hapalua
観光お役立ち現地ノウハウ

ハワイ島でのレンタカー活用マニュアル|予約方法や運転の注意点など

レンタカー レンタル

「ビッグアイランド」とも呼ばれ、ハワイ諸島の中でも最も広い土地を持つハワイ島。

活火山や渓谷など、非日常の自然と触れ合うことができます。

しかし自然が豊かな反面、ハワイ島は交通機関が十分に整っていません。

観光ツアーの送迎車などがあれば問題なく過ごすことができるかもしれませんが、自由気ままな旅行を楽しむのであれば、レンタカーの利用は必須といえるでしょう。

また、ハワイ島は交通量が少なく、加えてほとんどの道が片側一社線です。そのため、初めての方でも問題なく運転できるのも特徴です。

そこで今回は、ハワイ島でレンタカーを利用するためのノウハウを徹底的にご紹介します。

利用方法や借りられる場所、費用感や注意点など。この記事さえ読めば、ハワイ島で問題なくレンタカーを利用することができるでしょう!

1.ハワイ島でレンタカーを利用しよう

ドライブ レンタカー

それではまず、レンタカーの具体的な利用方法から解説していきます。

ハワイ島でのレンタカーの利用方法

ハワイ島でレンタカーを利用するには、事前に予約をするか、その場でレンタルするかの2パターンがあります。

その場で借りる場合は、もちろん空車がないとレンタルできないので、日程が分かっている限り事前予約をしてくのが良いでしょう。

レンタルに必要な物は以下の通りです。

  • ID(パスポートなど、国際的な身分証明証)
  • クレジットカード
  • 日本の運転免許証
  • (国際免許証)

※国際免許証はあってもなくても大丈夫ですが、逆に、国際免許証だけではレンタルすることができないのでご注意ください。

その後、レンタルについての条件を取り決めます。以下のことを聞かれるケースが多いです。

  • 希望の車種
  • 任意保険の加入有無
  • ドライバー数
  • 返却時のガソリンは満タン返しか
  • オプション(カーナビやチャイルドシート)の有無

事前予約であれば上記の取り決めをあらかじめ行うことができるので、初めての方は予約をしてから行くのが良いでしょう。

受付が終わると、鍵と書類を渡され、該当する車に乗り込んで出発です!

なお、出発時にレンタカー会社の出口で一旦停止し、渡された書類のバーコードを読み取る必要がある場合もあるので、ご注意ください。

レンタカーを借りられる場所(営業所)

車 スーツの男 レンタカー

各地にいくつかの営業所がありますが、観光で訪れる際は各空港で借りるのが良いでしょう。

「コナ空港」か「ヒロ空港」のいずれかを利用することになると思います。

いずれも空港を抜けて「Rental Cars」の看板を探し、レンタカー会社が並ぶカウンターで手続きをします。

どちらの空港を利用するべきかに関しては、主要なスポットへのドライブ時間を考慮して選びましょう。

ヒロの街から

ボルケーノ:約45分(48km)
ホノカア:約60分(66km)
ワイメア:約75分(88km)

コナの街から

ワイコロア:約40分(51km)
ワイメア:約50分(64km)
ホノカア:約70分(86km)

レンタカーを利用する費用感

費用感は以下の通りです。

車種 金額目安/1日あたり
コンパクトカー(小型車) 10,000〜11,000円
ミッドサイズ(中型車) 11,000〜12,000円
フルサイズ(米大型車) 12,000〜13,000円
SUV(ジープなど) 14,000〜16,000円
オープンカー 14,000〜16,000円
ミニバン 14,000〜16,000円

※あくまでも目安としての金額で、オプションや時期によってはこの限りではありません。一つの参考としてご確認ください。

一般的な利用であれば、ミッドサイズ(中型車)で十分です。

とはいえ、運転もアクテビティのひとつ。ドライブをより楽しみたい方は、SUV(ジープなど)やオープンカーをレンタルするのもおすすめです。

2.レンタカーはメリットで決めるべし

グッド ベター ベスト

ハワイ島には数多くのレンタカー会社があります。何を基準に選べばよいのでしょうか?

