お土産

ハワイのコンビニ「ABCストア」を解説|Tシャツ・お土産・お酒を買う


日本では毎日のように利用するコンビニエンスストア。

ハワイのコンビニは、セブンイレブンとローソンの2つ。しかもワイキキ内にはセブンイレブンが1店舗とローソンが2店舗と数が少なく、その代わりに“ある”お店がその役割を担っています。

それが、「ABCストア」です。

ハワイのコンビニとして、観光者のみならず地元の人々にも利用されるABCストア。そこで今回は、そんなABCストアの魅力に迫ります。

「ABCストアって?」「名前だけは聞いたことあるけれど……」という方にとって、ABCストアについて知り、足を運ぶきっかけとなるようお伝えしていきます!

1.ハワイのコンビニといえば「ABCストア」

ABCストア

ABCストアの概要

ABCストアはいろいろな商品が揃っていて、朝早くから夜遅く、そして年中無休で営業をしている。まさに、コンビニエンス(便利)なお店です。

日本にはいくつかのコンビニが存在していますが、ワイキキでは“コンビニ”といえば「ABCストア」一択。冒頭の通り、日本のコンビニは3店舗のみです。

ABCストアは現在オアフ島だけでも37店舗を構える(2017年7月現在)、メジャーなお店です。

ビーチに行った際、お土産を購入する際など、困ったときに頼れる心強い存在なのです。

このABCストアは創業から今年でなんと100周年。現在のABCストアの前身となる雑貨と食料品に特化したお店を1917年に設立し、みるみるうちにハワイの人気店へとなっていきました。

ABCストアの特徴

食事、お土産、日用品、そして薬まで、非常に品揃えが豊富なABCストアですが、実は店舗によって品揃えが異なるのです。

たとえば、ロイヤル・ハワイアン・センター、ワイキキ・ビーチウォークなど、観光地の近くにあるABCストアは大型店であり、お土産も豊富です。

他方で、コンドミニアムが密集している場所にあるABCストアは食料品関係が充実したスーパーのような品揃え。

店舗によって特徴があるのも地域に根づいたお店づくりをしている証ですね。

ハワイ到着後、「あれが足りない!これが足りない!」となった際に駆け込めるお店です。

また、ホテルにチェックインした後に不足しているアメニティグッズを買い揃える際にも有用でしょう

店舗数も多く便利なABCストア。ぜひ覚えて利用しましょう。

2.ABCストアで購入できる、おすすめの商品をご紹介!

それでは次に、「ABCストア」でぜひチェックしていただきたいおすすめの商品を、お土産を中心にご紹介します。

※価格は2017年7月時点の参考価格です

ABCロゴTシャツ

大人用 :$12.99、2枚で$24
子ども用:$7.99、2枚で$14(サイズラインナップは2歳児用~)

お店のロゴがプリントされた、お土産として人気のTシャツです。

子供用のサイズも取り扱いがあるため、家族お揃いで着用することができます。しっかりとした記事で長く着用できる定番のロングセラー商品です。

オリジナルTシャツ(レディース)

1枚$13.99、2枚で$26。

薄い素材で着心地がよく、身体にフィットするデザインのTシャツです。

ハワイの洋服はUSサイズが多く、日本人の体型だとどうしても大きすぎる場合があります。

しかし、このTシャツはサイズが小さめに作られているので、日本人でもぴったりのサイズが見つかるはずです。

ハワイらしいフォントやマークをモチーフにしたオリジナルのデザインがかわいいと評判。特に写真右から2番目のナンバープレートのデザインは人気です。

オリジナルクッションカバー

1枚$14.99、2枚で$26。

部屋にひとつ置くだけで、一気にハワイアンテイストに雰囲気が変わるオリジナルデザインのクッションカバー。

お手頃な値段と、洗濯の際にも嬉しい手軽さが人気です。(2枚セットで購入すると、ちょっとお得です)

Tシャツで人気だったナンバープレートのデザインも含め、デザインは全6種類。部屋やベッドの雰囲気に合わせた商品を購入してください。

車輪付きバック

$13.99。

ついつい買い物をし過ぎてしまって荷物が増えてしまった、そんな場合に役立つアイテムがこの車輪付きバックです。

荷物を詰め込みすぎなければ飛行機内持ち込みも可能なので、帰り支度の際にもおおいに重宝することでしょう。

ちなみに、「ABCストア」で$100以上の買い物をすると無料ギフトが貰えるのですが、その中の一つとしても人気です。

貼るサプリ“Patch MD”

