基本ナビ

初めてのハワイ旅行に必要な8つの準備|これさえ読めば大丈夫

コロナウィルスのパンデミックで海外旅行に行きたくても行けない日々が続いています。

収束したらハワイに行きたい!!!という気持ちを持っている方も多いのではないでしょうか。じっと我慢している今、ハワイ旅行について基本的なことから少しずつ準備を始めませんか?

そこで、この記事でははじめてのハワイ旅行でも楽しく過ごすための準備についてご紹介していきます。

今回はハワイに初めて行くという方に向けて、旅行準備の8つの項目を徹底的にご紹介します。これさえ読めば大丈夫。ぜひ参考にしてくださいね。

ハワイ旅行のツアー・ダイナミックパッケージ予約のJTB

1.時期・季節を決める

まず、旅行する時期について考えましょう。

ハワイ旅行のハイシーズンは毎年12〜3月と7〜8月、この時期は全体的に旅費が高くなる傾向があります。

もしもこの時期の旅行を考えるなら、出発日を1週間程度ずらすことも検討してみましょう。多くの人が出発するピーク時から少し日程をずらすことで、同じ時期でも多少は旅費を安くすることができます。

ハイシーズンは早々に飛行機が満席になってしまうこともあるので、なるべく早いうちから予定を立て、希望の時期に出発できるよう調整しましょう。

【空席検索】業界最速で最安値検索!ハワイの格安航空券の検索ならskyticket.jp

ハワイ旅行の予算についてはこちらの記事をご参考ください。

ハワイ旅行の費用・予算・旅費まとめ|飛行機やホテル代・節約術など

自分にとってのベストシーズンをもっと知る

常夏と言われるハワイですが、実はハワイにも日本と同様に季節があり、”乾季”や“雨季”と呼ばれる期間があります。

乾季は4~9月、雨季は10月〜3月ごろで、それぞれに特徴があるので自分に合った季節に旅行日程を合わせると良いでしょう。

【乾季:4~9月】

平均気温が27度で、圧倒的に晴れ間が多く、プルメリアやシャワーツリーなどお花が一番咲くのがこの時期です。

日差しが強いので日焼け対策は必須ですが、湿度が低いので木陰に入るとさわやかな風が吹いてハワイならではの心地良さを感じるとこができます。

ハワイの日差しを浴びてビーチアクティビティを思いっきり楽しみたい!という人にはベストシーズンと言えます。

【雨季:10月〜3月】

朝晩に雨が降りやすい気候ですが、日本の雨季のようにシトシトと雨が降り続くわけではなく、シャワーと呼ばれるにわか雨のような雨が降ったり止んだりを繰り返します。このため、滞在中どこかで必ず虹を見ることができると好む人も多いです。

平均気温は23度なので日本に住んでいる私たちにとっては十分過ごしやすく暖かい気候ではありますが、いわゆる“常夏”の暑さというわけではありません。

できるだけ日焼けしたくない・暑いのが苦手という人にはベストシーズンと言えます。

以下の記事では、このような季節の特徴を解説しながら、各季節の服装や楽しみ方をご紹介しています。旅行準備の際にはぜひチェックしてみてくださいね。

ハワイ旅行のベストシーズンは年2パターン|雨季・乾季の時期や意外な注意点とは?

2.ツアーか個人手配か

次に旅行プランについて考えます。

様々なプランがありますが、今回はツアーと個人手配に分けて解説します。

どのくらいの日数・誰と行くのか・行きたい観光スポットなど考えながら自分に合った手配方法を考えてみましょう。

パッケージツアーのメリット

パッケージツアーのメリットは、やはり手厚いサービスと困ったときの安心感でしょう。

現地到着してすぐに送迎バスが用意されていて、滞在中は最寄りのツアーデスクがオプショナルツアーやレストランの手配など手伝ってくれます。滞在中乗り放題のトロリーバスが使えるのも大きなメリットと言えます。

最近のパッケージツアーであれば往復の航空券とホテルのみで他は自由行動というものも増えています。

決まったツアーだけでなく、旅行者の要望に応じて自由なプランを組める旅行代理店も登場しています。どういったプランが組めるのか、一度相談してみるのもよいでしょう。

ハワイ旅行・ツアー予約のJTB

個人手配のメリット

個人手配のメリットは、何といっても自分のスケジュールで自由に旅行ができるということでしょう。時間にとらわれず、その日の気分で自由にハワイを旅することができます。

飛行機やホテルの細かなグレードのアップダウンを設定できるので、上手にやりくりすれば旅行代金をかなり節約できます。

まずは人気ホテルやコンドミニアムをチェックしてみましょう。

ハワイ(ホノルル)の人気ホテルを探す|海外旅行予約のExpedia(エクスペディア)

