お役立ち情報

ハワイ旅行の費用・予算・旅費まとめ|飛行機代・ホテル代・節約術など

海外の地図と旅行グッズ

待ちに待ったハワイ旅行。計画を立てるのはとても楽しいですが「旅行費用はいくらかかるのか」という金額面は正直気になりますよね。

費用は安く抑えたい、でも、質の悪い旅行には絶対したくない。

そんな希望を叶えるためには、あらかじめおおまかな費用を把握しておくことが大切です。お金をかけるところと節約するところを分け、充実したハワイ旅行にしていきましょう。

今回の記事では、費用の内訳の一例をご紹介します!

ハワイ旅行費用は4泊6日もしくは5泊7日で、30〜50万円ほど

海外地図を見ながら打ち合わせ

それでは、ハワイ旅行でかかる費用を順番にみていきましょう。

ハワイ旅行に行く場合、最も人気の日程は4泊6日か5泊7日です。そしてその予算はおよそ30〜50万ほどと言われています。

では、具体的にはどのような項目があるでしょうか?

予算の相場を紹介していきますので、どのような部分にどれだけの金額が必要なのかを知り、計画を練る際にお役立ていただければと思います。

出発前に必要な6項目

チェックリスト

まずは出発前、つまり日本にいる段階で費用が発生する項目をご紹介します。

なお、出発前の費用が大部分を占めることになりますので、ここでの選定は慎重に行いたいところです。

1. 渡航費(飛行機代)

出発するためにまず必要になるのがこの渡航費。時期や航空会社によっても金額は前後しますが、往復でおよそ5〜8万円ほどが相場です。

さらに、これに燃油サーチャージ、空港使用料、米国入国税などの諸税等が含まれて、1人平均10万円前後かかることになります。

また、上記料金はあくまでも普通席の料金です。ビジネスクラスやファーストクラスになると、当然料金も跳ね上がるのでご注意ください。

もちろんクラスが違えば快適さも違います。特にビジネスクラスの特徴については以下の記事で特集しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

ハワイ行きのビジネスクラスがおすすめな5つの理由【2017・JAL版】

2. 宿泊費(ホテル代)

現地での宿泊場所も出発前に予約をすることになるでしょう。このホテル選びは、予算の中でも大きなポイントになります。

安く宿泊をするのか、それとも少し贅沢をして高級なホテルに宿泊するのか。友達同士の旅行から新婚旅行まで、誰と行くのかも大きく関わってくる問題だと思います。

価格はおよそ1泊あたり1万円を切るものから7万円以上のものまでピンキリです。注意したいのが、上記は1泊あたりの値段であること。

例えば2万円と5万円の宿では、一見すると3万円の差ですが、4泊すると8万円と20万円でその差は歴然です。

ホテル選びはくれぐれも慎重に行いましょう。

……とはいえ、価格の安いホテルが必ずしも質が悪いかといえばそうではありません。以下の記事ではコストパフォマンスに焦点を当ててホテルを紹介しています。ホテル選びの参考に、ぜひご活用ください。

ハワイの格安ホテル5選|安くてもおしゃれなホテルがあるんです

3. ESTA申請費

ESTA(エスタ)とは電子渡航認証システムのことで、ビザを持っていなくてもアメリカに入国ができるプログラムです。2009年にアメリカ合衆国連邦政府から公式に発表されています。

ビザを持たずに90日以内の観光をする場合は申請が義務付けられているので、必ず行う必要があります。

ESTAの申請はクレジットカードのみの支払いとなっており、 申請料のみであれば14ドルですが、旅行代理店などに申請をお願いする場合は代行手数料を加えて5000〜7000円程度必要となります。

ちなみに、ESTA申請は許可を受けた日から2年間が有効期限になります。 有効期限が切れても再申請は必要ありませんが、次回の渡米が決まっている際にはESTAの申請が必要となります。

