観光お役立ち出発前準備

ハワイ旅行の着まわしコーデ|メンズ・レディースのおすすめ・NGをシーン別に紹介!

ハワイ旅行が決まったら、いよいよパッキングですね。

現地では、ビーチリゾートをとことん満喫したいもの。

でも、半袖とサンダルだけで、本当に大丈夫でしょうか?

「常夏だし、ハワイのコーデは夏服でいいや!」と思っていると、思わぬ落とし穴にはまってしまうかも・・・?

今回は、(編集部の主観的な意見も多々ありますが)服装のおすすめやNGと合わせて、荷物を少しでも軽くするための「着回し術」もご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ハワイの気温は一年中「常夏」

https://tabinaka.co.jp/より

ハワイ旅行のコーデを考えるには、まずハワイの気候を知っておきましょう。

ハワイの平均気温は、年間23〜28℃です。

日本に比べて湿気も少なく、「常夏」ならではの過ごしやすい気候と言って間違いないでしょう。

日中は30℃を越えることもあるので、ハワイ旅行で準備するのは、基本的に皆さんのイメージする夏服コーデで問題ないです。

ただし、「羽織りもの」も最低1枚、持って行くことをおすすめします!

防寒・日差し対策・雨よけなど、色々な目的で使えるからです。

ハワイの気候は、大まかに「乾季(4〜9月)」と「雨季(10月〜3月)」に別れ、年間通した気温の変化は大きくありません。それでも、乾季は直射日光が強く、乾季から雨季への変わり目には夜間が肌寒く、また雨季には突然の雨(スコール)にみまわれるなど、移り変わる天候に対処する必要があります。

「3泊5日」なら「3コーデ」を考えよう

ハワイ旅行には「夏服コーデと羽織りもの」が必要だとわかったところで、次に、何着分のコーデを持っていけば良いのか、3泊5日を例に考えてみましょう。

【例:3泊5日の場合】
1日目:日本から着ていく服    ←コーデ①
2日目:ハワイで着用する服    ←コーデ②
3日目:ハワイで着用する服    ←コーデ③
4日目:午前観光 + 機内泊    ←コーデ④
5日目:日本で着用する服     ←コーデ①

日本とハワイの行き帰りは、同じ服を着るとして「1コーデ」で問題ないでしょう。

加えて、実際にハワイで必要な服(スーツケースに詰める服)は、2〜4日目の3日間分、つまり「3コーデ」になります。

合計すると、3泊5日の旅程には「4コーデ」分を考えておけば良いでしょう。

毎日違う服を着る前提ならば、4泊6日の場合は「4コーデ」、5泊7日の場合は「5コーデ」が必要です。

ハワイでのおすすめ服装コーデ(レディース編)

それでは、ハワイの常夏モードにピッタリなコーデ例を、シーン別にご紹介します。

町歩きのコーデ

デニムジーンズ × Tシャツ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mie Tajimaさん(@miefromhawaii)がシェアした投稿

「涼しい × 動きやすい × 可愛い」の定番と言えば、ジーンズとTシャツの組み合わせ。

同じコーデをしている現地の人々(ロコ)が多いので、ハワイの街並みに違和感なく馴染むことができます。

ハワイの常夏の気候では、ホワイトデニムとパステルカラーのコーデを楽しめますよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

菅野照子さん(@akkyjournal)がシェアした投稿

ロングのデニムジーンズなら、日焼け対策もバッチリ。

トレッキングなど、足全体をカバーしたいアクティビティを考えられている方には、着回しの効くおすすめの一本です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YUKIさん(@yuki.kmk429)がシェアした投稿

デニムショートパンツなら、お子さまも動きやすいこと間違いなし!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハワイ🌺マキシワンピ🌴リゾートワンピース🐚さん(@canbe_official)がシェアした投稿

