観光お役立ち出発前準備

ハワイ旅行をお得にするおすすめのクレジットカード3選|特典や各社の特徴まで

Woman is shopping online with laptop computer and credit card

海外旅行で現金を持ち歩くと、盗難トラブルや急な出費に対応できない場合があります。

そんな悩みを解決してくれるのが、クレジットカードです。

クレジットカードには、ハワイ旅行で利用できる特典が充実しています。そこで今回は、新しくクレジットカードを作る方におすすめのカード会社や、ハワイでクレジットカードを使う際の注意点や紹介します。

ハワイ旅行が断然お得になるクレジットカード3選

Man working on laptop placed on white desk

ハワイ旅行へ行くのなら、ハワイで利用できる特典が満載のカードを選びましょう。

ここでは、ハワイ旅行におすすめのクレジットカード3選と、それぞれの特典についてご紹介します。

1. エポスカード

学生やフリーランスでも作りやすいクレジットカードなら「エポスカード」がおすすめです。

年会費がいつまで経っても無料のため、高い人気を誇っています。

1-1. 海外旅行保険のサポートが充実している!

エポスカードの強みは、なんと言っても海外旅行保険のサポートがゴールドカード並みに充実している点です。 保険は自動付帯で、期間は最長90日です。

【エポスカードの海外旅行保険サポート】
※最大額

  • 傷害死亡/ 後遺障害:500万円
  • 傷害治療:200万円/ 1回
  • 疾病治療:270万円/ 1回
  • 賠償責任:2000万円/ 1回
  • 救援者費用:100万円
  • 携行品損害:20万円

中でも「疾病治療」は、海外旅行中にかかった病気の治療に対する費用をカバーしてくれることを意味します。

海外旅行中の体調不良では最も利用する可能性が高い項目ですので、こちらのサポートが最大270万円とは魅力的な金額です。

キャッシュレス診療ができるのも、慣れない海外でのもしもの事故の時に安心できる点でしょう。

▼詳細はこちらから
エポスカード公式サイト

1-2. ハワイの空港・市内のラウンジが無料で利用できる!

エポスカード利用者には、空港や街中で嬉しいラウンジサービスがついてきます。

・ハワイ・ホノルル国際空港出発ロビーラウンジ

【主なサービス内容】

  • 無料ドリンク(ソフトドリンクのみ)
  • フライト情報
  • 新聞、週刊誌の無料閲覧
  • 無線LAN
  • パソコン貸し出し
▼ハワイ・ホノルル国際空港出発ロビーラウンジ
住所:342 Rodgers Blvd, Honolulu, HI 96819, USA
ターミナル2 1Fガーデンコート
営業時間:7:30~13:30、14:00~18:00
定休日:年中無休
公式サイト:https://www.iass.co.jp/lounge/hawaii.html

・ホノルルラウンジ

【主なサービス内容】

  • ドリンクサービス(ソフトドリンク)
  • 手荷物の一時預かり
  • インターネット接続
  • 新聞、雑誌の閲覧
▼ホノルルラウンジ
住所:330 Royal Hawaiian Avenue, Honolulu, HI 96815, USA
DFS T ギャラリア ハワイの2階(ワールドアシスタンスサービス内)
営業時間:10:00~18:00
定休日:年中無休

▼詳細はこちらから
エポスカード公式サイト

※ラウンジ利用は原則プラチナ会員以上です。詳細は直接ご確認ください。

1-3. ハワイの人気レストランでお得に食事ができる!

https://epotoku.eposcard.co.jp/page/hawaii/index-sh.htmlより

エポスカードでは、「アランチーノ・ディ・マーレ」や「田中オブ東京」などの人気レストランで会計が10%OFFになります。

ハワイの海でとれた新鮮な魚介類を使った絶品グルメや、あえて海外でオシャレに味わえる日本食など、思い出に残る食事をお得に楽しみましょう。

▼割引対象のレストラン一覧はこちらから
エポスカード公式サイト

1-4. 国際ブランドは安心・安全のVISA!

エポスカードの国際ブランドはVISAです。

日本人観光客の多い地域でよく利用されているのはJCBですが、ハワイ全体ではVISAやMastercardの方が普及しています

カード決済可能なショップではかなりの確率で使用できるので、1枚持っておくと安心して旅ができるでしょう。

5)その他のお得情報も必見!

