グルメ

ハワイ名物グルメ、マラサダを食べるならこの5つの人気店・有名店へ

ハワイのグルメといえば、アサイボウルやパンケーキ、ガーリックシュリンプなどたくさんの種類がありますが、マラサダも外せませんよね!
素朴な味わいで、観光客だけでなくハワイのローカルからも愛され続けています。
フワフワの口当たりで人々を魅了する大人気スイーツ・マラサダの魅力と、絶品のマラサダを味わうことができるお店を厳選してご紹介します。

ハワイ人気の高い定番おやつ「マラサダ」

ハワイで人気が高いことから、ハワイ発祥のお菓子と勘違いされやすいマラサダですが、実は発祥はハワイではありません。
一体、どこの地域の発祥なのでしょうか?
正解は、「ポルトガル」です。
マラサダはポルトガルに古くから伝わる料理で、多くの家庭でおやつとして作られていました。
「マラサダ」という言葉も実はポルトガル語で、“大ざっぱな”という意味を持っています。
生地を油で揚げて砂糖をまぶすだけという、ざっくりとした手順がその語源なのかもしれませんね。
日本でも、コッペパンに砂糖をまぶした「揚げパン」が昔ながらのおやつの定番ですね。
同じように、海の向こうのポルトガルでもマラサダが人気となり、その後ハワイの地域へと浸透していったのです。

マラサダを食べるなら行くべき店舗5選

Group of friends eating donuts in the city それでは、そんな大人気のマラサダを楽しむことのできるお店をご紹介していきます。
今回ご紹介する店舗は5店舗。お気に入りの店舗を見つけてくださいね。  

1.レナーズ・ベーカリー

ハワイでマラサダ、といえば真っ先に思い浮かぶお店、それが「レナーズ・ベーカリー」です。
1952年の創業以来、伝統の味を守りローカルに愛される店へと成長してきました。
マラサダをハワイに広く認知させたのも、この「レナーズ・ベーカリー」です。

 

laniさん(@lani32mi)がシェアした投稿

「レナーズ・ベーカリー」のマラサダは注文してから揚げてくれるので、熱々でフワフワの口当たり。
定番かつシンプルなシュガー味が大人気で、連日多くのお客さんが店に訪れる人気スポットです。

ポップなお店のロゴも可愛さ満点で、目が離せません。
「ちょっと小腹が空いたな」なんてときにはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

レナーズ・ベーカリー
住所:933 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96816 アメリカ合衆国
営業時間:年中無休 7:00〜19:00(2021年9/10現在)

2.カメハメハ・ベーカリー

かじってビックリ!鮮やかな紫色のマラサダが人気の「カメハメハ・ベーカリー」。
ワイキキからは少しアクセスしづらいにもかかわらず、わざわざ訪れたいお店として観光客も大人気です。

この紫色の正体はタロイモ。
フワフワで軽い食感なので、「ついついたくさん食べてしまう!」と大人気です。
また、平日は早朝2:00〜開店しているので、朝ごはん調達にもぴったりですよ。

 

MAYUMIさん(@9mayuty27)がシェアした投稿

次々にマラサダを箱買いしていくローカルに混じって、本場の味を堪能してみませんか。

カメハメハ・ベーカリー
住所:1284 Kalani St, Honolulu, HI 96817 アメリカ合衆国
営業時間:月〜金 2:00〜16:00
     土・日 3:00〜16:00

3.リリハ・ベーカリー

1950年創業、長年にわたり地元の人たちに愛される「リリハ・ベーカリー」。
甘いものに目がないローカル達の定番はシュークリームの「ココパフ」ですが、このお店のマラサダも見逃せません。

定番のマラサダはもちろん、“アズキ”や“アップル”といったちょっと珍しいフレーバーにもぜひ挑戦しましょう。

 

Kawikaさん(@kawika.la)がシェアした投稿

  

本店はワイキキから車で20分ほどのところにありますが、2014年にはニミッツ・ハイウェイ沿いに2号店、2019年にはアラモアナセンター内に3号店がオープン。

今年末にはいよいよワイキキのインターナショナルマーケットプレイスに4号店がオープン予定です。観光客も気軽に買えるようになって、ますます人気のおやつになるでしょう。

リリハ・ベーカリー
【リリハ本店】
住所:515 N Kuakini St, Honolulu, HI 96817 アメリカ合衆国
営業時間:月〜日 6:00〜22:00
【ニミッツ店】
住所:580 N. Nimitz Hwy. Honolulu, HI 96817 アメリカ合衆国
営業時間:月〜日 6:30〜22:00
【アラモアナ メイシーズ店】
住所:Macy’s 3rd Floor 1450 Ala Moana Blvd. アメリカ合衆国
営業時間:日〜木 7:00〜20:00 金〜土 7:00〜21:00

4.パイプライン・ベイクショップ&クリーマリー

2016年9月にオープンして以来、ローカルに大人気のアットホームなカフェ「パイプライン・ベイクショップ&クリーマリー」。
人気のおしゃれエリア、カイムキでも一際目を引く爽やかでスタイリッシュなお店です。

こんな可愛い店内だと、ついつい、写真を撮ったり食事をしたりと長居してしまいますよね。
気持ちの良い朝にはぜひ立ち寄ってみてはいかがですか?

ハワイで栽培したコーヒーと揚げたてサクサクのマラサダで、優雅なひと時を楽しむことができますよ。

パイプライン・ベイクショップ&クリーマリー
住所:3632 Waialae Ave, Honolulu, HI 96816 アメリカ合衆国
営業時間:水〜木 8:00〜18:00 金〜日 9:00〜19:00
定休日:月・火曜日

5.アグネス・ポーチュギーズ・ベイクショップ

Food Truck

ハワイで正統派マラサダが楽しめる「アグネス・ポーチュギーズ・ベイクショップ」。

地元カイルア住民に惜しまれつつ、お店は48年の歴史に幕を閉じましたが、オーナーの意思を継ぎ、現在は新しいオーナーのもとフードトラックでオープンしています。

オリジナルレシピを受け継いで、おいしさは昔のまま。引き続きカイルア住民の人気店となっています。

アグネス・ポーチュギーズ・ベイクショップ
住所:46 Hoolai St, Kailua, HI 96734 アメリカ合衆国
営業時間:月~土 6:00~14:00
定休日:日曜日

まとめ

リリハベーカリーのリリコイ(Lilikoi)$2.09 とハウピア(Haupia)$2.09

ハワイのB級グルメ「マラサダ」の魅力は存分に味わっていただけましたか?

どのお店もそれぞれの歴史と味わいがあり、マラサダの食べ歩きをしてみるのもいいかもしれませんね。次回のハワイ旅行ではぜひお気に入りを探してみてください。

この記事を書いた人

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は
ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。
ハワイに住んでいる人だから知っている、
現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!