グルメ

ハワイ定番グルメ、ロコモコを食すならここ!おすすめの名店7選


日本ではあまり目にする機会のないロコモコですが、ハワイでは朝食としてもよく食べられています。

ハワイにはロコモコを提供するお店は数多くあります。店舗によってハンバーグやライス、ソースなどの特徴が異なり、選ぶ楽しさもハワイならでは。

ということで、今回はハワイでロコモコを食べる際にぜひ訪れていただきたいおすすめの人気店を紹介します。

ハワイでロコモコを楽しめる人気店7選

ロコモコ

それではさっそくロコモコが食べられるハワイの名店をご紹介します!

地図も掲載していますので、気になった場所はぜひメモをしておいてください。

1.モケス・ブレッド・アンド・ブレックファースト

 

kimmykimさん(@vendingthelittle)がシェアした投稿

1999年創業で現地の方を中心に広く愛されているお店、「モケス・ブレッド・アンド・ブレックファースト」。

内装は青をメインとして爽やかな雰囲気が漂っており、まさに朝食を食べるにはぴったりのお店です。

「モケス・ブレッド・アンド・ブレックファースト」はリリコイパンケーキが人気ですが、ロコモコが有名なお店としても知られています。

特徴のひとつは、ロコモコのハンバーグにウサギ肉を使用していることです。一般的なハンバーグに主に牛肉使用されていることを考えると、非常に特徴的です。

ウサギ肉は鶏肉のようにさっぱりとしてクセが少なく、グレイビーソースとの相性も抜群です。

とくにおすすめしたいのは“ロコモケ”。オーソドックスなロコモコはハンバーグを使用していますが、ロコモケは代わりにリブロースステーキを使用します。

やや濃い味のグレイビーソースとリブロースステーキは間違いのない相性です。

モケス・ブレッド・アンド・ブレックファースト
住所:27 Hoolai St, Kailua, HI 96734 アメリカ合衆国
営業時間:月曜・水曜〜日曜 6:30〜14:00
定休日:火曜日

2.ビッグ・シティ・ダイナー

2016年ハワイの地元紙でハワイ・ベスト・オブ・レストラン賞1位を獲得したお店「ビッグ・シティ・ダイナー」。

「ビッグ・シティ・ダイナー」はファミリーレストランとしてハワイ現地の家族連れも多く集まるお店として人気です。

お店一押しのメニューは「ザ・リアリー・ロコモコ」。

とろとろとした半熟の目玉焼きと肉汁たっぷりのジューシーなハンバーグには、店特製のグレイビーソースがたっぷりとかけられています。

半熟の黄身は、少し濃いめに味付けされたグレイビーソースをまろやかにしてくれるので、たまごを徐々にくずしながら味の変化を楽しむのが良いでしょう。

ハンバーグやステーキ、パンケーキなど豊富なメニューがリーズナブルな価格で食べられるお店なのでロコモコのみならずバリエーションに富んだ食事を楽しみたい方はぜひ足を運んでみてください。

ビッグ・シティ・ダイナー
住所:1060 Auahi St #4, Honolulu, HI 96814 アメリカ合衆国
営業時間:日曜〜木曜  7:00〜22:00
金曜・土曜  7:00〜0:00
定休日:なし

3.ニコスピア38

「ニコスフィッシュマーケット」に隣接し、新鮮なポケ丼が食べられることで有名なお店、「ニコスピア38」。

開放された扉や、高い天井が特徴的な店内には、穏やかな時間が流れています。お客さんは現地の方が多く、ローカルな雰囲気が好きな方にもおすすめです。

ロコモコは特製のマッシュルームと玉ねぎを使用したグレイビーソースが決め手。半熟の目玉焼きが特製グレイビーソースをまろやかにし、口の中全体にうまみが広がっていきます。

