お役立ち情報

ハワイの注意点をピックアップ|マナーや気をつけたいポイント9点

Young woman making stop sign in front of the camera

ハワイでは、日本とは異なったマナーがあることをご存知ですか?
ハワイでの生活を気持ちよく快適に過ごすために、知っておきたいマナーを9つに厳選してご紹介します。

1.列の並び方は1列が基本

Waiting in Line

日本のお店では店によって一列に並んで順番を待つのかレジごとに順番を待つのか分かれていますよね。上に書いてある表記に準じて臨機応変な対応が求められるのが日本ですが、ハワイでは列は一列。トイレやレジなど場所に関係なく一列に並んで開いたところに入るということがルールです。万が一並んでいる列が曖昧になっていて不明だと感じた場合は、素直に「Are you on the line?(列に並んでいますか?)」と確認をしてからその列に並ぶように心がけてください。

2.公共の場での飲酒は禁止

Friends toasting with beer.

旅行中お酒を飲むという方も多くいることと思いますが、お酒の飲み方にもルールがあります。本来であれば景色を楽しみながらお酒を悠々と飲みたいところかもしれませんが、実は公共の場での飲酒は法律で禁止されています。ビーチをはじめとして、公園、路上、公共施設など、人の集まる場所では飲酒をしてはいけません。もちろん、飲酒運転や歩きながら飲むことも違法に当たります。

また、ハワイでは飲酒は21歳以上と日本よりも1歳年齢が上がるため大学生の飲酒にも注意が必要なほか、購入の際にはパスポートの提示が求められる場合もあるので忘れず持ち歩くようにしましょう。

ハワイでの飲酒はレストランやホテルなどゆっくりとできるところで楽しんでくださいね。

3.喫煙の際は日本以上に注意を払う

Woman smoker smoking a filter tip

ハワイでの喫煙は、日本よりもずっと注意点が多いです。というのもハワイでは取り決めが多くほとんどの場所が禁煙なためです。例を挙げると、飛行機内・レストランやバー・ショッピングモール・ホテルのロビー・公共のビーチや公園・そのほか州や国の建造物などはすべて禁煙です。ホテルに関しては、一部の客室をのぞき、ラナイを含めて建物内はほぼ全面禁煙となっているのが現状です。

喫煙場所はホノルル国際空港の一部場所や公園の決められたエリア、ホテルの喫煙所など決められている場所があるので必ず守りましょう。

4.服装はTPOをわきまえて

Urban Fashion summer girl clothes accessories set.

レストランを利用する方には身近かもしれませんが、ハワイでレストランでの食事をとる際にドレスコードのあるレストランが多く存在します。ドレスコードとは、そのレストランに入るためにふさわしい服装のことを指し、いわゆるTPOをわきまえた服装という意味です。

ドレスコードのないレストランもありますが、記載のある場合はラフな格好で訪れてしまうと店に入れないという場合も出てきますので、事前にしっかりと確認をするようにしましょう。基本的に綺麗めな格好や男性であればジャケットを羽織るなど、きっちりとした格好をしていれば特に問題はありません。

また、レストランのみならずホテルのロビー内を水着姿で歩くのもマナー違反とされています。

5.バスの優先座席は譲る

Woman on bus

ハワイの公共交通機関として有名な市バスの”The Bus”は前方が優先席(シルバーシート)と決められています。優先席をお年寄りの方や妊婦さんに譲るのは日本でも当たり前のマナーですが、ハワイでもこのマナーは存在します。荷物が多いからと座席を占領してしまったり、一人分よりも大きなスペースでどかっと座るのも失礼にあたるので、できる限り席は譲り、お互いに気持ちの良い車内を作ることができるように意識していきましょう。また、大型スーツケースなど基本的に持ち込みはNGです。乗車の場合に、断られる場合もあるので、気を付けましょう。

6.女性は肌の露出を控える

Pretty smiling teen girl closeup

夜の街に出かけるという方に必ず注意していただきたいのが服装です。バーやディスコといった場所に露出の多い洋服で出かけた場合、売春を行なっていると思われてもおかしくないといいます。実際のところ、過去には日本人もハワイで性犯罪に合う事件が発生しているので、決して人ごとではありません。

夜の街に出歩くことは極力控えるべきですが、万が一出かける際には露出の少ない格好で、さらには持ち物も肌身離さず持ち歩くという心がけが必須です。

また、ハワイの街はとても紫外線が強いことでも知られています。日焼け止めを塗ることはもちろんですが、肌を隠して日焼け対策を行うことも必要です。

7.スパは水着を着用すること

Baby Twin Boy and Girl Floating on Swim Rings

文化の違いなので日本人にはためらいのある行動かもしれませんが、ハワイではスパやジャクジー、プールでの水着着用は必須事項です。特にサウナに裸でタオルを巻いたまま入るという方は日本ではよく見かけますが、ハワイでその行為はタブー。必ず水着を着用していくことを忘れないようにしてくださいね。

8.子どもとは必ず一緒に行動を

Father and son together

子どもから目を離さないというのは親であれば当たり前のことかもしれませんが、ハワイでは法律に準じて決められています。ハワイ州法では、12歳以下の子どもから目を離す・置き去りにするという行為は法律により罰せられることが決められており、たとえホテルだとしても客室に一人残すという行為は禁止なので、必ず大人が近くにいるようにします。

また、体罰にも厳しい傾向があります。アメリカでは親からの体罰は児童虐待となり法律違反なので叱る時にはくれぐれも注意が必要です。

9.日本とは異なる交通ルール

Road or Traffic Signs

最後に日本とは異なるハワイの交通ルールについてご紹介します。
ハワイでは交通ルールの規制が日本とは異なるため、知らず知らずのうちに規則を破ってしまったという事態が起きてしまう可能性もあります。そんなことにはならないよう、あらかじめルールを確認して未然に防ぎましょう。

ハワイの交通ルールで気をつけなければいけないポイントは大きく分けてふたつあります。
それが、

 ・Jウォーク
 ・自転車の歩道走行

です。

Jウォークは道路の違法横断のことを指し、信号無視と横断歩道以外の場所での道路の横断が主な内容です。このふたつは日本でも禁止されている行為ですが、ハワイで特筆すべきポイントは、罰金について。ハワイでこのJウォークを行なってしまうと、$100以上の高額な罰金を課せられる可能性があるのです。

また、自転車の歩道走行にも同様のことが言えます。ハワイでは交通ルールに関しての統制が非常に厳しく、旅行者であろうとなかろうと関係なく罰金を課せられます。

また、レンタカーを借りる方に見ていただきたい交通ルールがこちら。赤信号で右折するなんて日本ではありえないことですが、ハワイでは標識の表示によって例外があります。
交通ルールは不安がつきもの。レンタカーを使用する予定がある方はぜひご一読ください。
ハワイでレンタカーを活用!借りる際知っておきたい3つのポイント

旅での安全を確保するためにも、しっかりと確認するようにしましょう。

Portrait of happy young couple on scooter enjoying road trip

以上、ハワイ旅行で覚えておくべきルールを9つご紹介しました。日本とは違うルールもあるため戸惑ってしまいますが、お互いに気持ちよく過ごすために必要な取り決めなので必ず守り、快適な旅にしましょうね。それでは、よい旅を!

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!