▼ESTA申請手順の詳細はこちら

ハワイへの入国審査はこれを読めば安心|ESTAの申請手順などを解説

4. 海外旅行保険

忘れずに申し込んでおきたいのが海外旅行保険です。

海外では医療費が高額なことで知られていますが、観光客も例外ではありません。旅行先で大きな怪我や病気になってしまった場合に取り返しのつかない出費にならないよう、必ず準備しておきましょう。

保険内容になって金額は異なりますが、4泊6日であれば1000〜5000円程度が相場です。

クレジットカード自体に海外旅行保険が備わっているケースも多いので、お手持ちのカードを今一度ご確認ください。

5. オプショナルツアー費

スカイダイビングやドルフィンツアー、パラセーリングやサンドバーへの移動など、ハワイ旅行で派手なアクティビティをするには、オプショナルツアーへの事前申し込みが必要です。

ツアー(アクティビティ)内容によって金額はまちまちですが、一つのツアーにつき5000円〜2万円ほどを想定してもらえればと思います。

オプショナルツアーについては以下の記事で特集を組んでいます。どのようなアクティビティが良いか検討段階の方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

ハワイのオプショナルツアー|人気・話題のプラン6種類を紹介

現地で必要な4項目

チェックリスト

続いては、ハワイ現地で必要になる費用についてです。

現地でいくら両替をすべきなのかということにも関わってきますので、その点も考慮しつつご覧いただければと思います。

1. 食事代

まずは現地での食事代です。

言わずもがな、ハワイは観光地なので食事にたいする相場がやや高めに設定されています。

朝食や昼食は1500円程度、また、夕食は約3000円をひとつの目安として考えてもらえればと思います。

もちろんお店によって金額差は少なからずあります。アルコールを注文する場合とそうでない場合でも異なるでしょう。

日本よりもやや高いということを念頭に置き、予算を組み立てることが大切です。

2. 交通費

交通費は移動手段によって大きく異なります。

路線バス「トロリー」や「ザ・バス」。車の運転が多い旅程の方や、運転が好きな方はレンタカーを利用するのも良いでしょう。

ただし、タクシーはあまり利用を推奨できません。

初乗り運賃が$3.50〜なのに加え、チップも必要となります。知らない土地なので行き先が想像以上に遠かった場合は、非常に大きな出費になりかねません。

現地での交通費に関しては、タクシーを利用しなければ5000〜10000円もあれば十分だと思います。
(※移動距離にもよるので、あくまでも一例です)

3. 買い物代
4. お土産代

この2項目に関しては、本当にケースバイケースとなってしまいます。

ショッピングをする施設が豊富にあるハワイでは、どうしてもお買い物の費用がかさんでしまう場合も。

自分へのプレゼントにせよ、友人知人へのお土産にせよ、お財布と相談しつつ購入するようにしましょう。

また、購入する場所を選ぶことも大切です。ハワイで人気のワイケレプレミアムアウトレットは、ブランド品を値下げ価格で購入することができます。

自分に大きなブランド品を購入する場合などは、ぜひ利用していきましょう!

ハワイのワイケレアウトレットを徹底解説|行き方からクーポンまで

ハワイ旅行に安くために気をつけたい6つのポイント

ハワイのビーチ

旅行のプランなどで旅行の代金は大きく左右されますが、どんな部分に気をつけるとお得に旅行をすることができるのでしょうか?

旅行代金を考えるときに見直してほしいポイントをご紹介します。

1.ホテル代を見直してみよう

ハワイは旅行客が多いためホテルが数え切れないほどありますが、安いところから高級なところまで多種多様。

ハワイ旅行の場合はホテルに滞在するというよりは観光をしたりショッピングに出かけたりしている時間が多く、ホテルでの滞在時間の少ないことも多いです。

滞在時間が少ないホテルはできる限りリーズナブルにすると旅費を抑えることができるのでおすすめです。

2.旅行に行く期間は、一般的な長期休みを避けよう

夏休みや春休み、ゴールデンウィークなどの長期休みの時期や年末年始は全体的に旅費が高くなる傾向があります。

旅費を抑えたいと考える場合は雨期に被らない4月〜9月の中でかつ長期休み以外の期間を選ぶと比較的お得に旅行ができます。

3.格安航空券を活用しよう

最後は渡航費を節約するという方法。大手の航空会社の販売するチケット代はおよそ8万円程度がかかりますが、格安航空券の場合、タイミングが合うと4万円代などほぼ半額で購入できる場合もあります。

