お役立ち情報

知らないと損をする、ハワイと日本のファッション4つの違い


ハワイ旅行で気になる、現地の文化。日本ならではの文化をハワイに持ち込んでしまうと、変わった人扱いをされてしまうかもしれません。「郷に入れば郷に従え」という言葉もある通り、ハワイの文化を知っておいて損はありません。

そこで今回は、ファッションのポイントに絞って、日本とハワイでの違いを解説します。
旅行でも現地の人々と同じように、のびのびと楽しみましょう。

1.マスクは重病者の印

日本ではよく見かける、マスクをかけた人々。
実は、このマスクをかけるという行為は、ハワイでは重い病気を患った人という意味合いがあります。というのも、日本ほどハワイではマスクの文化が主流ではありません。そのため、“マスクをかけなければいけないほどの病気=外を出歩いてはいけない”と勘違いされてしまいがちなんです。

日本にいるときには、花粉症や風邪気味、またすっぴんを隠すためにマスクを着用するということが当たり前のように行われていますが、外にで歩く際にはマスクの着用は控えましょう。

ただし、飛行機での移動中には、乾燥も考えられるためマスクの着用をおすすめします。日本からマスクは持ち込み、乾燥をどうしても予防したいシーンでの着用にとどめましょう。

2.日焼け防止には日傘ではなく帽子を

こちらも日本独特の文化、日傘です。
ハワイは日差しの強い地域であるため、日差しの予防は必要不可欠です。しかし、その予防方法は日傘ではありません。

日本人であれば、日差しの予防に日傘をさすという行為は違和感のあるものではありませんが、ハワイ現地では日傘をさしているいる人はほとんどいないので、少し浮いてしまいます。ハワイではもともと傘をさす文化が根強いものではなく、雨傘ですらもさす人は多くありません。おそらく、雨がすぐに止む気候であることと、傘で片手がふさがれることに違和感を持つからでしょう。

つまり、日傘以外のものでハワイの人々は日差しを防いでいます。
それが、「帽子」。日差しを防ぐことのできるものであれどんな形でも構わないですが、アロハシャツに合わせるならばスポーティーなキャップ、ワンピースに合わせるなら優雅なハットなどがおすすめです。どちらにしても、強い日差しを遮るためにはなくてはなりません。

また、日差し避けとしてはサングラスを着用する方も多いですが、アームカバーを着用する人はほとんどいなかったりと、やや複雑なようです。

3.レギンスやトレンカは避ける

「肌を直接見せることに抵抗がある」「1枚では涼しいから下に重ねたい」そんな方に大人気のファッションアイテムがレギンス・トレンカ。数年前から日本で大流行し、今やファッションの定番となりましたよね。ミニスカートやハーフパンツのお供としては欠かせない存在になりつつあります。

しかし、レギンス・トレンカも日本ならではの着こなし。もちろん着用してはいけないというわけではありませんが、現地の方々はまず重ねては着用しません。ヨガやランニングなどをするときには、そのまま1枚で着用します。また、ハワイのみならず、そのほかの欧米諸国から見ても珍しい文化と言えます。

スカートやハーフパンツにほかのアイテムを合わせる、という考え方が日本なのでしょう。原意らしいファッションを極めるならば、何も合わせることなく1枚で過ごすことがおすすめです。

4.屋内と夜の外出では上着が必須アイテム

最後に注意していただきたいポイントが、上着を必ず持ち歩くこと。

さまざまな情報メディアでも言われているためご存知の方も多いですが、日本人にとっては最重要項目といっても過言ではありません。日本で過ごしているときですらも、外と建物の中との気温差に驚いてしまったり、夜の冷え込みに戸惑ったりということがあると思います。

ハワイは、なんとそれ以上に寒暖差の大きい場所なんです。
室内の冷房は日本と比べ物にならないくらいの設定温度だったり、意外ですが夜も冷え込みます。特に、海沿いに行くと風もあるため寒暖差は大きく感じることでしょう。

ハワイ旅行で出かける際には、ジャケットやパーカー、ストールなどの上から羽織れるアイテムを必ず持って出かけてくださいね。

ハワイでのファッションの注意点を4つご紹介しました。
ぜひハワイ旅行の際には役立てて、安全で快適な旅の時間をお過ごしくださいね。

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!