エポスカード利用で、ハワイのショッピングがよりお得になります。

T ギャラリア ハワイ by DFSでの買い物では「ゴディバ・チョコレート」がもらえたり、ロイヤル・ハワイアン・クッキー直営店で$50以上購入すると限定ギフトが手に入ったりしますよ!

お得情報の詳細は、公式サイトからチェックしてみてください。

▼詳細はこちら
エポスカード公式サイト

▼お申し込みはこちら
【エポスカード】

2. JCBカード

jcbカード
JCBカードより

日本発の国際カードブランド「JCB」カードは、耳にする人も多いのではないでしょうか。

JCBカードの魅力は、何と言ってもハワイでの特典が豊富なことです。

2-1. ハワイで使える「Global Wi-fi」の利用料金が20%OFF!

JCBグローバルWiFiは、世界200以上のエリアでインターネットが接続ができる海外WiFiレンタルサービスです。

海外でも観光スポットの場所を調べたり、SNSに写真をアップしたりと、日本と同じようなネット環境を整えたいですよね。

JCBカードを利用すれば、レンタル代が20%もお得になります!

▼詳細はこちらから
JCBグローバルWiFi

2-2. ワイキキ市内にある2つのJCBラウンジが無料で使える!

「町歩きに疲れた」「休憩したいけどカフェは混んでいて休めない」といった時に、気軽に利用できるのがJCBのラウンジです。

JCBブランドのカードを持っていれば、誰でも使うことができます。

※ラウンジ利用は原則ゴールド会員以上です。詳細は直接JCBプラザにご確認ください。

・JCBプラザ ラウンジ・ホノルル

【主なサービス内容】

  • ご案内(JCB加盟店情報、観光情報)
  • 予約(ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケットなど)
  • 緊急サービス(カードの紛失・盗難時のサポート(※))
  • Wi-Fi 無料サービス
  • ラウンジサービス(インターネット、プリントアウト無料サービス、日本語新聞、雑誌の閲覧、現地ガイドブック、情報誌の閲覧、ドリンクサービス、マッサージ機、レンタル傘サービス、お荷物の当日中一時預かりサービス)

※JCBプラザ ラウンジ・ホノルルでは、海外専用緊急再発行カードの即日発行が可能です。

▼JCBプラザ ラウンジ・ホノルル
住所:2nd Floor, Waikiki Shopping Plaza, 2250 Kalakaua Ave., Suite 207A, Honolulu, HI 96815, U.S.A.
カラカウア通り沿い、ワイキキ・ショッピング・プラザ2階
営業時間:9:00~20:00
定休日:年中無休
公式サイト:https://www.jcb.jp/ws/plaza/lounge_honolulu.html

・JCBプラザ・ホノルル

【主なサービス内容】

  • ご案内(JCB加盟店情報、観光情報)
  • 予約(ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケットなど)
  • 緊急サービス(カードの紛失・盗難時のサポート(※))
  • ベビーカーレンタル ・キッズプレイエリア利用
  • インターネットサービス
  • 手荷物の当日中一時預かりサービス
▼JCBプラザ・ホノルル
住所:Ala Moana Center ,1450 Ala Moana Blvd. Honolulu, HI 96814, U.S.A.
Ala Moana Blvd(アラモアナ大通り)沿いにある Ala Moana Center (アラモアナセンター)1階「JTB ‘OLI’OLI STATION Ala Moana 」(オリオリステーションアラモアナ)内
営業時間:9:30~18:00
定休日:年中無休
公式サイト:https://www.jcb.jp/ws/plaza/plaza_honolulu.html

2-3. ハワイの最新旅行情報がわかるアプリを利用できる!

JCBカード利用者なら、ハワイで使えるアプリ「JCBハワイガイド」を活用できます。

お店に提示するだけで割引を受けられるJCBならではのお得情報や、Wi-Fi環境に繋げない場面でも利用できるオフラインマップなど、旅行者に嬉しいサポートが充実しています。

▼詳細はこちらから
JCB公式サイト

2-4. ワイキキ・トロリー(ピンクライン)の乗車賃が無料に!