$24.99。

貼るだけで体調を整える便利アイテムです。時差ぼけ対策にもなる不眠改善にも効果が期待できます。

シリーズのひとつである「関節の救世主」は、グルコサミ&コンドロイチンを身体に取り込むサプリとしてランナーに人気です。

特に、ホノルルマラソンの時期になると飛ぶように売れるのだそう。

マラソンの選手でなくとも、ハワイ旅行は長距離の徒歩移動や、トレッキングなど足腰を酷使する場面があります。

疲れを予防するためにも、試してみてもよいかもしれません。

コナコーヒーバター

5oz:$9.99、6パック入り: $54.99。

「ABCストア」で人気の食料品の一つに、ハワイのお土産の新定番となりつつあるコナコーヒーバターがあります。

ハワイ名産のコナコーヒーを使用したバターは、カフェオレのような味わい。もちろんメイドインハワイの商品です。

食パンやパンケーキにのせて食べることで、ご自宅でもハワイの味を手軽に楽しむことができます。

ミナトドレッシング

12oz:$6.49。

ハワイの名物B級グルメ「ガーリックシュリンプ」を自宅でも楽しむことができるドレッシングです。

自宅で簡単に、ノースショアの香ばしいガーリックシュリンプの味を楽しむことができます。

いくつかの味がありますが、定番のガーリック味がおすすめです。

▼ガーリックシュリンプについて詳しく解説した記事はこちらから

ハワイでハズさないガーリックシュリンプ店8選|在住者がおすすめ

ハワイアンホースト マカダミアンナッツチョコレート

3.5oz(9個入り):$5.69、3箱:$15.99。

ハワイで最も人気の高いお土産の一つに「マカダミアナッツチョコレート」があります。中でも人気なのがハワイアンホーストというブランドのチョコレートです。

個包装タイプもあるので、バラマキがしやすいのも人気の理由。

写真はシーズン限定の抹茶味です。お土産の定番のチョコレートも、シーズンごとに新しいフレーバーが登場するので季節に合わせて楽しむことができます。

ABCストアオリジナルクッキー

$9.99。

ABCストアーオリジナル商品の、メイドインハワイのクッキーです。

フレーバーは、

  • パッションフルーツ&ホワイトチョコレート
  • マンゴー
  • チョコチップ&マカダミアナッツ
  • コナコーヒー&マカダミアナッツ
  • マカダミアナッツ

の5種類。

フレーバーに関係なく、5点購入するとオリジナルトートバックをもらうこともできます。

ワイン

ロイヤルハワイアンセンターにあるABCストアではワインセレクションがとても豊富です。

日本で買うと6万円ほどする“Opus One”がおよそ半額の$299で買えたり、“Papillon”といった日本では手に入りにくいワインなど、品揃えが豊富です。

また、ワインには詳しくないという方のために、人気のワインにはアメリカのワイン雑誌・webサイトとして有名な“Wine Spectar(参考:http://www.winespectator.com/)”のランキングのポップが付いています。

どんなワインなのかそれぞれ説明が書かれており、ポップのポイントは高ければ高いほどおすすめという意味を表しています。

さらに、ワインをスーツケースに入れて持ち運ぶために便利な梱包用の資材も準備されています。

12本以上お買い上げの方にはホテルまで宅配するサービスを行っているのだそう。

おみやげにも、ホテルで飲まれる際にもぜひご活用ください。

ビール

ハワイの定番である、コナブリューイングやマウイブリューイングといったビールも取り扱っています。特に、シーズン限定で発売されているビールは日本では中々味わえません。

ホテルに持ち帰って、ぜひお楽しみ下さい。

写真の左から2番目“Hanalei”は今年発売されたばかりのビールで、マンゴーやパッションフルーツなどの風味が飲みやすいと人気です。

白ビールの“Wailua Wheat”や、男性にもぜひおすすめな、レモンのパンチが効いた“Lemongrass luau”などもあり、同様に人気を集めています。

ウォッカ

こちらはオーガニックウォッカ、“Ocean”。

見惚れてしまうほど綺麗で、名前の通りハワイの海の色を再現したウォッカです。

TBSテレビの人気番組『世界ふしぎ発見!』で紹介されたこともあり、日本人からの注目も非常に高い一品です。

マウイ島にある、壮大なハレアカラを見渡すことのできる工場で造られており、オーナー所有のサトウキビ畑で作られたサトウキビと、海洋深層水から造られたオーガニックなウォッカです。

