観光

ハワイのオアフ島で絶対に外せないビーチ5選|全米No.1ビーチも掲載

ハワイのサンライズ

「ハワイ」といえば、ビーチを思い描く方は多いのではないでしょうか? それもそのはず、ハワイは周りを海に囲まれた地形なので、当然数多くの海岸やビーチが存在します。

そこで今回は、ハワイの中でもオアフ島に焦点を当てて、絶対に行くべきオススメのビーチをご紹介します。定番ビーチから穴場ビーチまで幅広くご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ハワイでおすすめの外せないビーチ5選

1.アラモアナ・ビーチ・パーク

アラモアナビーチパーク

ハワイで定番ビーチといえばまず最初に名前が挙がるビーチがアラモアナ・ビーチ・パークです。

ワイキキの西部に広がるおよそ30万㎡の巨大な公園であり、ジョギングを楽しんだり、テニスコートも併設されているので思い思いの楽しみ方でアクティビティを満喫できます。

また、夏になると沖合にはサーファーが集まりサーフィンを楽しむのだそう。

すぐ近くには巨大ショッピングセンターのアラモアナ・センターがあります。海に行った後はアラモアナ・センターで遊んだり、先に食料を購入してバーベキューを楽しんだりとさまざまな楽しみ方ができるのも人気のポイントです。

2.ワイキキ・ビーチ

ワイキキビーチ

ハワイのビーチと行ったときに日本人が思い浮かべているビーチは、大方ワイキキ・ビーチというほど有名なこの場所。

ホノルル市の公園管理課からの依頼を受けた業者が毎晩0:00になると清掃を行うため、常にゴミひとつない綺麗なビーチが保たれているのも大きな特徴です。

リゾート気分を楽しむこともでき、全長およそ3kmほどにもなる砂浜を歩くとだんだんと雰囲気が変わるのを実感できるはず。景色を楽しみながらのんびりとワイキキ・ビーチで時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

3.ワイメア・ビーチ

ワイメア・ビーチ

オアフ島の北部、ワイキキからは外れた場所にあるワイメア湾内にあるビーチは静かな波が特徴の落ち着きのあるビーチです。

冬は波が高くなるため世界中からノースショアにサーファーが集まります。時によっては約9mにもなる高波が襲ってくるときもあるのだそう。初めて波に乗ったサーファーの名を冠した「エディ・アイカウ」というサーフィンの大会もこのワイメアビーチで行われています。

ノースショアの地域はすべて高波というイメージもつきがちですが、湾になっているので他と比べると冬の時期でも波が小さくなる場所もあり、砂浜でゆったりとしたい人などにもおすすめできるビーチです。

4.アラモアナ・ボウルズ

オアフ島の南部に位置するは最高のサーフポイントとしてサーファーに愛されているビーチです。

夕日を眺めることのできる最高のロケーションと、金曜日の花火がおすすめポイントです。プロのサーファーの技も、遠くからですが眺めることもできますよ。

5.サンセット・ビーチ

ハワイのサンセットビーチ

人目を気にせずにのんびりするならサンセット・ビーチへ。

冬場は高波が押し寄せることもありますが、夏場のサンセット・ビーチはとても穏やかです。ノースショアに位置するので、ワイキキのような喧騒もなく静かに過ごすことができます。

波の音をゆっくりと聞きながらのんびりとした時間を過ごしたいという方は、ぜひサンセット・ビーチに足を運んでみてくださいね。

歴代の全米ナンバーワンビーチが揃い踏み

毎年5月に発表される「アメリカズ・トップ10ビーチ」というアワードがあります。

アメリカ中のビーチがランク付けされ、全米ナンバーワンのビーチが決まるこのアワードですが、ハワイのビーチは過去に何度もナンバーワンの座を勝ち取っています。

ビーチ特集ということで、今回は「アメリカズ・トップ10ビーチ」で一位を獲得したオワフ島のビーチをいくつか紹介します。

1.天国の海「ラニカイ・ビーチ」

ホノルルより北東に位置する「ラニカイ・ビーチ」は、ハワイの言葉で“天国の海”という意味を持ちます。

透明度が高いターコイズブルーの海に、砂糖のように白く細かな砂。ややアクセスが悪い隠れ家的なビーチなので、人の手が入っていない、自然により近い美しさを味わうことができます。

ラニカイビーチが全米ナンバーワンを獲得したのは1996年のことです。20年以上も前のことですが、いまだにその景色や波の音は変わらず存在し、多くの観光客に愛され続けています。

2.守られた自然の美しさ「ハナウマ・ベイ自然保護地区」

反対に、直近で受賞したのが2016年の「ハナウマ・ベイ自然保護地区」です。いま現在、ハワイで最も美しい海ということですね。

ハナウマ・ベイ自然保護地区はビーチ全体がゆるやかな曲線を描いていて、曲線を意味する“Hanauma”が名前につけられたと言われています。また、この美しい地形は火山の噴火によってできたとされています。

“自然保護地区”の名前の通り、サンゴ礁や深海生物などの保護地域に指定されています。そのため、ビーチに入るには$7.5(2017年5月時点)の入場料が必要になります。

管理されているぶん美しさも格別です。入場料は必要ですが、是非訪れてほしいビーチの一つです。

【関連記事】
【この海すごい…!】2016年度全米No.1に輝いた、ハワイ・ハナウマ湾の魅力に迫る

3.知る人ぞ知る「ワイマナロ・ベイ・ビーチパーク」

「ワイマナロ・ベイ・ビーチパーク」は2015年のナンバーワンビーチです。

受賞するまでガイドブックなどに掲載されることもあまりない、知る人ぞ知る、なビーチでしたが、受賞するやいなや、みるみる人気が上昇しました。

都心からは少し離れた位置にあるため、街の喧騒とは無縁です。広く白い砂浜はウエディングフォトの撮影スポットとしてもよく用いられ、カップルや異性との旅行で訪れて欲しいビーチになっています。

 

……などなど。全米ナンバーワンに輝いたビーチについていくつか紹介しました。以下の記事ではここで紹介したビーチの他に加えて、地図や写真なども含めた更に詳しい情報を掲載していますので、ぜひご覧ください!

全米ナンバーワンを受賞|オアフ島の美しすぎるビーチ厳選5つ

まとめ

ビーチでくつろぐ女性

今回は5つのビーチに絞ってご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ハワイ、そしてオアフ島にはまだまだたくさんのビーチがあります。これからもどんどんとご紹介して行きますので引き続き更新をお楽しみください。

それではみなさん、良い旅を!

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!