お役立ち情報

ハワイでの入国審査の受け方|ESTA(エスタ)の申請手順などを解説

パスポートと法律の女神

待ちに待ったハワイ旅行。楽しみなことばかりですが、現地で最初に行う「入国審査」が心配という方は多いのではないでしょうか?

そこで、入国審査の手順を徹底的にご紹介します。これを読めばきっと安心してハワイに向けて(また、日本に向けて)出発できるはず。ひとつずつしっかりと確認していきましょう。

日本からハワイへの流れ<往路編>

日本のパスポートと世界の通貨

それでは、これから入国審査の手続きを順を追ってみていきましょう。

一般的に入国審査というと現地についてから入国するための審査のことをいいますが、今回は出国の手続きから入国の手続きまでの一連の流れを確認していきます。

1.ESTA(エスタ)の申請

エスタとはアメリカで義務付けられているビザ免除プログラムのことを指します。

オンラインで申請を行ない、個人情報を入力して承認を待つというシンプルな申請内容です。

滞在日数が90日以下の場合には必ず申請を行わなければなりませんが、旅行代理店がすべてまとめて行なう場合もあるので、必ずしも自分自身で行なわなければいけないというものでもありません。

ちなみに、申請料金は14ドルがかかり、クレジットカードのみの支払いとなっています。

ESTA(エスタ)申請サイト:https://esta-center.com/

2.搭乗手続き

搭乗手続きはセルフチェックインが主流となりつつありますが、紙の航空券を持っている場合は航空会社のカウンターで直接手続きを行う必要があります。

カウンターでは航空券とパスポートの2つを提示し、手続きをしてもらいましょう。

次に荷物を預けます。貴重品や壊れ物はもちろんのことですが、貴金属類・外国製の持ち物は税関申告の関係上あらかじめ手荷物に入れておきます。

また、鍵のかかるバッグは施錠せず預けます。これはアメリカでは鍵のかかっているバッグの鍵は壊した上で荷物検査を行なって良いという規則があるためです。

本来であれば施錠したいところですが、鍵を壊されてしまうこと実際に起きているので施錠はせず預けましょう。

最後に、荷物の引き換えタグと搭乗券をもらって手続きは完了です。

2.セキュリティ検査

セキュリティ検査では、X線探知機を用いて手荷物をチェックします。

金属探知機でのボディチェックも行われています。機内へは刃物や液体類、火が出るものの持ち込みが厳禁です。

3.税関申告

貴金属類や外国製品を国外に持ち出す際には「外国製品の持ち出し届」を記入する必要があります。この届を出さない場合には、外国で購入したものと見なされて課税対象となる場合があるので注意が必要です。

4.出国審査

出国手続きは比較的簡単です。パスポートをカウンターにいるスタッフに提示をするのみです。

パスポートが有効なものであれば出国のスタンプを押してもらうことができます。出発待合室に向かい、出発時間まで待ちましょう。

5.入国審査

ハワイに到着したら入国審査を行います。初めてハワイに入国する方の入国審査ではパスポートの確認や簡単な質問などをされます。

ESTA Online CenterのWebサイトによると、質問内容は以下の3つ。

  1. What is the purpose of your trip?(あなたの旅行の目的はなんですか?)
    →“Sightseeing.(観光です)”で問題ありません
  2. How long are you staying?(どれくらい滞在しますか?)
    →“5days.(5日間です)”など滞在日数を述べます。
  3. Where are you going to be staying?(どこに滞在しますか?)
    →滞在予定のホテル・コンドミニアム名を述べます。

その後、専用の機械に指を乗せて指紋の採取と写真撮影を行い、パスポートにスタンプをもらいます。これで入国審査は完了です。

2016年からはアメリカへの渡航歴があり、エスタなどの観光ビザの方はキオスク端末(APC kiosks)で入国審査が完了するので時間が短縮されるようになりました。

6.荷物を受け取る

「Baggage Claim」と表示のあるブースで荷物を受け取ることができます。自分の飛行機のフライトナンバーと同じ表示のターンテーブルから荷物が出てくるため、そこで待ちます。