白米と玄米から好きなほうを選べる嬉しいサービスもあります。

付け合わせはマカロニサラダと、なんと“やきそば”です。異色の組み合わせのように感じられるかもしれませんが、意外にもロコモコとの相性は抜群なのです。

屋内だけでなく、テラス席も充実している「ニコスピア38」。太陽の日差しが降り注ぐ中、パラソルの下で風を感じながら食べるロコモコは絶品そのものなので、ぜひ一度お試しください。

ニコスピア38
住所:1129 N Nimitz Hwy, Honolulu, HI 96817 アメリカ合衆国
営業時間:月曜〜土曜 6:30〜21:00
        日曜 10:00〜21:00
定休日:なし

4.カイワ

日本料理と鉄板料理のお店「カイワ」。

「カイワ」でぜひ食べていただきたいのは、土日のみの限定メニューである「キングロコモコ」です。

「キングロコモコ」は通常1枚であるはずのハンバーグを贅沢に2枚も使用しているのが特徴。

味は通常のロコモコ同様においしく食べることができますが、驚きなのはその値段。なんと平日のロコモコと同じ値段なのです。とてもお得に楽しむことができるのできますね。

また、「キングロコモコ」にはオニオンリングと目玉焼きが高く盛り付けられており、大きさはハワイでも随一です。

通常グレイビーソースを使うお店が多いロコモコですが、「カイワ」では特製のデミグラスソースをたっぷりと使用しています。

「カイワ」のロコモコは食べやすいと、日本人の観光客にも人気なんだとか。

カイワ
住所:Waikiki Beach Walk 2nd Floor, 226 Lewers St, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:ランチ  11:30〜14:00
     ディナー 17:00〜23:00
定休日:なし

5.ウルフギャングステーキハウス

 

yumi.kさん(@sjyumi)がシェアした投稿

熟成肉の極上ステーキが味わえることで人気のお店「ウルフギャングステーキハウス」。

ステーキのイメージが強い「ウルフギャングステーキハウス」でも、ロコモコが食べられることをご存知でしょうか。

「ウルフギャングステーキハウス」では、知る人ぞ知る裏メニューとしてロコモコをランチメニューで提供しているのです。

さすがはステーキハウス、ロコモコに使うハンバーグのお肉が非常に上質であることが特徴です。少し粗めに挽かれたお肉はジューシーで食べ応えも抜群。

注文の際はぜひミディアムレアで注文してみてください。外側はカリッと、中はしっとりとレアな状態でお肉本来の味を堪能できます。

半熟の目玉焼きに絡めても、グレイビーソースと一緒に食べても、その味を楽しむことができるでしょう。

ウルフギャングステーキハウス
住所:2301 Kalakaua Ave #301, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:11:30〜20:30
定休日:なし

6.アロハテーブル

木目調のフローリングを始めとするシックなデザインの店内。窓からは光が差し込み、心地よい時間を過ごせるのが「アロハテーブル」です。

「アロハテーブル」のオススメは「プレミアムロコモコ」。

ハンバーグにはなんと神戸牛を使用しており、溢れだす肉汁のジューシーさがたまりません。

マッシュルームと玉ねぎをふんだんに使用したデミグラスソースにはコクがたっぷりと詰まり、ハンバーグのおいしさをより一層引き出しています。

「アロハテーブル」のロコモコは一皿でとてもボリュームがあるので、シェアして食べるのもオススメです。

さらに、ロコモコ以外にもガーリックシュリンプ、ポケ丼など魅力的なローカルメニューがそろっているので、ハワイのグルメを一度に楽しむことができます。

アロハテーブル
住所:2238 Lauula St, Honolulu, HI 〒96815 アメリカ合衆国
営業時間:月曜〜土曜 11:30〜1:00
        日曜 11:30〜0:00
定休日:なし

7.ルルズワイキキ

The Loco Moco is a typical local food of Hawaii.