ワイキキ・トロリーとは、ホノルル内での移動に欠かせないトロリーバスです。

「ピンクライン」「ブルーライン」「グリーンライン」「パープルライン」「レッドライン」の5種類の路線があります。

「ピンクライン」は、ワイキキの主要エリアの移動に最適。JCBカードを見せるだけで、この乗車賃が無料となります!

ホテルへの移動はもちろん、ショッピングを楽しみたい方にも嬉しいサービスです。 ご乗車の際に、JCBカードをご提示ください。

2-5. その他のお得サービス情報も必見!

ハワイはひとり旅、カップル、友人から家族まで、誰もが楽しめる旅行先です。

多くの人が満足できる上記の特典に加えて、レストランやホテルでの割引や、お買い得なショッピング情報、訪問してJCBカードを提示するだけでもらえるギフト情報など、ハワイ旅行をより充実させる裏技が常に更新されています。

詳しくは、JCBカードハワイ優待公式サイトをチェックしてください。

▼JCBカードのハワイ優待詳細はこちら
ハワイは、おまかせ。JCB

▼お申し込みはこちら
JCBカード

3. 楽天カード

最後にご紹介するのは「楽天カード」。エポスカードに続き、年会費は永年無料です。

1ポイント1円から使えるというポイント還元率の高さは、多くの方々から支持を得ています。 他にも、プリペイド電子マネー「Edy」が利用可能。チャージ式のため、使い分けができます。

3-1. 楽天会員専用の楽天カードラウンジ

楽天カードの利用者なら、ワイキキ市内の人気ショッピングセンターでの休憩が無料になります。

小さなお子さま連れのご家族に配慮したサービスも嬉しいポイントです。

【主なサービス内容】

  • カード盗難・紛失時のご相談
  • ドリンクサービス
  • Wi-Fiサービス
  • PC/ プリンター利用
  • 荷物の当日中一時預かり
  • ラウンジ内トイレ完備※ウォシュレット付き
  • マッサージチェア
  • 傘貸出し
  • キッズスペース
  • 授乳室
  • ベビーカー貸し出し
  • ハワイで使えるクーポン配布
▼楽天カードラウンジ
住所:330 Royal Hawaiian Avenue, Honolulu, HI 96815
カラカウア通りに面したT ギャラリア ハワイ by DFSの2階
営業時間:9:30〜20:00
定休日:年中無休
公式サイト:https://www.rakuten-card.co.jp/overseas/hawaii/lounge/

3-2. ワイキキ市内で使えるお得なクーポンが満載!

楽天カードラウンジで配布中の特典クーポン(冊子)をもらえば、公式サイトで更新されている、ハワイ滞在がグッとお得になるサービスを無限に使うことができます。

特典はお使いのスマホでも受け取れる他、クーポンがお洒落にまとめられたPDFもダウンロードできますよ。

街中で使用する際は、お手持ちの楽天カードを提示して、ハワイ滞在をさらにスペシャルなものにしてください。

3-3. 年会費無料でも手厚い海外旅行傷害保険

楽天カードの海外旅行保険は、カード利用者の家族にも安心のサービスとなっています。

保険は利用付帯で、期間は最長90日です。

日本を出国する前に、自宅から出発空港までの交通費(公共交通乗用具の運賃)もしくは海外旅行代金を楽天カードで支払っていることが条件です。

【楽天カードの海外旅行保険サポート】
※最大額
※( )内はプレミアムカードの場合

  • 傷害死亡:2,000万円(5,000万円)
  • 傷害治療:200万円(300万円)/ 1回
  • 疾病治療:270万円(300万円)/ 1回
  • 賠償責任:2000万円(3,000万円)/ 1回
  • 救援者費用:200万円(200万円)
  • 携行品損害:20万円(50万円)

海外保険の充実で人気のエポスカードよりも、傷害死亡と救援者費用への補償額が高額になっています。

「救援者費用」とは、旅行中の遭難による捜索費や、カード利用者が病気やケガで入院したときに家族が駆けつける渡航費などを補償するものです。

渡航者を見送る家族にとっても、1枚あると安心できるカードでしょう。

その他にも、ハワイ滞在を特別なものにするクーポン・割引情報がたくさんあります。 ぜひ、公式サイトをチェックしてみてください。

▼詳細はこちらから
楽天カード公式サイト

▼お申し込みはこちら
楽天カード

ハワイでクレジットカードを使ったほうがいい理由

Customer paying for order of cheese in grocery shop.