万が一、荷物がない場合は日本でもらったタグを持ってすぐに確認を行いましょう。

7.税関申告

最後に、荷物を受け取ったフロアと同じフロアで税関申告を行います。税関申告書は機内で配布されるので、到着までに記入を済ませておきます。

基本的に特に税関申告するものがない場合は「Nothing(ないです)」と返答し、出口へ向かいます。

これで入国の手続きは完了です。

ハワイから日本への流れ<復路編>

パスポートを持った女性

それでは旅行が終わり日本に帰国する際の手続きについて見ていきます。

行きと同じ流れの部分もあり大きな変化はありません。ただし税関での持ち込み検査が難しいポイントでもあるのでしっかりと確認しておきましょう。

1.搭乗手続き

航空会社のカウンターでパスポートと航空券の提示を行います、また大きな荷物はこのタイミングで預けます。

2.セキュリティ検査

行きと同じように手荷物はX線の検査を行い、人間は金属探知機でのチェックを行います。この際も、刃物・液体類・火の出るものの持ち込みはできません。

3.検疫

入国審査ブースの前には検疫のブースがあります。

ここは、予防接種の必要な国に行った観光客のみが立ち寄る必要のあるスペースなので、ハワイに旅行に行った場合は関係ありません。次の入国審査ブースへと行きましょう。

4.入国審査

日本人の列があるので並びます。ハワイでの入国審査とは違い質問などはされず、パスポートにスタンプをもらうのみです。

5.荷物を受け取る

登場していた飛行機のフライトナンバー表示のあるターンテーブルで荷物を待ちます。

6.動植物検疫

ハワイから食品を持ち帰ってきた際には、ここで検疫を行います。ハワイであれば、パイナップル・パパイヤなどは検疫の対象です。

ただし牛肉加工品などの持ち込みは一切認められていないのでご注意ください。

7.税関申告

ハワイで購入した品物は、場合によっては関税がかかるケースがあるため、税関申告を行います。

機内で「携帯品・別送品申告書」という書類が各家族に1枚配布されます。

日本に到着した際に税関申告で使用する書類なので、到着するまでの間に記入しておくとその後の手続きがスムーズに進みます。

また、ハワイで購入したお土産の中でお酒やたばこ、香水などがある場合には別途申告も必要になります。

課税対象商品の細かなポイントは以下の記事で解説しています。

ハワイ旅行の出発前には一度目を通していただくと良いでしょう。

ハワイの免税店・DFSでブランド品をお得に買う!課税されない方法

空港や機内での快適な過ごし方<番外編>

入国審査、入国手続など、出発までの流れをご紹介しました。ここからは、<番外編>ということで、空港内や機内での快適な過ごし方をご紹介します。

空港での快適な過ごし方

business man with luggage waiting in the airport

国際線では2時間以上前に空港に到着していることが望まれます。

受付やセキュリティ検査などで時間がかかってしまう場合は良いのですが、全ての手続きがスムーズに完了すると大幅に時間が余ってしまうこともしばしば。

そこで、空港をあらかじめ空港での有意義な過ごし方を知っていると、無駄な時間を作ることなくハワイに旅立つことができます。

近年の空港は施設がたいへん充実しています。

レストランで食事をしたり、買い忘れたものを空港で買い足したり。お金をおろしたり、両替をしたりと、困った場合の一通りの用事は済ませることができます。

その上で更に空港を楽しむのであればネイルやマサージまた、シャワールームなどを利用し、長期間のフライトに備えることも有意義です。

特にマッサージは空き時間に利用することで、フライトで同じ姿勢を続けなければならない体の負担を緩和することが期待できます。

出発時刻の遅延などで、空港で立ち往生してしまう場合は、仮眠室やシャワーを利用するのもよいでしょう。

……ただ、いずれの施設も知っていなければ利用できないですよね?

以下の記事ではそんな機内の快適な過ごし方についてまとめています。余裕をもったフライトを楽しむため、旅行前にぜひご覧になることをおすすめします!

ハワイの空港で有意義な活用方法|時間の有効活用法を調査してみた

出発前には持ち物を最終チェック

早めに空港に到着してホッと一息。そんなタイミングでは、ぜひ持ち物の最終チェックがおすすめです。

大丈夫とは思っていても、いざ確認してみると大切なアレがない・できれば欲しかったコレもないと、出発前に気がついてしまうなんてこともあるかもしれません。

空港内では、そんな万が一に備えるためのお店が充実しています。

また、どんな持ち物が必要なのかわからないという方は以下の記事をご覧ください。

ハワイ旅行で必要になる60個の持ち物を解説しています。チェックリスト代わりに活用し、買い忘れ・入れ忘れのないよう準備をしておきましょう。

ハワイ旅行の持ち物まとめ|海外旅行に必要な60個の必需品リスト

機内での快適な過ごし方

すべての手続を済ませ、いざフライトです。

日本からハワイの飛行時間は約7時間。帰りのハワイから日本は、気流の関係で9時間以上のフライトになることもあります。この長時間を無駄なく過ごしたいですよね。

ハワイと日本は19時間という大きな時差があるため、時差ボケを回避するためにも機内では睡眠をとることを推奨しています。

しかしながらせっかくの旅行です。機内も満喫したいという気持ちも分かります。

睡眠をとるにせよそうでないにせよ、体の疲れを軽減するために以下のことには気をつけてください。

1.過ごしやすい格好に着替える

基本的には7〜9時間座りっぱなしということになるので、体が締めつけられるようなタイトな服装は避けるべきです。

搭乗前にTシャツやハーフパンツなどの過ごしやすい格好に着替え、長時間のフライトでゆったり過ごせるように務めましょう。

2.メイクやコンタクトは落とす(外す)

女性の方は、メイクは落としてからの搭乗、もしくは搭乗後に落とすことをおすすめします。日中の活動と同程度の時間を機内で過ごすため、肌に掛かる負担も看過できません。

せっかくの旅行でおしゃれをしたいという気持ちはあると思いますが、特に寝る場合などは極力メイクを落とすようにしましょう。もちろんコンタクトを外すことも必須です。

……などなど、機内を快適に過ごす方法はいくつもあります。せっかく入国の審査や手続きについて調べたので、ついでに機内での過ごし方についても簡単に理解しておきましょう!

ハワイとの時差は19時間|現在時刻の計算方法と日本からの飛行時間

まとめ

スーツケースを引く女性

少し複雑な入国手続きについて見ていきました。

特に日本からハワイへ向かう場合は英語を必要とする場面もあり緊張してしまいますが、準備をしていれば怖いことはありません。

入国審査を終えたら、素敵な旅の始まりです!

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!