満喫する

初めてでも楽しめる!ハワイ一人旅ガイド|おすすめのツアーや観光スポットなど

ワイキキビーチやダイヤモンドヘッドといった、日本ではなかなか出会えない景色を眺められるハワイ。

ハワイは毎年多くの観光客が訪れるうえ日本語も通じやすいため、一人旅にもぴったりなんです。

しかし一人旅となると、飛行機やホテルの手配、入国審査や海外保険の手配、オプショナルツアーの予約や現地でのコミュニケーションといったすべてを自分でこなさなければなりません。

とくに初めての一人旅となると、どうしても不安がつきまとうことでしょう。

そこで今回は、飛行機の取り方からおすすめのツアーまで「ハワイの一人旅を楽しみたい」方にハワイ在住者がおすすめする情報をお届けします。

年間7.8万人がハワイへ一人旅をしている

ハワイへの一人旅は、ハワイ州観光局によると年間およそ7.8万人(2016年現在)。

つまり、月に6000人以上が一人でハワイを訪れていることになります。

ハワイは治安がいいうえに日本語が通じやすいため、男女問わず一人旅の場所として選ぶ方が多いスポットだと言えるでしょう。

さらに、観光スポットや一人でも楽しめるツアーなども充実しているのもポイントです。

では、どのようなスポットやツアーがあるのか、これから詳しく見ていきましょう。

一人旅おすすめガイド

はじめての一人旅でも安全に、そして楽しい旅にするために、出発前の計画・準備から現地の過ごし方まで、事前に知っておきたいことを一挙にご紹介します。

“一人旅初心者”の方が参考になる情報を集めているので、ぜひ出発前に読んでみてください。

また、記事後半では一人旅でも楽しめるおすすめのツアーもご紹介しています。滞在中にもご覧いただき、ぜひご活用ください。

1.計画編

ハワイで一人旅をしようと思い立ったのなら、すぐに計画を立てましょう。

日程、スケジュールを決める

スケジュールを組むうえで注目したいのがベストシーズン。

複数人で行く場合にはスケジュールを調整しづらいですが、一人旅は好きなタイミングに行けるのが魅力です。
ホテル代やオプショナルツアーの料金が跳ね上がりやすい繁忙期を避けることで、予算も抑えられるうえに混み合わずに過ごせますよ。

ハワイというと一年中暖かいイメージがあると思いますが、乾季と雨季に分かれているためそれらの特徴も踏まえて日程を決めましょう。

結論からいうと、ベストシーズンは5月中旬から7月中旬、さらに11月からクリスマス1週間前がおすすめです。

このシーズンは繁忙期に比べて航空代も安く、長期休みとかぶらないことから日本からの渡航者も少ないため、ツアーの予約もとりやすいタイミング。

日本人観光客が多いとされるハワイでも日本人が少ない時期なので、非日常を味わいたい方にもおすすめな時期でしょう。

以下の記事にて、ハワイの季節についての解説やシーズンごとの楽しみ方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハワイの季節は雨季と乾季|年2回のハワイ旅行ベストシーズンとは?

予算を決める

ハワイに限らず、一人旅を楽しむなら気にしたいのが予算。
一般的には、4泊6日もしくは5泊7日で予算は30万~50万円と言われています。

内訳は、渡航費・宿泊費・ESTA申請費・海外旅行保険・オプショナルツアー参加費の5つ。

渡航費は往復でおよそ5〜8万円ほど。さらに米国入国税などの諸税等が含まれると、1人平均10万円前後かかることになります。宿泊費はピンキリですが、1泊あたり1万円を切るものから7万円以上まで節約によってかなり変わると言えるでしょう。

ESTAは、申請料のみであれば14ドルですが、旅行代理店などに申請をお願いする場合は代行手数料を加えて5000〜7000円程度必要となります。そのため、なるべくご自身で申し込む方が節約できるでしょう。