花柄フリンジの羽織りものと合わせてもオシャレでしょう。

ロングワンピース(リゾートワンピース)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

佐佐木彩花さん(@a.y.k.s.s.k)がシェアした投稿

リゾートワンピースは、1枚で楽々コーデが完成する楽ちんファッションです。涼しく動きやすいのも魅力の一つ。

ビビットカラーなら、ハワイの青空の下、SNS映えも完璧でしょう!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハワイ🌺マキシワンピ🌴リゾートワンピース🐚さん(@canbe_official)がシェアした投稿

ブラックやネイビーなど、落ち着いた色のリゾートワンピースなら、町歩きはもちろん、羽織りものと合わせてドレスコードにもなります。

水着の上からサッと着られるのも、嬉しいポイントです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Satisfyさん(@satisfy_h.k)がシェアした投稿

ワンピースの下にTシャツを組み合わせれば、気取らずラフな着回しになります。

オールインワン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オルチャンタウンさん(@olchang_town)がシェアした投稿

上にカーディガンを羽織ればドレスコードでも通用するので、普段から愛用しているアイテムがあれば、1枚持って行くと便利でしょう。

ビーチでのコーデ

ショートパンツ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kireinaMIZUGIさん(@kireina.mizugi1)がシェアした投稿

ビーチらしさの代表格が、ショートパンツです。

デニム素材だと、砂の上に腰を下ろしたり、海水で濡れたりするのが心配な方もいるかもしれませんね。そんな時は、写真のようなラッシュガードのパンツがオススメ。汚れてもすぐに乾かせますし、街中でも履き回せます。

キャミソール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🌴𓇼ᴋᴀɴᴀ ᴍᴀᴛsᴜʏᴀᴍᴀ𓇼🌺さん(@mechuuuuu)がシェアした投稿

キャミソールなら、あらかじめ水着の上に着ておいたり、海で泳いだ後にサラッと着ることもできます。

ディナー/ ドレスコード

ハワイのお洒落ディナーには、ドレスコードが必須なレストランがあります。

露出が多いカジュアルな服装では入れない場合もありますので、場所を選ばない以下のコーデがあると安心です。

シャツワンピース

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KAORU KAWANISHIさん(@kaoru_kawanishi)がシェアした投稿

シャツワンピースは、1枚で着こなすのはもちろん、フロントボタンを外せば羽織りものとしても着回しできる、優秀なアイテムです。

襟つきなら、カジュアルすぎることなく、ちょっとお洒落なディナーにもピッタリ。

リネン素材やシルクを選べば、真夏の気候でも涼しく着こなすことができますよ。

薄手のカーディガン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ManaJilyさん(@pantskirt_manajily)がシェアした投稿

クーラー対策や露出防止になるカーディガンは、1枚あると便利です。UV加工がされていれば、日焼け対策にも使えます。

▼ハワイでお洒落ディナーをするなら、以下のレストラン18選がおすすめです。日本語で予約もできますので、スケジュールを立てる際に、ぜひご活用ください。

2019年最新版!ハワイディナーおすすめのレストラン18選|ワイキキの夕食選び決定版

足元のコーデ

サンダル

ハワイコーデの足元に欠かせないのが、サンダルでしょう。ビーチサンダルも楽チンですが、町歩きとビーチ兼用ができるデザインも、使い勝手が良くておすすめです。

スニーカー

登山やサイクリングなどのアクティビティに参加するなら、歩きやすいスニーカーもマストです。ショッピングセンターを渡り歩きする日にも、重宝しますよ。

ハワイで気をつけたいレディースのNGコーデ

ハワイでは、日本で身につけていても違和感を与えてしまうアイテムがあります。

レギンス

足の露出を控えてくれるレギンスは、日本で流行しているファッションアイテムです。日焼け対策に履いている人も、多いのではないでしょうか。

しかしハワイで身につけると、一目で「日本人だ」とわかってしまうかもしれません。日本人と周知してしまうこと自体がNGではないにせよ、日本人観光客を狙った犯罪があることも確かですので、注意してください。