3.スケジュールを考える

次に行うことは実際の旅のプランニングです。

一般的なハワイ旅行は4泊6日か5泊7日ですが、その日程の中でどこに行きたいのか、何をしたいのかなどやりたいことをリストアップして組み合わせていきます。

あまり無理に予定を詰め込んだり、遠すぎる場所を選びすぎないよう地図も見ながらプランニングしていきましょう。

また、細かな観光スポットの情報であれば、インターネットやガイドブックからも情報収集できるので、上手に活用してくださいね。

▽観光スポットを知る

次に、観光スポットのリストアップをしましょう。

ハワイには数多くの観光スポットがあるので、どこに行くか迷ってしまいますが、以下の記事で詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ホノルル観光・旅行ガイド|おすすめ観光地・ホテル・レストランなど

▽オプショナルツアーの検討も

ハワイならではのアクティビティを楽しめるオプショナルツアーに参加するのもおすすめです。

シュノーケリングやサーフィン、乗馬やジップラインなど、往復の送迎付きで簡単に挑戦することができます。

以下の記事では、オアフ島で楽しめるおすすめのオプショナルツアーをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハワイのオプショナルツアーおすすめ20選|オアフ島で体験できる人気アクティビティ

▽ホテルを知る

せっかくのハワイ旅行、ホテルにもこだわりたいですよね。

ビーチフロントの三ツ星ホテル、ファミリーに人気の大型ホテル、リーズナブルな穴場ホテルなど、プランに合ったホテルを選びましょう。

予算のことも考えながら、最適なホテルを探してみてはいかがでしょうか。

以下の記事では、ハワイのおすすめホテルについてご紹介しています。

ホノルル・ワイキキで泊まりたいおすすめの人気ホテル30選|ハワイ旅行で外せない定番のおしゃれなホテル

4.旅券(パスポート)の手配

パスポートの申請は住民票のある各都道府県の旅券事務所受付窓口で行います。

それぞれの都道府県で申請方法が若干異なるので、詳しくは最寄りの旅券課にお問い合わせください。

申請から取得までは8日〜2週間程度かかるので、早めに準備することをおすすめします。

5.ESTAの取得

次に行うのはESTAの申請です。

聞きなれない言葉ではありますが、ESTAとは90日以内の渡航の際のビザ免除プログラムです。

オンラインで申請を行い、氏名・生年月日・性別などの個人情報を入力し承認を待ちます。

また、この申請は2年間有効なので、もし2年以内で再渡航する場合は申請が免除されます。

ESTAの申請には$14が必要となりクレジットカードの決済のみなので、そちらも注意してくださいね。

ESTAの申請はこちらから
在日米国大使館・領事館公式ESTAの申請について

▽ESTAの申請についてもっと知る

海外旅行に初めて行く場合、知らないことだらけで不安も大きいですよね。

入国審査や税関申告など、事前にしっかりとした準備をしておくことで不安を解消できます。

以下の記事ではESTA申請や入国審査について詳しく解説しているので、心配な方はぜひご覧ください。

ハワイでの入国審査の受け方|ESTA(エスタ)の申請手順などを解説

6.海外旅行保険に加入する(任意保険)

次は海外旅行保険の加入についてです。

この保険は任意加入なので、加入しないという方は次に進んでください。

保険は細かく種類が分かれており、万全体制にすると高額の出費になってしまいます。

全てをセットにしたプランと任意で選択できるプランがあるので、自分にはどのようなものが必要なのかよく考えて加入しましょう。


【エポスカード】

海外旅行保険のサービスを行なっている会社も多岐にわたるので、申し込みをする場合はしっかりと比較検討しましょう。

7.航空券の手配

準備もあと少しです。次は航空券を手配します。

現在、複数の航空会社が日本-ホノルル間を運航しています。

航空券には、普通運賃・ペックス運賃・格安航空券の3種類があり、ペックス運賃とは航空会社が設定している割引運賃のことを指します。

格安航空券は日本からネット予約が可能です。事前にチェックしてお得な航空券をゲットしましょう!