ひとつ注意してもらいたいのが、酒類の購入や飲酒に関する法律です。

例えばハワイでは飲酒の解禁が21歳からです。つまり、20歳の方は飲酒が法律で禁じられているのです。

また、飲酒ができる場所も限られています。公共の場、つまり海や商業施設、道路や交通機関などでの飲酒が禁止されているのです。違反した場合は、捕まってしまうことも。

せっかくのハワイ旅行、罰金など無駄な出費は絶対に避けたいですよね。

以下の記事では飲酒に関するルールなど、ハワイに行く際に必ず知っておきたい法律をまとめています。ぜひご一読下さい。

観光客が違反しがちなハワイの7つの法律【いくつ知っていますか?】

3.ハワイには日本のドン・キホーテも進出していた

ハワイのコンビニエンスストアとして「ABCストア」をご紹介しました。続いては、ハワイの「ドンキホーテ」をご紹介したいと思います。

ただし、ABCストアのようにコンビニの代替店舗ではなく、日本のドンキホーテそのものです。

2006年にドンキホーテは海外進出をしていたのです!

ハワイのドンキホーテは日本と違う?

ドンキホーテといえば、生鮮食品から衣類、雑貨に至るまで、店内に所狭しと商品が並んでいるイメージではないでしょうか?

ハワイのドンキホーテは、どちらかと言えば生鮮食品やお土産に力を入れており、スーパーマーケットに近い立ち位置なんだとか。

そんなハワイのドンキホーテで購入できる商品には、以下のようなものがあります。

  • コーヒー豆
  • ハワイアンクッキー
  • マカダミアンナッツ
  • ハワイ産バター
  • はちみつ
  • オーガニックソルト

※ごく一部です

お土産を中心に購入できることが分かりますね。おそらく、現地の人はもちろんのこと、日本人観光客も物珍しさから足を運んでしまうのでしょう。

その他に日本同様に衣類も購入することができます。ただしそこはハワイ版ドンキホーテ。アロハシャツやハワイアン柄の商品までを取り揃えています。

その他にもハワイのドンキホーテで購入できるものはまだまだあります。詳しくは以下の記事でご覧いただけるので、ぜひチェックしてみててください。

なんでも、日本の食品も買えるんだとか……。

ハワイのドンキホーテでお得にお土産を購入する|困ったときの救世主

4.ABCストア以外でもお土産を購入したくなるショッピングスポットをご紹介

Summer vacation image with copyspace. Hat, yellow sunglasses on beach.

豊富にお土産も取り揃えているABCストア。

時間やチャンスがないときは重宝すると思いますが、ちゃんとしたお土産屋さんを見て回るのもきっと楽しいと思います。

ということで、ここではハワイで人気のお土産屋さんを紹介します!

「ハミルトン・ブティック」

雑貨屋さんで外せないのが「ハミルトン・ブティック」です。

ハワイらしい色鮮やかな雑貨が店内に並び、女性受けは抜群。女性の方は自分用のお土産に、男性の方は女性の知人へのお土産にどうでしょうか?

ビーチで活躍するトートバッグや、ちょっとした距離で使いたいビーチサンダルなど。ぜひ旅行中にご活用ください。

「ザ・クッキーコーナー」

「ザ・クッキーコーナー」は、その名の通りクッキーを中心にお菓子のお土産を購入できるお店です。

赤い外観が特徴で、オアフ島に13店舗を構える人気店。観光客だけでなく、地元の方々も利用するんだとか。

人気の秘密は焼きたてのクッキーを楽しめる点です。

お店で焼きあがったクッキーは、お土産にするのはもったいないかもしれませんね。お気に入りのフレーバーをみつけて、その場で食べてしまいましょう!

ハワイには素敵なお土産が目白押し

雑貨やクッキーにとどまらず、ハワイには素敵なお土産が充実しています。誰かを想ってお土産を選ぶのは、きっと自分へのプレゼント以上に楽しいショッピングになるかもしれません。

以下の記事ではそんなお土産屋さんについて特集しています。ハワイを訪れる予定のある方は、ぜひチェックしてみてください。

ハワイ旅行者がこぞって集まる、絶対に行きたい11のお土産店

5.まとめ

いかがでしたか?

コンビニエンスという言葉では表すことができないくらい便利な「ABCストア」、ハワイを訪れた際ぜひ活用してみてくださいね。

ABCストア(ワイキキ・ショッピング・プラザ店)
住所:2270 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:7:00〜23:30
定休日:なし
http://www.abcstores.com/

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!