できるなら、ロングワンピースや、長ズボンで代用しましょう。

高級ブランド品

ハワイでは、高価なブランド品(バックや時計など)を身につけて歩くのは避けましょう。

なぜなら、観光客を狙った犯罪(スリや、ひったくり)のターゲットにされてしまう危険性があるからです。

海外でのトラブルに巻き込まれないためにも、過度にブランド品をまとうのは避けましょう。

日傘

ハワイでは、日傘をさしている人は、日本ほど多くはありません。

観光客の多いエリアでは、邪魔になってしまうこともあります。

日差しを避けるなら、つばが広い帽子やキャップ、日焼け止めで対策をしましょう。

アームカバー

腕の日焼けも気になりますが、アームカバーをしている人は少ないでしょう。長袖や、薄手のカーディガンで代用しましょう。

ハワイでのおすすめ服装コーデ(メンズ編)

次に、ハワイでおすすめのメンズコーデをご紹介します。彼氏や旦那さんを、素敵にプロデュースしてくださいね!

町歩きのコーデ

ショートパンツ× Tシャツ

ハワイの町歩きで、最もシンプルかつ動きやすい格好が、ショートパンツとTシャツの組み合わせです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kouichiさん(@kouichi17)がシェアした投稿

落ち着いた色で統一するコーデも、カラフルな街並みとのコントラストが素敵に映えます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Y⃣U⃣k⃣I⃣イクメントラベラー👶さん(@ikutra_yuki)がシェアした投稿

麦わら帽子と革靴も、ショートパンツにはオシャレな組み合わせです。カジュアルすぎない足元は、ドレスコードでも使い回すことができるでしょう。

白ロングパンツ×シャツ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

bob1980.10.1さん(@bob1980.10.1)がシェアした投稿

半ズボンは苦手という男性には、白いロングパンツもオススメです。Tシャツ・ポロシャツ・襟付きシャツなど、どんなトップスにも合わせることができます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tigers Brothers “Coordinate”さん(@tigersbrothers_coordinate)がシェアした投稿

もちろん、アロハシャツとの相性もバッチリ!

アロハシャツは、ハワイではドレスコードとして認められているので、足元がスニーカーやスリッポンであれば、このままディナーにいくこともできます。

襟付きのシャツ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

greatunknownさん(@greatunknown.info)がシェアした投稿

ドレスコードで着回しができる他、冷房対策の羽織りにもなるので、1枚持っていると便利なアイテムです。

ビーチでのコーデ

水陸両用のハーフパンツ(サーフパンツ)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rocky Monroeさん(@rockymonroe_official)がシェアした投稿

ビーチのコーデは水着・・・と言いたいところですが、水陸両用のデザインなら、さらに着回し上手に!

「海に入らない」と決めた日でも、活用することができます。

ディナー/ ドレスコード

レディース同様、メンズにもドレスコードがあります。基本的には「襟付きシャツ」と「長ズボン」そして「露出が少ない靴」であればOKでしょう。

ジャケット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

勇者ヨシしゃんさん(@bdyoshi)がシェアした投稿

襟付きシャツの1枚でも問題ないですが、高級料理店での食事を予定しているなら、ジャケットも忘れずに。リネン素材なら、サラッとした着心地でおすすめです。

革靴

ハワイのドレスコードでは、革靴が必要なレストランもあります。詳しいドレスコードは、直接レストランに確認してください。

▼ハワイで思い出に残るディナーをいかがですか?以下の記事では、AlohaSmile選りすぐりの、お洒落レストランをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