*現在、コロナウィルス感染拡大により運休している路線があります。運航スケジュールは都度変更されますので、各航空会社のホームページで事前に確認することをお勧めします。(8/28/2021現在)

8.持ち物を準備する

航空券の手配ができたらあとは荷物の準備です。

初めての海外旅行、ついついあれもこれもとスーツケースに入れてしまうところですが、”荷物はコンパクトに”が基本です。帰りに増えるお土産を入れるスペースを確保しておきましょう。

手元にスーツケースがない場合、レンタルできるサービスも登場しています。

旅行の日数や持ち物に合わせて自分に合ったスーツケース選びを心がけましょう。

【DMM.com】スーツケースレンタル

スーツケース以外に、機内に持ち込むためのバックも必要です。

ショルダーバックやリュックサックは現地でも活躍するので使いやすいものを用意しましょう。

水着やビーチサンダルなどのアイテムは現地調達もできますが、海外のものはデザインが・・・と言われる方も多いです。お気に入りを日本から持参するのももちろんOKです。

さらに、ドライヤーやヘアアイロンといった電化製品は電圧の違いがあるので、宿泊先のホテルに備え付けがあるか事前に確認しておきましょう。

▽持ち物準備リストはこちら

結局何を持って行けばいいのか??

海外旅行で絶対持って行くべきもの・あれば便利なもの・現地でも手に入りそうなもの。

ハワイ旅行の持ち物についてもっと知りたいという方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。

ハワイ旅行の持ち物まとめ|海外旅行に必要な60個の必需品リスト

【番外編】もっと知りたい方の疑問に答えます

最後に「まだまだ不安……」という方に向けて、初めてのハワイ旅行の前にぜひ知っておきたいあれこれをご紹介します。

これを読めばさらに安心です。ぜひじっくりとご覧ください。

1.両替はいつすればいいの?

日本円からドルへの両替はいつ行うのでしょうか。出発前でしょうか? 到着後でしょうか?

正解は「どちらでも可能」です。実は現地でも簡単に両替することができるのです。

ただし、両替できる場所を探したりそのための時間がもったいないという方は、あらかじめ出発前に両替しておくといいでしょう。

以下の記事では、両替について詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

ハワイ旅行で賢く外貨両替|ホノルル空港ほか、おすすめの両替場所

2.フライト中はどう過ごしたらいいの?

日本からハワイへのフライト時間は約7時間と決して短い時間ではありません。

そのため、機内での過ごし方や時差ボケについて不安を抱く方も多いのではないでしょうか。

本を読んだり映画をみたりといろいろな過ごし方がありますが、時差ボケ予防のためにやはり機内では「睡眠」を十分摂ることが大切です。

また、長時間のフライトなので快適に過ごせるようみなさん様々な工夫をしています。

以下の記事では、機内での過ごし方について詳しくご案内しています。出発前にぜひご覧ください。

ハワイとの時差は19時間|現在時刻の計算方法と日本からの飛行時間

3.クレジットカードは必要?

ハワイでのお買い物やレストランでの支払いで、クレジットカードが使えるのか心配な方も多いのではないでしょうか。

もちろんハワイでも様々な種類のクレジットカードを利用することができます。 クレジットカードを利用すれば、支払いを簡単に済ませられるだけではなく、買い物履歴が残る、ドルでのキャッシングができるなどの利点がたくさんあります。

さらに、カードによっては海外旅行保険が付帯されるものもありますので、上記でご紹介した「保険の加入」という点でも持っていると安心です。

以下の記事では、ハワイでクレジットカードを利用する際に知っておきたいことや、海外旅行保険付帯のお勧めカードをご紹介しています。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハワイ旅行をお得にするおすすめのクレジットカード3選|特典や各社の特徴まで

まとめ

ハワイ旅行についてイメージがどんどんふくらんできましたね!

具体的に考えていくと、ますます行きたい気持ちが高まっていきますね。

早く以前のように自由にハワイ旅行ができるようになりますように!

ハワイ旅行のツアーをさがす|海外旅行のJTB

>より細かな持ち物については、次のページでご紹介しています。全60アイテムを網羅!<

この記事を書いた人

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は
ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。
ハワイに住んでいる人だから知っている、
現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!