おすすめ3選の特徴がわかったところで、ハワイでクレジットカードを使ったほうが良い理由をご紹介します。

ブランドやカード会社にかかわらず、理由は大きくわけて5つあります。

  • デポジットの支払いができる
  • 両替の必要がない
  • 海外旅行保険が適応されている
  • ドルでキャッシングができる
  • 買い物履歴が残る

1. デポジットの支払いができる

デポジットとは、宿泊するホテルのチェックイン時に支払う保証金です。

主な内訳はルームサービスや客室のドリンク代ですが、もしこれらを利用しなかった場合は、チェックアウト後に全額返金されます。

現金支払いの場合はクレジットカードより多く支払わなければならないことが多いので、カードで済ませるのがスマートでしょう。

返金手続きも簡単にできます。 なおデポジットが払い戻しされているか確認するためにも、明細書は取っておきましょう。

2. 両替の必要がない

ハワイ旅行で現金が必要になったら両替をしなければなりません。

しかし、できるだけクレジットカードで決済をするようにすれば、必要な現金は最小限にとどめて、両替の手間を省くことができます。

ただしタクシーやホテルで支払うチップは現金が多いので、クレジットカードとの使い分けが必要です。 到着してから空港で両替をする方もいますが、あくまで観光客向けのため、手数料は高く設定されています。可能であれば日本で両替しておくといいでしょう。

3. 海外旅行保険が適応されている

先述の通り、海外旅行先でケガをしてしまったり、病気になってしまったりした場合には、カード付帯の保険で治療費を抑えることができます。

旅行先でのトラブルに備えたカードを持ちたい場合は、海外旅行保険が適応されているクレジットカードを作るといいでしょう。

補償期間や金額は、カード会社によって異なります。

4. ドルでキャッシングができる

キャッシングとは、クレジットカードに付帯する現金を借りられる機能です。

早期返済すれば、カードで買い物した場合の手数料よりもキャッシングの利率の方が安いと場合があります。

ただし為替に左右されるので注意が必要です。

5. 買い物履歴が残る

クレジットカードを使用すれば、自分の支払い履歴をトラッキングできます。

清算や誤請求の発見に便利でしょう。

ハワイでクレジットカードを使うときの注意点

female hands holding credit card and phone in the office and making a purchase onlain

メリットが盛りだくさんなクレジットカードですが、現金と同じ扱いのため使用時には注意が必要です。

クレジットカード社会とも呼ばれるアメリカですから、クレジットカードにまつわる犯罪は多く起こっています。

次は、安心してクレジットカードを使うための注意点をご紹介します。

1. クレジットカードを使用できない場所がある

ハワイでは、一部でクレジットカードを使用できないケースがあります。それは、ホテルのチップや出店です。

お祭りシーズンになると屋台が立ち並びますが、そういった場所では現金支払いになります。

もしイベントに参加予定の方は、現金を多めに持ち歩くといいでしょう。

2. 暗証番号の盗み見対策を万全に

クレジットカード決済のときは、暗証番号入力やサインを求められますが、パスワードが流出してしまうと思わぬ損害に繋がってしまう可能性もあります。

クレジットカード決済で暗証番号を入力するときは手で隠し、見られないようにするといいでしょう。

3. 二重請求

「二重請求」は、海外問わず国内でも起こりうる問題です。思わぬトラブルにより、重ねてお金を支払っているかもしれません。

対策方法は、ハワイであっても国内であってもクレジットカードの明細書やレシートを3ヶ月ほど保管しておくこと。

もし二重請求されていた場合は、カード会社へすみやかに連絡しましょう。

まとめ

Group of four friends having fun a coffee together after shopping

今回は、ハワイで利用できる特典付きのカード会社や、ハワイでクレジットカードを使う際の注意点をご紹介しました。

ぜひ旅程や現地での希望に合わせて、ぴったりのクレジットカードを手に入れてくださいね!

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!