グルメ

「ラーメンまである…」ハワイと日本のマクドナルドのギャップが凄まじい

McDonald's restaurant logo in Amsterdam

現在、日本全国に2,900店舗以上を構える有名ファストフード店「マクドナルド」。
アメリカ生まれのハンバーガーショップとして日本に上陸して以来、45年間以上多くの人々に愛されています。

アメリカの50番目の州であるハワイにも、もちろんマクドナルドは存在します。
……しかし、どうやら日本の店舗とはやや様子が違うのだそう。

今まで知ることのなかった、ハワイと日本のマクドナルドのギャップをご紹介します。

ギャップその1:ハワイらしいテーブルがお出迎え

yukiさん(@yukixsugino)がシェアした投稿

テーブルがなんと鮮やかなアロハ仕様に。
ワイキキビーチのそばにある店舗なので、日本人観光客にも人気です。(店舗により仕様は異なります)

注文した商品を手にして着席、テーブルの上に置いてシャッターを切れば一瞬でフォトジェニックな写真のできあがり。

ギャップその2:おしゃれなスムージーが売ってる

yukkoさん(@yknk0502)がシェアした投稿

日本でも販売中のカフェメニューですが、ご覧の通りのピンク色。
じつはこれ、「ストロベリースムージー」なのです……!

日本の店舗では販売されていないメニューだって楽しむことができてしまうのが、ハワイのマクドナルドの魅力。

ハワイの街並みを背景にシャッターを切れば、たちまちフォトジェニックな写真が撮れてしまいます。
フォトジェニックの宝庫・ハワイでは、マクドナルドだって一瞬でインスタ映え。

ギャップその3:ハンバーガー屋さんなのにラーメンが…

衝撃的なメニューを発見。これ……ラーメンではないでしょうか。

調べてみると、このメニューは「サイミン」と呼ばれるハワイのローカルフードとのこと。
現地の方によると、メニューには載っていないけれどオーダーできる、いわゆる“裏メニュー”なのだそう。

あっさりした味付けが特徴の、いわば“ハワイ風ラーメン”のポジショニングを任されているメニューです。

ちなみに、サイミンについてはハワイのローカルグルメを特集した以下の記事でもご紹介しています。合わせてご覧ください。

【関連記事】
ハワイの名物グルメ9選を味わう|伝統料理、名物料理を食べつくそう

ハワイの名物グルメ9選を味わう|伝統料理、名物料理を食べつくそう

ギャップその4:朝マックにお米がある

Bucketsさん(@hooprat88)がシェアした投稿

誰もがよく知る「朝マック」にはまさかのお米が登場しています。

日本にいると「朝マック」の定番は、

このようなマフィンやホットケーキですが、ハワイではお米と卵とスパム

“お米だなんてむしろ日本らしい”との印象を与えがちですが、ハワイには日系人の方も多いためこのようなメニューが提供されているのだそう。

もちろん日本と同様のマフィンも販売しています。

ギャップその5:パイの中身もピンク

まだありました、ピンク色のメニューです。これもハワイ限定。
ハワイで昔からよく食べられている“タロイモ”というお芋を使った、ホクホクのパイなのだそう。

日本で販売されているアップルパイと共に、デザートとしてとても人気のメニューです。
こうしてみると、チェーン店にも地域独特の魅力があることがよくわかりますね。

マクドナルドにだって、個性と魅力がある

今回は、ハワイと日本の意外なギャップをお届けしました。

このように、マクドナルドにも土地によってメニューや雰囲気にまったく違いがあるようですね。

サイミン、朝マック、タロイモのパイなど、日本ではお目にかかることのできないメニューに驚かされる方も多いのではないでしょうか?

もしもハワイに行かれた際には、「日本でも行けるから……」と思わず、マクドナルドにもぜひ立ち寄ってみてくださいね。

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!