アクティビティ

ハワイの遊び場11選|大人もついはしゃぐハワイの知られざる魅力

Happy friends sunset jump friendship holidays

「ハワイで遊ぶ」というと、ビーチやショッピングに行くことを想像してしまいがちですが、ハワイの楽しみ方はそれだけには留まりません。

あまり知られていないアミューズメントやビーチのいろいろな楽しみ方でとことんはしゃぐ、11のスポットをお届けします。

1.海水浴だけじゃない、ハワイでの海の楽しみ方

Hat on the sand.

ハワイでは定番の海水浴から、今話題のマリンスポーツまでご紹介していきます。

せっかくハワイに行くなら、観光だけでなく遊びも満喫してみてくださいね。

ワイキキビーチ

 

Koromixさん(@koromix)がシェアした投稿

ハワイといえばまず思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

ワイキキビーチでは海水浴はもちろんサーフィンやパドルボートを楽しめます。

カイルアビーチ・ラニアケアビーチ

カイルアビーチは一年を通して貿易風が吹いているのでサーフィンやマリンボードに最適。

またシュガーパウダーのような砂と透明な海からなる美しいビーチです。

@breezehawaiidivingがシェアした投稿

ラニアケアビーチのウミガメとの遭遇率は驚いたことに99%と言われています。

日本にいてはなかなか会えないウミガメとの会える確率が非常に高いビーチなので、是非ハワイに行った際には訪れてみてください。

ダイビング・シュノーケリング

Scuba diver

ハワイには30近い数のビーチがあり、その中でもダイビングやシュノーケリングに最適なビーチが沢山あります!

そして、何と言っても日本には生息していないカラフルな熱帯魚やウミガメを見ること、一緒に泳げることダイビング・シュノーケリングの最大の魅力です。

パラセーリング

ハワイの綺麗な海と景色を一望できるパラセーリング。

目の前に何も遮るものない最高高度150メートルの上空にはでは、海と空のコントラストが目に焼きつき生涯の思い出になること間違いなしです。

着水の際にジャポンを選べば、腰までつかることもできスリルも味わうことができます。

スタンドアップパドルサーフィン

Stand up paddle boarding

日本でも最近流行し始めている、スタンドアップパドルボード通称“SUP”

サーフィンのアクティブさとパドリングの楽しさを掛け合わせたマリンスポーツです。

ボードに乗りながら眺めるサンセットは、ビーチから感じるのとはまた一味違う景色を感じられます。

Hiroさん(@hiro_lens_work)がシェアした投稿

初心者の方でも手軽に楽しめるアクテビティなので、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

 
 

2.景色も自然も両方楽しみたい方へ

Birds-eye-view at Oahu, Hawaii

次にご紹介するのは、綺麗な景色を楽しむことができるスポットです。

大自然の中で絶景を眺めるという贅沢をぜひ手に入れましょう。

水陸両用でどこでもスイスイ!ハワイ・ダックツアー

ハワイ観光に加えて、水陸両用車でホノルルの名所を回ることのできるダックツアー。

ホノルル市内観光の後はいよいよ海へ!バスで海に入るときの興奮は、他ではなかなか味わうことができません。

小さいお子様からご年配の方まで幅広く楽しんでいただくことができます。

歩きやすい靴で挑戦、ココヘッド・クレータートレイル

hzkさん(@alohzk8)がシェアした投稿

ココヘッド・クレータートレイルでは標高368m、1048段の階段でトレッキングを楽しめます。

およそ1時間ほどで頂上までたどり着くことができますが、急な斜面を登るところもあるので初心者の方には少し大変かもしれません。

しかし、頂上まで登って振り返った先には 、疲れを忘れてしまうほど綺麗な景色が広がっています。

挑戦する際にはスニーカーと水分を持っていくことも忘れずに。

ベローズ・フィールドビーチパーク

空軍基地の近くにあるベローズ・フィールドビーチパークは金曜日のお昼から日曜まで開放されている穴場なスポットです。

ハワイのビーチパークに指定されていて、トイレ・シャワー・ピクニック・テーブルなどの設備が揃ってるいるのでお子様連れでも安心して遊べるんです。

海水浴だけでなく、許可を取ればBBQも出来るので是非ビーチで楽しんでみてはいかがでしょうか?

アクティビティ盛りだくさんの「クアロア牧場」

古代では王族しか立ち入ることが許されない聖なる地であり、数々の神話が現在にも語り継がれているクアロア牧場。

現在は、観光地としても人気のスポットで壮大な山並みや草原、ビーチを含む約4,000エーカーの土地では乗馬・四輪バギー・ジープツアーなどその他にも沢山のアクテビティが楽しめます。

大自然を肌で感じながら、遊び尽くしてみてください!

3.大人も子供も大興奮で楽しめるアミューズメント

Close up Joystick of arcade.,Vintage tone,Close up Joystick

ここまでハワイで楽しめる主な遊びをご紹介してきました。

最後は大人から子どもまで全力で楽しめるアクティビティ・アミューズメント施設をお伝えします。

デイブ アンド バスターズ

デイブアンドバスターズは家族揃って、楽しんで食事もできるアミューズメント施設です。

ゲームはコインゲームなどの定番から最新シミュレーションゲームまで100種類を超える設備が用意されているので、1日かけても足りないくらい楽しめます。

また、ゲームで獲得したクーポンはおもちゃやデイブアンドバスターズ限定の商品にも交換できるんです。

そして、ゲームでたくさん遊んだ後はセンター中央で食事をとることもできます。

ハンバーガーやピザなどの軽食からステーキ、スイーツまで幅広くお店が並んでいるので、食事もしっかりと楽しめます。

晴れの日はもちろん、雨季で天気に恵まれない日でも楽しめるデイブアンドバスターズに是非足を運んでみてはいかかでしょうか?

ウェット アンド ワイルド ハワイ

敷地面積約東京ドーム3個分の広さを持ちワイキキから車で35分ほどの場所にあるウェット アンド ワイルド ハワイ。

施設の中には大人から子どもまで楽しめる25種類のアトラクションが用意されています。

アトラクションの中には5階建ての建物の高さからすべり降りるウォータースライダー、スリル満点で世界一大きなハーフパイプの二人乗りのスライダーなどなど、絶叫アトラクション好きにも飽きないアトラクションが揃っています。

また、ウェット アンド ワイルドのモットーには“Safety First”を掲げています。

訓練を受けた医療スタッフが常駐しており、警備員が常に巡回しているなど、園内は常に安全に整備されているので、万が一の事態にもしっかりと対処することができます。

「ウェット アンド ワイルド」公式サイトはこちら

まとめ

Group of friends on the beach having fun

以上、海水浴から大自然を満喫できるアクテビティまでご紹介しました。

ハワイでの遊び方に迷った時はぜひ参考にしてみてください!

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!