※写真はイメージです

ワイキキの景色とオーシャンビューを一緒に眺めることができ、ロケーションがとにかく素晴らしいのが「ルルズワイキキ」。

お店の前には「ワイキキで1番うまーい極上ロコモコ」という看板がかけられており、人気のメニューはもちろんロコモコ。

白米の上にはハンバーグ・目玉焼き・グレイビーソースがかかり、見た目はいたってシンプルなロコモコ。このシンプルさからは味に対する絶対の自信を感じられます。

ロコモコには珍しくトーストも盛り付けられています。とてもボリューミーなので、ひとりで食べきられるか少し不安なほど。

しかし、グレイビーソースの塩味は強すぎず、バランスよく味付けされているので量が気になりません。

「ルルズワイキキ」は朝早くから夜遅くまで長時間営業していますが、ぜひ潮風が気持ちいい朝食の時間にお店に訪れてみてください。

朝のビーチを眺めながら、優雅に時間を過ごすのはまさに贅沢そのものです。

ルルズワイキキ
住所:2586 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
営業時間:7:00〜2:00
定休日:なし

朝食や昼食はロコモコで、ディナーはこのお店で

romantic dinner setup, red decorations. Vintage.

ここまでロコモコおすすめのお店を紹介してきました。

なかには夕食でも食べられるボリューミーなロコモコもありましたが、朝食や昼食で食べる場面が多いと思います。

そこで最後に、おすすめのディナーレストランをご紹介します。

カジュアルに食べられるお店から特別な日のレストランまでピックアップしています。ぜひご覧ください。

ブーホ(Buho)

カジュアルな日にも特別な日にも活用できるのが「ブーホ」です。

ワイキキショッピングプラザの5階にあるこのお店はアクセスが抜群。お買い物のついでに食事を楽しむことができます。

挙式後の2次会にも利用されることがあるので、そのクオリティは折り紙つき。カジュアルでありつつも、上質な時間を過ごすことができます。

ハワイの優秀なレストランに送られる『ハレアイナ賞』の受賞経験もあります。料理の味はもちろんのこと、丁寧なサービスにも大満足でしょう。

ベーカリー&テーブル(Bakery&Table)

イタリアンを楽しみたいなら「ベーカリー&テーブル」がおすすめです。

2階建てのこのお店は、1階がベーカリーになっています。もちろん、2階のレストランでは焼きたてのパンを楽しむことができます。

料理の種類も豊富です。パスタやピザといったライトなイタリアンから、フィレステーキなどの豪華なメニューまで。

店内も白を基調としたムード溢れる内装になっているため、特別な日の食事にも利用できます。

帰りは1階でパンを買って帰りましょう。

BLTステーキ(BLT STEAK)

ロコモコを食べてお肉が食べ足りないなら、ハワイの名物グルメステーキを食べましょう。

ハワイには数多くのステーキハウスがあります。なかでも今回紹介する「BLTステーキ」は、ニューヨーク発の人気店です。

USDAプライム牛と呼ばれる最高ランクの牛肉をふんだんに使用したステーキを食べることができます。食べごたえはもちろんのこと、ボリュームも満点。

鉄板に乗って運ばれる骨付き肉は、まさにハワイのステーキといった見た目です。目の前で肉が焼ける香ばしい香りに、鼻でも、目でも、そして舌でも楽しむことのできるステーキハウスでしょう。

……などなど・ハワイには魅力的なディナーレストランが他にもたくさんあります。

ここで紹介しきれなかったレストランに関しては以下の記事でまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

▼在住者が厳選したおすすめレストランはこちらから!

ハワイディナーおすすめ14選|在住者が選ぶ間違いないレストラン

まとめ

Hawaiian food, locomoco rice

以上ハワイでオススメのロコモコを食べることのできるお店を紹介しました。

ロコモコは現地の方々に広く愛されているハワイの代表的なグルメです。ただロコモコと一口に言っても、お店ごとにこだわりが強く、まったく違う一皿を味わうことができます。

ぜひ本記事をハワイでのロコモコ店選びの参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!