ショッピングカルチャー&ヒストリー

ハワイのコーヒーが好きな方へのお土産に!ノースショアのコーヒー

ハワイ各島で取れるコーヒーは、観光客やローカルにとても人気があります。

有名なコナコーヒーはハワイ島コナ地域で栽培されています。

また、コナコーヒー以外にも、カウ地区産のカウコーヒーは、2009年のオバマ元大統領が自身の就任式でカウコーヒーを振舞ったことから話題になりました。

コナコーヒーは酸味のあるすっきりとした飲み心地に対し、カウコーヒーは苦みの少ないフルーティーな味わいが特徴です。

コーヒーベルト

ハワイはアメリカ合衆国で、コーヒーの生産が可能な州です。

コーヒー栽培に適しているエリア(コーヒーベルト)にも含まれています。

ここオアフでもオアフ島産ワイアルアコーヒーが手に入ります。

ワイアルアコーヒーはノースショア・ハレイワの近くで栽培がされていています。

酸味の少ないすっきりとしたマイルドな味わいです。

コーヒーの花は小さく、ジャスミンのようなとてもいい香りがします。

実が赤く熟したら収穫です。

熟したコーヒーの実は食べることができます。

あまり食べる部分はありませんが、とても甘くて美味しいです。

オアフのコーヒー農園を見学したい方はこちら「グリーンワールドコーヒーファーム」で体験できます。

もし、近くにお寄りの際は、是非、お越しください。

Green World Coffee Farm(グリーンワールドコーヒーファーム)
71-101 Kamehameha Hwy, Wahiawa, HI 96786 https://www.greenworldcoffeefarm.com/

コーヒー豆の種類

通常コーヒーの実の中には2つ豆が入っていますが、全体の4%ほど実の中に1つしか入っていない豆があります。

これをピーベリーと呼びます。

このピーベリーはうまみが凝縮されています。

ハワイは土地も狭く、この限られた中でのコーヒー収穫は多くないため高価なコーヒーになってしまいますが、とても美味しくコーヒー好きに愛されています。

ノースショアにしかないコーヒーショップ

コーヒー好きにオススメなのが、ノースショアのハレイワです。

この地域には、ワイキキなどにはないコーヒーショップがあります。

「コーヒーギャラリー」も、そんなコーヒーショップの一つです。

オリジナルブレンドも豊富に取り扱っています。

コーヒーパッケージもハワイらしいですよね。

お土産に喜ばれそうです。

店内のディスプレイ、ハワイらしくてかわいいですよね。

オリジナル雑貨もたくさんあります。

 

「グリーンワールドコーヒーファーム」と「コーヒーギャラリー」両店とも、オアフ島以外のハワイ島、モロカイ島、カウアイ島、マウイ島産のコーヒーも取り扱っています。

それぞれの特徴もあるので、好みに合ったコーヒーを探すことが出来ます。

次回のお土産やギフトの参考にしてみてはいかがでしょうか。

Coffee Gallery (コーヒーギャラリー)
66-250 Kamehameha Hwy c106, Haleiwa, HI 96712 https://www.coffee-gallery.com/

この記事を書いた人

アロハスマイル編集部

アロハスマイルでは【在住者が監修できるメディア】として、正しい情報を提供していきます。