海外保険は4泊6日であれば1000〜5000円程度が相場です。クレジットカード自体に海外旅行保険が備わっているケースもあるため、お手持ちのカードを今一度ご確認ください。

オプショナルツアーはツアーの内容によりますが、5000円から2万円ほどと考えておくと無難です。

現地では食費やチップ代もかかってきます。そのため、より予算を節約したい方は、以下の記事をご覧ください。

ハワイ旅行の費用・予算・旅費まとめ|飛行機やホテル代・節約術など

2.準備編

出発前にスケジュールを組んだら、航空券や宿泊地の手配をしましょう。

航空券を手配する

はじめに欠かせないのが、航空券の準備です。

ハワイ現地でより充実した時間を過ごしたい方のなかには、航空券代やホテル代を抑えたい方もいるはず。
そんな方には、航空券とホテルがセットになったプランがおすすめです。

日本から航空券がすぐ予約できるだけでなく、ホテルと同時に予約すると割引が適応されるサイトもあるため、ぜひ活用してみてください。

国内に問わず海外旅行も予約できる「エクスペディア」や100万種類のホテルと13万種類のホテルから組み合わせることができる「じゃらんnet」がおすすめですよ。

ハワイと日本の時差は、およそ19時間。
日本からハワイへの飛行機の所要時間は、行きが6時間30分~7時間、帰りが8時間~9時間と、長時間に及びます。

長い飛行時間だからこそ、機内で快適に過ごす方法を知っておきたいもの。

以下の記事にて、格安航空券を予約できるサイトや飛行機内を快適に過ごせる方法をご紹介しているので、あわせて確認してみてはいかがでしょうか。

ハワイへの飛行機内を快適に過ごす方法|予約サイトや航空券も

宿泊地を手配する(ホテルやコンドミニアム)

先ほど航空券とホテルを合わせて予約するとお得だとご紹介しましたが、ホテルにこだわりたい方はホテルのみを探すのもおすすめです。

ホテルで過ごす時間をより充実して過ごしたい方は、有名ホテルやキッチンや広いリビングが付いているコンドミニアムなどを予約するといいでしょう。

おすすめのホテルは後ほどご紹介します。予約サイトはこちらからご確認ください。

ハワイ旅行で大活躍するホテル予約サイト10選|タイプ別まとめ

ESTAを準備する

航空券やホテルが予約できても、ハワイへの入国審査が心配という方も多いのではないでしょうか。
ハワイでの滞在日数が90日以下の場合には必ず申請を行わなければいけないのが「ESTA(エスタ)」です。

オンラインで申請を行なう「ESTA(エスタ)」は、アメリカで義務付けられているビザ免除プログラムのこと。
申請料金は14ドルがかかるうえにクレジットカードのみ支払い可能なため、クレジットカードを作るといいでしょう。

