フラ&カルチャー

ハワイに留学中のフラガール・エマ~ 『メリーモナークフェスティバル2024現地レポート』①フェスティバル概要について

メリーモナーク

私は小学生の時にフラと出会い、高校を卒業後、現在はオアフ島のカレッジに通っているエマです。

フラに関する情報をどんどんお伝えします。

 

前回はフラに関するハワイ語を紹介しました。

フラにはたくさんのステップや動きに名前がついており、全てに意味があるのです。

第14回の今回から、4月の最初の週末に開催されるメリーモナークフェスティバルについて5回に分けて5回に分けてご紹介します。

※第1回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/45480/
※第2回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/45906/
※第3回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/46298/
※第4回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/46633/
※第5回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/46736/
※第6回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/47188/
※第7回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/47714/
※第8回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/47889/
※第9回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/48228/
※第10回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/48623/
※第11回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/49211/
※第12回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/49301/
※第13回:https://alohasmile-hawaii.com/hula-culture/49549/

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Merrie Monarch Festival(@merriemonarchfestival)がシェアした投稿

メリーモナークフェスティバルとは、世界最大規模のフラの競技大会です。

フラの世界のオリンピックとも言われ、フラダンサーなら誰もが夢見る大舞台です。

席の半分は出場するダンサーの家族と身内に配布され、一般販売はもう半分で、すぐ売り切れるため、チケットをゲットするのは、とても困難であると言われています。

フェスティバルは1964年にハワイ島のヒロで始まり、今年は61回目の開催となります。

なぜ毎年ヒロで開催されるかと言うと、1960年の5月23日にヒロは津波の被害に合い、街は壊滅状態になりました。

そこで3年後、街の復興と観光誘致をねらいとしたフェスティバルが計画され、1964年に第1回メリーモナークフェスティバルが開催されました。

当初は競技会ではなくお祭りとして始まり、1971年に史上初めてフラの技量や美しさを競う形式となりました。

たった9グループだった出場数も、現在は男女合わせて20グループを超え、4000席の客席が埋まります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Merrie Monarch Festival(@merriemonarchfestival)がシェアした投稿

メリーモナークフェスティバルは毎年1週間かけて開催され、今年は3月31日(日)から4月6日(日)です。

競技以外にも、地元のフラチームのパフォーマンスを無料で鑑賞できたり、地元のアーティストや工芸家が出店するクラフトフェアも開催されます。

最終日である6日の午前にはメリーモナークロイヤルパレードが行われ、たくさんの観客を魅了します。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Merrie Monarch Festival(@merriemonarchfestival)がシェアした投稿

メインとも言える競技日程は、4日(木)にミス・アロハ・フラという称号をかけた女性ソロ部門の競技が行われます。

出場資格は18歳から25歳であることと、未婚で子供を持たないことが条件となります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Merrie Monarch Festival(@merriemonarchfestival)がシェアした投稿

5日(金)は古典フラであるカヒコが開催されます。

これは女性グループ、男性グループどちらも出場し、各グループの持ち時間である7分でオリ(詠唱)、カイ(入場の踊り)、メレ(演舞曲)、ホイ(退場の踊り)と4つのパートを時間内で競技します。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Merrie Monarch Festival(@merriemonarchfestival)がシェアした投稿

最終日の6日(土)は現代フラであるアウアナと、その後全体の審査と授賞式が行われます。前日のグループが同じ順番で出場し、生演奏の歌と音楽に合わせて踊ります。

会場では、ダンサーが身に着けている草花のレイの香りや会場の熱気を肌で感じることができます。

 

今年もいよいよメリーモナークフェスティバルの季節がやって来ました。

開催地のハワイ島ヒロだけでなく、ハワイの島々、そしてフラを愛する世界中の人々を魅了します。

その盛り上がりについて、これからたくさんの情報を発信していきたいと思います。

フラガール和田エマ 和田エマ
新潟県出身、小学1年生でフラを始め、中学校で陸上競技に励み、高校入学と共にフラを再開しました。
高校を卒業し、現在はカピオラニコミュニティカレッジでホスピタリティを専攻しています。旅行や観光業に興味があります。