格安航空券は1日の違いでも値段の変動があるので、入手する場合は、普段から価格をチェックすればよりお得にチケットが手に入るかも。

ただし、飛行機の中にいる時間は7時間〜9時間と決して短いわけではないので、万全の状態で到着するなら機内サービスやメリット・デメリットを比較して検討した方が良さそうです。

4.ハワイでの移動は、お得で便利な「Uber」を活用しよう

現地で必要なお金として挙げた「交通費」ですが、現地の移動手段は様々です。決まったルートの路線バス「トロリー」や、オアフ島をぐるっと一周することのできる「ザ・バス」。ドライブが好きな方にはレンタカーもオススメできます。

日本同様にタクシーも利用できますが、初乗り運賃は$3.50〜に加え、チップも必要です。また、初めての土地では距離感がつかめず、思った以上の出費になってしまう、ということも……。

そこで利用したのが配車サービス「Uber」です。アプリ一つで車の手配ができ、支払いもクレジットからの精算です。利用は載って降りるだけということですね。

Uberのメリットは、事前に価格の見積もりができる点です。土地勘がない海外での出費を防ぐためには、大きな利点です。またトロリーやザ・バスではカバーしきれないローカルな場所まで行くことができるのも魅了です。

具体的なアプリの利用方法などは、以下の記事よりご覧いただけます。ぜひ、ハワイの移動手段の選択肢の一つとして、覚えておいてください。

ハワイで人気の配車アプリ「Uber」利用法を3ステップで解説

5.食費は多めに考えておこう

かからないように見えて、意外とチップ代も含めると大きな出費になってしまう食費。

朝ごはんはコンビニのおにぎりなどで済ませると少しは節約になります。また、チップの要らないテイクアウトのお店でディナーを済ませるなどという工夫も必要になることがあります。

比較的長く滞在する場合はコンドミニアム型のホテルにキッチンがついているのでおすすめできます。ただし、食器は付いてますが調味料など必要なので1週間以上滞在するという方は利用してみてもいいかもしれません。

6.ハワイのチップについて知っておこう

日本では馴染みのないチップ。食費が想定外にかさんでしまう原因の一つです。そもそもチップというのは感謝の意味を持っており、場所や状況によって適切な金額は変動します。

平均としては合計金額の15〜20%が相場とされていますが、もちろんこの限りではありません。

たとえば移動手段であるタクシーでは、メーターに対して15%のチップが相場とされています。またホテルではサービスごとに$1~2のチップが必要になります。ただしこれもホテルのグレードによるため、一概に決まった金額ではありません。

食費に関わるレストランでは、15%のチップが相場です。気をつけたいのが、伝票にあらかじめサービス料が加算されている場合。その際はチップを支払う必要が無いことを覚えておきましょう。そうでない場合はテーブルにチップを置いて帰るのが一般的です。

気をつけたいのがクレジットカード払いの場合です。カード払いの際にはサインだけでなく、チップの金額を自分で記入しなければなりません。カードで支払う際はくれぐれも気をつけましょう。

このように、ハワイ(海外)でのチップ事情はこまかに決まっています。円滑な支払いを済ませるために、ぜひある程度を学んでからハワイに向かうのが理想的といえます。

以下の記事で、チップに関するお役立ち情報をまとめています。ぜひご覧ください!

ハワイでのチップの正しい払い方|金額の相場、タイミングなどを紹介

まとめ

ビーチでスポーツカーに乗る女性

旅行は決して安いものではありませんが、できることならお得に、そしてさらに存分に楽しみたいものですよね。

今回は旅費で大部分を占めている費用を節約するポイントをご紹介しました。十分に計画を練って素敵な旅行を実現できるようにしましょう。

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!