ただし、旅行代理店が申請してくれる場合もあるため、確認してみてください。

以下の記事に詳しい段取りを載せているため、困った際はこちらをチェックしてみてくださいね。

ハワイでの入国審査の受け方|ESTA(エスタ)の申請手順などを解説

海外保険に加入する

ESTAの申請をしたあとは、海外保険へ加入することをおすすめします。

先ほどご紹介したように、予算は5000円ほど。

こちらは任意ですが、盗難や事故など細かい種類からプランを決められるため、念のため加入するといいでしょう。

後ほどご紹介しますが、エポスカードのようにクレジットカード会社によっては保険付きのものもあるので、活用するのもおすすめです。

ご自身にどのようなプランが必要なのか把握したうえで、ぴったりな保険を選んでくださいね。

両替の準備をする

最近では大きな買い物をクレジットカードで行う方もいますが、ホテルやレストランなどでチップを支払うため両替をしておくことをおすすめします。

クレジットカードと両替済の現金を平行して使いながら、シーンに応じて使い分けて見てはいかがでしょうか。

ハワイ現地で両替するときにおすすめのスポットは空港。到着してすぐに両替しておくことで、空港から目的地への移動でタクシーを使った場合もすぐ使えます。

ハワイ旅行で賢く外貨両替|ホノルル空港ほか、おすすめの両替場所

ハワイ旅行はクレジットカードがお得!特典付きおすすめ会社を厳選

観光、ツアー予約を事前予約する

続いて、こちらも任意ではありますがアクティビティツアーに参加するのもおすすめです。

ハワイには、サーフィンやジップラインのように、豊かな自然を体感できるアクティビティがたくさんあります。
家族連れからひとりでも楽しめるがポイントです。

現地の方や同じく一人旅をしている方と交流することで、より楽しい時間を過ごせるはず。

人気ツアーは埋まってしまいがちなので、旅行のスケジュールが確定したらすぐに押さえておくといいでしょう。

予約サイトを活用して早めに準備をしてみてくださいね。一人旅におすすめのツアーは後ほどご紹介します。

オアフ島のおすすめオプショナルツアー20選!ハワイの厳選アクティビティ

ハワイのオプショナルツアー18種類を徹底比較!事前のWeb予約がおすすめ

必要な持ち物を準備する

これらの手続きを終えたあとは、ハワイの一人旅に必要なものを準備しましょう。

必要なものをこちらにまとめたので、準備の際に参考にしてみてくださいね。

ハワイ旅行の持ち物まとめ|海外旅行に必要な60個の必需品リスト

3.現地の過ごし方

準備を終えたあとは、現地の過ごし方をご紹介します。

現地でのコミュニケーションについて

ハワイは日本人観光客も多く、日本語が通じやすい地域ではありますが、コミュニケーションが異なるところもあります。

そのひとつが、チップ。海外旅行で聞いた経験のある方も多いのではないでしょうか。

チップは感謝の証です。レストランやホテル、タクシーなどで渡します。

各シーンごとでの相場や渡し方をご紹介しているので、旅行前に必ずチェックしてみてくださいね。

ハワイでのチップの正しい払い方|金額の相場、タイミングなどを紹介

入国の流れ

続いては、入国の流れです。

空港に到着したあと、日本人の列に並びパスポートにスタンプをもらうと完了です。

現地では日本語も通じやすいため、わからないことがあればその場で聞いてもいいでしょう。

交通、移動手段について(バス、タクシー)

ハワイで巡る場所にもよりますが、ハワイの交通手段を確認しておくことをおすすめします。

ハワイには電車が通っておらず、主な移動手段はタクシーやレンタカー、The Busです。

最近ではアプリで配車の準備ができるUberも人気です。日本でも名前を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

ハワイで人気の配車アプリ「Uber」利用法を3ステップで解説

食事、レストランについて

ハワイの一人旅をより充実させてくれるといっても過言ではない、レストラン。
せっかくハワイに行くのなら、ここでしか食べることのできない名物をいただきたいですよね。

ハワイを訪れたらぜひ食べてほしいのが、エッグベネディクトロコモコフリフリチキン

とくにディナーの時間は混み合うため、あらかじめ予約しておくことをおすすめします。

後ほどハワイの一人旅向けのレストランをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハワイディナーおすすめのレストラン14選|ワイキキ夕食選びの決定版

事前予約がおすすめ!ハワイ旅行前にチェックしておきたいおすすめのレストラン予約サイト4選

通信、インターネットについて

ハワイ旅行中にSNSをしたり、地図を見たりと、インターネットを使う機会はなにかと多いもの。

無料Wi-Fiスポットに行くのもいいですが、Wi-Fiルーターをレンタルすることで、より快適な時間を過ごせますよ。

ハワイ旅行での使用に特化したアロハデータイモトのWi-FiなどのWi-Fiルーターをご紹介しているため、ぜひ確認してくださいね。

ハワイでもネットを快適に!レンタルにおすすめのWi-Fiルーター5選

お土産について

家族や友人にハワイのお土産に悩む方も多いはず。

ハワイには、現地でしか手に入れられないTシャツやエコバッグ、コーヒー豆などさまざまなお土産があります。

現地で手に取って決めるのもいいですが、あらかじめチェックしておくのもおすすめですよ。

ハワイ限定のお土産15選|最新のおすすめ雑貨・お菓子【在住者選出】

一人旅をする上で事前に知っておきたいこと

これまでは、航空券やホテルの予約方法からESTAの申請など基本的な情報をご紹介しましたが、ここからはよりハワイ一人旅を楽しみたい方におすすめのホテルやツアー、レストランをご紹介します。