いくつかの選定基準をご紹介します。

選定基準1:日本語サポートが充実しているか

レンタカー会社の現地受付は、日本語が通じない場合もあります。

あらかじめ予約をしていけば優れた英語力を必要とすることはまれですが、万が一事故や車の故障がおこってしまった場合は、英語が必要になるケースもあります。

特に盗難による警察への連絡は、英語が必須となるでしょう。

そういった点で日本語サポートがあるレンタカー会社を選んでおくと、安心してドライブを楽しむことができます。

選定基準2:マイル(マイレージ)が貯まるかどうか

飛行機 女性

航空会社各社が設けているポイント制度であるマイル(マイレージ)ですが、航空会社がレンタカー会社と提携し、レンタカーを利用するとマイルが貯まることがあります。

贔屓の航空会社がある場合は、レンタカーがマイル提携をしているかを確認するのも、お得に利用するポイントになるでしょう。

選定基準3:年齢制限があるか

いくつかのレンタカー会社は、貸し出しに25歳以上という年齢制限を設けている場合があります。

25歳未満の方は追加料金が必要なケースもあり、料金比較をする際にはこの点もふまえて検討するようにしましょう。

選定基準4:走行禁止道路の制限

レンタカー会社には、それぞれ「走行禁止道路」が決まっています。自然が多いため、各社が危険だと判断した道は走行できないことになっているのです。

また、例えば「マウナケア山頂地域へのアクセスは4輪駆動車に限られている」など、車種による制限もあります。

自然豊かな観光スポットのうち、あらかじめ行きたい場所が決まっている場合は、走行可能なレンタカー会社(車種)を選ぶようにしましょう。

3.覚えておくべきハワイ島の交通ルール

道路標識

車は車ですが、日本と海外では交通ルールに違いがあります。

ここでは、ハワイ島の交通ルールについて見ていきましょう。

ルールその1.「右側通行」と「左ハンドル」

海外であるハワイはもちろん右側通行。レンタルする車も左ハンドルです。

日本の車に乗り慣れていて、なおかつ集中力を欠いてしまうと左折時にうっかり左車線に入ってしまうことも。

中央車線が自分の左側に来ることを意識して、運転することがポイントです。

ルールその2.信号が赤でも右折が可能

ハワイでは、対向車がいなければ赤信号でも右折することが可能です。

ただし、交差点には「AFTER STOP RIGHT TURN PERMITTED ON RED(一時停止後に右折可)」や「NO TURN ON RED(右折禁止)」など、道路標識が設置されている場合もあります。

もちろんその場合は標識の指示を優先してください。

ルールその3.スピード標識の単位が「マイル」

マイル 標識

ハワイでは、速度制限(指示)のスピード表示が、マイルです。kmではないことを覚えておきましょう。

1マイル=約1.6kmなので、標識の表記が400マイルとなっていた場合の速度制限は64kmとなります。

スピードを出しすぎず、徐々に慣れていけるようにしましょう。

ルールその4.夜間の運転に注意

ハワイは、コナやヒロといった中心地以外では街頭がほぼ設置されていません。

夜になると、あたりは真っ暗。車のライトのみが光源となってしまいます。

なれない道を暗い中運転するのは非常に危険なので、くれぐれも日が暮れないうちにホテルに戻れるようにしましょう。

ルールその5.ハワイ島にはガソリンスタンドが少ない

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドには、ほぼ街中にしかありません。また、街と街との間隔も離れているため、ガソリン切れには注意が必要です。

ドライブの途中や、滞在先からアクセスの良い店舗を覚えておき、そこでこまめに給油するのが良いでしょう。

ルールその6.走行禁止道路を把握しておく

先程も触れましたが、各レンタカー会社は独自に「走行禁止道路」を設けています。

そもそも、未舗装の道路は走行禁止です。仮にその路上で事故を起こした場合は無保険での事故扱いになってしまいます。

もちろん、各レンタカー会社が定めている走行禁止道路も同様です。火山や渓谷を訪れる際は、くれぐれも走行禁止道路を把握しておくようにしましょう。

4.レンタカーの予約は比較サイトを使おう

レンタカーを予約するには、レンタカーの比較サイト(H.I.S)を利用するのが便利です。

HISレンタカー利用方法01

レンタカー会社をまたいで最安値を調べてくれるので、よりお得に予約を完了させることができます。

もちろん、コナ、ヒロの両空港に対応しています。

HISレンタカー利用方法02

そのまま日本語のサイトで予約を完結させることができるので、英語が苦手な方も安心。

料金が先払いなので、現地の受付でプラン変更などに惑わされることもないでしょう。

もし現地でトラブルがあっても、H.I.S.の専任スタッフが事後対応をサポートしてくれたり、当日のキャンセル料がかからないことも。海外のレンタカー会社にはないメリットも魅力です。

▼H.I.S.レンタカー予約サイト
https://cars.his-j.com/RtfSearch.aspx
▼H.I.S.海外レンタカーのメリット・特徴
https://cars.his-j.com/ct/intro/index.html

5.まとめ

レンタカー レンタル

オアフ島での観光に必要不可欠ともいえるレンタカー。

海外での運転、そのうえ海外でのレンタカーともなると、難易度が高そうに感じられるかもしれません。

しかしこの記事で紹介した通り、日本から手続きが可能な、難易度が決して高くないサービスなのです。

ハワイ島の観光をより充実させるためにも、ぜひレンタカーを利用しましょう!

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!