観光スポットオアフ島

ノースショア(ハワイ・オアフ島)のおすすめ観光スポット8選

ハワイでビーチの街として広く知られているノースショア。

ハワイというとワイキキが有名ですが、実はノースショアにもオススメしたいスポットが数多く存在します。

そこで、今回はノースショアで絶対に見ておきたい8つのスポットをご紹介します。

ノースショアは、古き良きハワイが楽しめるおしゃれスポット

ノースショアはオアフ島の北側にあるエリアです。

巨大な波が打ち寄せる海岸が多く、世界中からサーファーたちが集まることでも知られています。

毎年サーファーたちが集まるためか、おしゃれなレストランや雑貨屋なども充実しています。

さらに海外ドラマのロケ地としても利用されるノースショアは、自然も豊富。海だけでなく、陸のアクティビティも楽しむことができるのです。

ホノルル(ワイキキ)などの中心地から離れ、中心街とはちょっと違ったオアフ島を楽しめるのが、このノースショアなのです。

ノースショアで行くべきおすすめスポット8選

Group happy people beach sea sunset concept

それでは、実際にノースショアで人気のスポットをみていきましょう。

1.サーファーの集まる街「ハレイワ」

Shave Ice, North Shore, Oahu

ノースショアで最も定番の街がハレイワです。

“サーファーの街”としても広く知られており、多くのサーファーが集います。

ハワイの中心地ワイキキからは離れた地であるためハレイワまでは車かバスで向かうことになりますが、街全体が爽やかな雰囲気に包まれた土地なので、ぜひレンタカーを借りてドライブをすることをオススメします(ハレイワは通り過ぎやすい場所にある街なので、看板をよく見て走行してくださいね)。

そして、ハレイワ名物の「マツモト シェイブアイス」で写真映えする美味しいグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか?

2.ウミガメに出会う「ラニアケア ビーチ」

Laniakea Beach on Oahu’s North Shore, Hawaii, USA

野生のアオウミガメを間近でみることができると話題の「ラニアケア ビーチ」は、ウミガメを見るためにやってくる観光客で賑わっています。

ここに生息しているウミガメには触ったり追いかけたりといった危害を加える行為は禁止されていますが、とても貴重な生物なので見たことのないという方はぜひ一度足を運んでみてくださいね。

3.穏やかな海を楽しむ「ワイメア ビーチ パーク」

Hawaii Waimea Beach

穏やかな波を楽しむことのできる「ワイメア ビーチ パーク」。

サーフィンに向いた海でありながらも高波が発生するのは基本的に冬季のみと、夏になるとその静けさとのギャップには驚かされてしまいます。

穏やかな波のもと、綺麗な海を楽しみたい方にはおすすめです。

4.安産祈願で人気「クカニロコ バースストーン」

カニロコ・バースストーン

パワースポットが好きという方にぜひオススメしたいのは、「クカニロコ バースストーン」。

ハワイに数多く存在するパワースポットの中でも最も強力なパワーが宿っているとも言われるほどのスポットです。

その理由は、かつてのハワイ王家の人々の出産スポットであったことに由来します。

この地の石には出産時の痛みをやわらげる効果があったそうで、長い間にわたって王家の出産はクカニロコで行われてきました。

そこから、現在でも安産祈願に訪れるカップルが後を絶たない人気のパワースポットとして知られています。

5.おしゃれ女子が集まる「ワイアルア」

ワイアルア

ハレイワ同様に観光客に人気の街が「ワイアルア」です。

ノースショア巡りのツアーのプランに組み込まれるようになってから少しずつ店が増え始め、現在ではだんだんと観光客の増えている街になりました。

手作りの石鹸やアロマを取り扱う「ノース ショア ソープ ファクトリー」やコーヒー、チョコレートを取り扱う「アイランド エックス ハワイ」といった女性に人気の高いショップを展開し規模を大きくしており、これからの発展がさらに楽しみな地域です。

6.雄大な自然を満喫する「ワイメアバレー」

Waimea Valley

大自然のなかを散策できる公園が「ワイメアバレー」です。

海外ドラマのロケ地としても使われる、ノースショアならではの雄大な自然公園。

日本ではあまり見かけないちょっと変わった植物や、大自然の中に現れる滝つぼなどを楽しむことができます。

なお、滝つぼの周りは遊泳が可能です。ライフジャケットも無料で貸し出しているので、散策で体力を消耗してしまった方は大自然のなかでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

7.古き良きショッピングセンター「ノースショア マーケットプレイス」

中心地ハレイワにあるのが「ノースショア マーケットプレイス」というショッピングセンターです。

古き良きハワイとおしゃれさが混在した施設は、ワイキキのショッピングセンターとは違った楽しさを見つけることができるでしょう。

コーヒー専門店である「コーヒー ギャラリー」は、コーヒーをイートインスペースで楽しむだけでなく、自家製のスイーツや軽食、さらにはオリジナルTシャツやマグカップまでを展開しています。

販売されているコーヒー豆もハワイらしく可愛いデザイン。おみやげとしてもおすすめです!

その他にも「パタゴニア」は、サーフボードやウェットスーツが売っているオーシャングッズに特化した店舗。ハワイでしかもハレイワ店限定の商品などが販売されていることもあります。

また、「ノースショア マーケットプレイス」近くには、海好きの方にはたまらない店舗が軒を連ねています。ぜひ足を運んでみてくださいね!

8.ガーリックシュリンプの正解「ジョバンニ」

ガーリックシュリンプ

ノースショアの名物料理の一つに、ガーリックシュリンプがあります。

いくつもの店舗がしのぎを削るなか、今回おすすめするのは「ジョバンニ」です。

歴史の古いガーリックシュリンプのお店で、日本人観光客からの認知度も高い有名店です。

たっぷりのガーリックで味付けられたぷりぷりのエビは絶品。ノースショアで食べ物に困ったら、ガーリックシュリンプで決まりでしょう!

【関連記事】
ハワイでハズさないガーリックシュリンプ店8選|在住者がおすすめ

ノースショア観光を含めた3泊5日のモデルプラン

Great start of their journey.

ハワイの中心地から離れたノースショアの地域は、ハワイ観光の初めで行きやすい場所ではありません。

中心地を少し散策してから少し遠くまで足を延ばす……という流れが一般的です。

そこで、ノースショアの観光を含めた3泊5日の観光プランをアロハスマイル編集部がお届けします。

上記でご紹介しているハレイワ地区でサーファーを眺めたり、人気店「ジョバンニ」で絶品のガーリックシュリンプを食べたり、カラフルな「マツモト シェイブアイス」で暑さを吹き飛ばすようなシェイブアイスを頬張ったり……。

ホノルルにはホノルルの、ノースショアにはノースショアらしい楽しみ方がしっかりとあります。

以下の記事では、3泊5日のハワイ旅行を計画中の方に参考にしていただきたいモデルプランをご紹介します。

「どんなプランがいいのだろう……」と悩んだ際にはぜひご覧ください。

ハワイ3泊5日のモデルプラン|ハワイのメディアが本気で考える

まとめ

Sunset over tropical beach

ノースショアの魅力は感じていただけましたでしょうか?

このほかにもハワイ ノースショアにはたくさんの魅力溢れるスポットがありますが、ここから先はぜひみなさんの目でじっくりと確かめてきてくださいね。

それでは、素敵な旅にいってらっしゃい!

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!