.com/CityTop/OGG.htm

JTB
https://www.hawaiioption.com/maui/

まとめ

マウイ島

マウイ島の観光情報をまとめました。

特に観光スポットとホテルはここでまとめきれなかったものもあるので、ぜひそれぞれのリンク先に飛んで、より詳しい情報をご覧いただければと思います!

一生に一度、あるかないかのマウイ島旅行! この記事が皆さまの旅行に少しでも役立つことを願っています!

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!