一人旅におすすめのホテル

1.アクア パームズ & スパ

アラモアナショッピングセンターへ徒歩圏内というアクセスの便利さが嬉しい『アクア パームズ & スパ』。

レストランやカフェもすぐそばにあるため、慣れない一人旅にも安心です。

2.アクアオアシスホテル

ワイキキビーチへ徒歩5分程度で行ける『アクアオアシスホテル』。

T ギャラリア by DFSやワイキキビーチウォークも近くにあるため、買い物も観光も楽しみたい方にぴったりです。

ハワイ・ホノルルの人気ホテル30選!絶対泊まりたい定番ホテルまとめ

ハワイ・ホノルル在住者絶賛!おすすめのコンドミニアム10選

一人旅におすすめのツアー、アクティビティ

1.オアフ島人気スポット巡りとポリネシアの伝統を凝縮 サークルアイランド + ポリネシアカルチャーセンター1日パッケージ

一人旅でツアーに参加するなら、人気スポット巡りがおすすめです。

このツアーでは、午前中にオアフ島の観光スポットを巡ったあと、ポリネシア・カルチャー・センターで過ごす内容。

一人で回るのが不安な方にもおすすめです。

オアフ島人気スポット巡りとポリネシアの伝統を凝縮 サークルアイランド + ポリネシアカルチャーセンター1日パッケージを予約する

2.オアフ島でスカイダイビング体験 ノースショアの空を飛ぶ

スカイダイビングは一人でも参加しやすいアクティビティです。

続いてご紹介するこのツアーでは、プロのインストラクターが背中につくため安心して体験できます。

時速およそ200kmの落下を楽しんでみてはいかがでしょうか。

オアフ島でスカイダイビング体験 ノースショアの空を飛ぶを予約する

一人旅におすすめのカフェ・レストラン

1.シナモンズ・アット・ザ・イリカイ

ホノルルでパンケーキを食べたい方におすすめなのが『シナモンズ・アット・ザ・イリカイ』。

イリカイ・ホテル内にあるため、一人でも入りやすい雰囲気になっています。

パンケーキ以外のメニューも豊富なのは嬉しいポイントですね。

2.CHUCK’S CELLAR

『Chuck’s Cellar』はステーキが好きな方にぜひ一度は訪れていただきたいお店。

オハナワイキキイーストというホテルの地下に入っているため、こちらもひとりで入りやすいレストランです。

行列ができるほどの人気店なので、時間に余裕をもって足を運んでくださいね。

一人で過ごす注意点

ここまでハワイの一人旅をする前に知っておきたい情報やより楽しみたい方におすすめのスポットをご紹介しましたが、最後に一人旅で注意するべきことをおさらいしておきましょう。

とくにナンパは、女性ならとくに気を付けたいもの。
海外旅行の経験がある方もない方も、念のためチェックしておくことをおすすめします。

ハワイ一人旅で注意すべき6のこと|現地でナンパされないためには?

まとめ

女性一人の一人旅となると、不安を感じる方もいるはず。

ですが、年間でもかなり多くの観光客が一人で訪れるハワイなら、準備を万端にすることでより安全に過ごせますよ。

この記事を参考に、快適かつ安心なハワイの一人旅を楽しんでくださいね。

The following two tabs change content below.

アロハスマイル編集部

アロハスマイル編集部から発信する情報は ハワイ現地在住者の監修が入ったものをお届けしています。 ハワイに住んでいる人だから知っている、 現地のフレッシュな情報をお伝えしていきます!