2019年最新版!ハワイディナーおすすめのレストラン18選|ワイキキの夕食選び決定版

足元のコーデ

スポーツサンダル

ビーチサンダルでも代用可ですが、長時間歩くのであれば、スポーツサンダルもオススメです。ショッピング巡りはもちろんのこと、そのままビーチに繰り出すこともできます。

スニーカー

登山などアクティビティに参加する予定があるなら、スニーカーも忘れずに持っていきましょう。スニーカーのような靴紐がなく、足を滑り込ませるだけで簡単に履けるスリッポンでも代用可能です。

ハワイで気をつけたいメンズのNGコーデ

パーカー

100%NGではありませんが、いくら長袖でも、カジュアルすぎてドレスコードにはならないので注意しましょう。荷物として持って行くにも、少しかさばるかもしれません。

寒さ対策なら、長袖シャツを着回すことで、荷物の量を減らすことができますよ。

高級ブランド品

レディース同様、過度なブランド品はスリや盗難のターゲットになります。よっぽどの理由がない限り、持って行くのは避ける方が良いでしょう。

リゾートに最適!ハワイで買えるおすすめのアロハコーデ

せっかくのハワイ旅行ですから、ハワイらしいコーデも楽しみましょう!

全てのコーデを日本から持って行かずに、ハワイらしいファッションアイテムは現地で調達することもできます。

アロハシャツ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hawaiian Dress Experienceさん(@muumuumamas)がシェアした投稿

ハワイの人気コーデといえば、誰もが知るアロハシャツですよね。

トロピカルなモチーフや、パッと目を惹くカラフルな色合いは、着ているだけで幸せな気分を上げてくれます。

ハワイ旅行老若男女、誰でも楽しめるファッションアイテムですので、パートナーや友人、家族とお揃いでも楽しめること間違いなし!

アロハシャツは、ハワイではドレスコードとして認知されていますので、オフィシャルなディナーにも着ていくことができますよ。

ムームー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kassandra Baisacさん(@kassandra.baisac)がシェアした投稿

ムームーは、ハワイで女性や女の子用の正装とされているファッションです。いわゆるロングワンピースと似ていますが、短い袖やゆとりのあるフォルム、カラフルな柄、フリルの装飾などが特徴です。

こちらもドレスコードですので、結婚式やお洒落なレストランに着ていくこともできます。

▼ハワイで可愛いムームーを買えるスポットは、以下の記事で詳しくご紹介しています。

ハワイ女性の正装ムームーとは?8つの人気店とモチーフの意味を紹介

▼アロハシャツやムームー以外にも、ハワイの伝統ダンスや工芸に触れてみたい方は、ぜひ大型ショッピングセンターを訪れてみてください。以下の記事では、おすすめのスポット11選をご紹介しています。

ハワイ・ホノルルでのお買い物スポット11選!ショッピングを満喫しよう

ファッションアイテムをかさばらせない術

ハワイでの着回しコーデが決まったら、スーツケースにパッキングしましょう。

しかしファッションアイテムは、厳選したとしても、案外スペースを取ってしまいませんか?

透明な圧縮袋でも小さくまとめられるけれど、服がシワになったり、ちょっとでも厚みが出るとキレイに空気が抜けなかったり、意外と扱いが難しいのが難点です。

そこでオススメしたいのが、収納アイテム「パックイット(Pack it)」です。

https://www.amazon.co.jpより

準備した洋服を入れてからチャックを締め、両手で柔らかく押してあげれば、女性でも力を使うことなくキレイに圧縮することができます。

袋の中は、2つのスペースに分かれているので、片側を汚れた衣服、もう片側にきれいな衣類を入れるといった工夫もできますよ。ぜひ、ご検討ください!

まとめ

ハワイ旅行のコーデは、準備万端でしょうか?

持って行く服は決まったけれど、プランが未定という方は、ホノルルの観光モデルを詳しく紹介している以下の記事も、参考にしてみてくださいね!

▼3泊5日のモデプラン

初心者こそ参考にしたいハワイ3泊5日のモデルプラン|女子旅やカップルにもおすすめ

充実したハワイ旅行をお楽しみください!

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!